本物の意味、偽物の価値・・・大塚国際美術館 | NCC-1960 Duke Kozai

NCC-1960 Duke Kozai

Weblog,the final fronteer.These are the voyges of the star ship Duke-Kozai.
It's continueing mission,to explore strange new worlds,to seek out new life and new civilization, to boldly go where no one has gone before. 

1994年から20年近く続いている「開運!なんでも鑑定団」
多くの人が持ち寄る『お宝』を鑑定士が値付けし、その真贋に一喜一憂するおなじみの人気長寿番組です。
高級品に見える品物が実はとんでもないガラクタだったり、意外なところから歴史的な発見があったり・・・と、誰もが楽しめるところに人気の秘密があるのでしょう。

私達の周りにはコピー商品が溢れ、本物の意味が失われつつある時代ですが、それでも本物に出会うとそこから発せられる何かによって素人の私でも足がすくみ心が踊るような衝撃をうけることがあります。

島県鳴門市にある『大塚国際美術館』は1998年に国立新美術館がオープンするまで、その巨大な敷地とコレクションの特異性で現在でもなお日本最大級の美術館です。

広さはともかく、コレクションの何がいったい特異なのか?
じつは、ここに収蔵されている絵画のどれをとっても「本物」はひとつもない・・ということです。
つまり世界中に散らばっている名画を特殊技術によって陶器の板に原寸大で焼き付けた『陶板名画』の美術館なのです。

最初、この話を聞いた時は「本物じゃないって?な~んだ、ニセモノ美術館かぁ・・・」とガッカリしたものですが、じっさい見に行ってそれが大きな間違いだと気づいたわけです。

まず、入り口を通って長いエスカレーターを登り切ると足を止めさせるのが本物はバチカン宮殿にある「システィーナ礼拝堂」そのもののコピーでした。

私はいまだ、本物を見たことがないのですが恐らく現地で本物を見たことがある人でも息を呑むに違いないと思います。私はベンチに寝そべって絵を見上げて開いた口をふさぎませんでした。

さらにB3からB2、B1へと歩みを進めていくと名前も作者も分からないがどこかで見たことのある名画が次々に現れます。ここで面白いと思った事は、絵画につきものの修復、その前とその後が同時に見ることができる、さらに本物では絶対出来っこない「触れる」ことができる。

触れてみてわかったことですが、ここにある陶板絵画は筆のタッチまで忠実にコピーしていてモザイク画のタイルの凹凸や重ね描きした油絵具の質感まで感じることができるのです。

陶板は光にも強く退色しないため写真撮影もOK!
額縁も本物を忠実に再現しているので持って帰りたい!衝動に駆られます。

 

さらに世界中の美術館に散らばっている名画を一つの部屋に集めて比較することも出来、これが本物ならどれだけ世界中を駆け回らなければならないか・・フラ・アンジェリコ、レオナルド.ダ.ヴィンチ、ピエロ.デラ.フランチェスカ、etc・・・受胎告知ひとつをとってもここ大塚国際美術館でしか味わえない醍醐味と言ってよいでしょう!!

ったい本物ってなんだろう?
ニセモノには価値がないのか?
それは誰が決めるの?・・・歩き歩いた約4時間。
すべてを見尽くすことは出来ませんでしたが、いつもは眠っている右脳が全開になり本物と、そうではない物の価値観という仕切りが緩んだ一日でした。