ハンドメイドの資格って必要?? | グルーデコ®︎で挑戦!30分で本格的&あなた好みのアクセサリーを☆日本グルーデコ協会公式ブログ

グルーデコ®︎で挑戦!30分で本格的&あなた好みのアクセサリーを☆日本グルーデコ協会公式ブログ

グルーデコ®︎で大人可愛いアクセサリーから大人カッコいいアクセサリーまで、思いのままに作ってみませんか?1人でできなくても大丈夫!全国のJGAの認定講師が教室やサロンでレクチャーします。



グルーデコ認定講師資格ができて10年。
今年で11年目を迎えます。

当時はハンドメイドを学んでもその知識と技術を活かせずにいた方々がたくさんいて
その方々が活動することができるように
「資格」を取得すると同時に「認定講師」という自信を持つことにより
一歩踏み出しやすくなってもらうために

認定講師制度を作りました。

当時は本当にたくさんの方々から笑われたり、馬鹿にされたり、
お叱りを受けることもありました。

同業者(ライバル)をわざわざ増やすことが広がるわけがない!
馬鹿なんじゃない?
そもそもそこに利益がないなんてあり得ない!
(JGAは講習料は全て講師の方に得ていただいています。いわゆる上納金の類は一切ありません)

様々なことを言われましたが
10年経った今はどうか?

本当にたくさんのハンドメイドの認定講師制度が増えたことは、周知の事実です。

ただ、10年経って思うこと
「そもそもハンドメイドに資格は必要なのか?」

資格を取得する理由は
多くの人から、その分野における知識と技術を有する、プロフェッショナルである。
と、信頼され、その資格がそれを証明してくれる。
だから、資格を取得する人がほとんどであると思います。
社会的にもその資格の価値が認められなければ
資格を取得する意味がありません。

JGAの認定講師という資格がある人はグルーデコ®︎において、誰からもその技術と知識の高さを認められなければならないということです。

「JGAの認定講師」であるならば‥
という理由で様々な信用を得るという事

例えば、あるエポキシ樹脂のハンドメイドの団体の講師資格を取得するのに
JGAの認定講師であれば、講座も試験も受けなくてもその団体の講師資格を取得できる。
これは、JGA認定講師の知識と技術がその団体の資格取得者の知識や技術と同等あるいはそれ以上であると認められているからです。

このことを聞いた時は、本当に嬉しいと思いました。

これからもエポキシ樹脂ハンドメイドの資格の中ではその技術も知識も一番であり続けたいと思っています。

その資格を持つ意味はどこにあるのか?
その資格を取ると社会的にどうなるのか。
その資格は他者からも認められているものなのか?

資格を取るときには、そのことを考えるのも大切です。
なによりも、その資格を発行している団体が
常に一番であり続ける努力をしているのかどうか
は一番大切なところです。

今回、一般社団法人日本グルーデコ協会の認定講師の資格を有する人の技術と知識のレベルの高さを認められ、
チェコのクリスタルガラスメーカー「プレシオサ」の
世界で初の資格
「プレシオサアンバサダー」となれる資格を頂きました。

世界で初めてのアンバサダー認定試験を
JGA認定講師のみが受験できます。
「プレシオサアンバサダー」となり、
これからプレシオサ社の最新情報も常に共有し、
広く多くの人に信頼されるアクセサリー作家として活動していただきたいと思います。

一般社団法人日本グルーデコ協会はその認定講師資格の取得価値をさらに高めていく努力をし続けることをお約束します。