菅直人首相は13日、出身地の山口県宇部市を訪問し、就任からわずか6日目という異例の早さで初の「お国入り」を果たした。首相は小学6年生当時の恩師を病院に見舞ったり、幼稚園時代から高校時代までの同級生が一堂に会した昼食会に参加。昼食会後、記者団に感想を聞かれ、「生まれ故郷で温かく迎えてもらって元気が出た」と笑顔で語った。

 首相は、高校時代に東京に転居するまで同市で暮らした。8日の就任会見では、新内閣を幕末の長州藩士・高杉晋作が創設した軍隊にちなんで「奇兵隊内閣」と名付けるなど、同県への愛着は強い。

 首相はこの日、出席した県連の会合でのあいさつでも、「一般庶民の中から生まれた奇兵隊が日本の歴史を大きく変える。今の民主党はまさに奇兵隊だ」と、改めて「奇兵隊内閣」を強調。「首相である限りは修行の身に戻ったつもりで、元気な日本を復活するために全力を挙げていきたい」と決意を新たにしていた。【倉田陶子】

【関連ニュース】
上海万博:鳩山前首相が中国側におわび
子ども手当:「理解してもらえる」満額見送りに首相
菅首相:就任後初の街頭演説 新宿駅前
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
菅首相:さっそく「イラ菅」発揮

無駄遣いの見直しに協力を―長妻厚労相が職員にあいさつ(医療介護CBニュース)
当麻寺西塔は飛鳥時代の創建? 橿考研が新説(産経新聞)
10人不明の漁船沈没事故、船内で2遺体発見(読売新聞)
代表質問14、15両日=与野党が合意(時事通信)
「菅効果」V字回復、熱気の両院議員総会(読売新聞)
 4日発売の写真週刊誌で、大相撲の阿武松部屋の力士らが野球賭博に関与し、阿武松親方(元関脇益荒雄)も暴力団と交際していたなどと報じられ、日本相撲協会は同日、同親方から事情を聞いた。

 阿武松親方は否定した。

 記事は、既に相撲協会を退職した阿武松部屋の元幕内力士の告白として、掲載されている。

蓮舫氏が消費者相内定…海江田・玄葉氏要職に(読売新聞)
「大変残念。反省している」首相辞任で小沢氏(読売新聞)
たんぱく質が「伝令」補助=リンパ管に押し込む働き―がん抑制の可能性も・大阪大(時事通信)
水ビジネスで官民協議会=来月初会合へ―前原国交相(時事通信)
41分で報酬121万円…仙台の非常勤行政委員(読売新聞)
 日米両政府は22日午前、外務省で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する外務、防衛当局の審議官級実務者協議を行い、月内の大枠合意に向け調整を続けた。日本政府はキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)周辺に滑走路を建設し、基地機能の一部を鹿児島県・徳之島などに分散移転する案について、米側の合意を取り付けたい考え。両政府は共同文書をまとめる方向で調整している。
 協議には外務省の冨田浩司北米局参事官、防衛省の黒江哲郎防衛政策局次長が、米側はドノバン国務筆頭副次官補、シファー国防次官補代理らが出席した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

<普天間問題>自民、不信任案提出へ(毎日新聞)
国際石油開発、元通産省の北村副社長が社長就任(レスポンス)
検察「カメラに撮影させるのが目的」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
代替フロン 中国から大量排出 研究チーム分析(毎日新聞)
口蹄疫 最上級種牛を殺処分 ワクチン接種開始(産経新聞)