PIOART(体外受精)分析相談室-Ginza-

PIOART(体外受精)分析相談室-Ginza-

TOKYO銀座の培養士による「患者力」をあげる為のブログです。10年間で延べ2万1千人の臨床IVF相談実績。ART理論も大事ですが「主婦感覚」を持つことも大事です。治療に関する直感と金銭感覚を麻痺させないこと。

海外在住の患者さんからの 日本行きのフライト情報です。  2021.3/19時点

 

 

成田空港上空通過とスカイツリー: けいぶんの「そらみたことか!」

 

うちは個別対応をしている 会員制のART consultationです。

 

だから・・

 

同じような環境にいる方たちに 情報共有をメンバーさんからメンバーさんへ希望されることが多いです。

 

逆に 卵子提供などで日本から海外に飛ぶケースもありますが

 

今回は 海外から日本入りの情報です。

 

 

<共有情報>



『PIOART様

 

日本入国がより困難になってきました。
政府が入国者(日本人、外国人関わらず) を2000人/日( 成田、羽田、関空合わせて) に制限したため、

飛行機チケットが買えなくなってるか、もしくは片道30万円!と設定して、機内はガラガラにも関わらず。

ファーストクラス並みの料金設定で 料金をひきあげて 敷居を高くして入国を絞ってります。

昨日3/18から、検疫所は新しい入国プロトコールを始めました。

親友が●●省職員でアフリカ在住ですが、昨日、成田に一時帰国した際に成田で渡された書類の一部です。

基本、GPSオンでどこにいるか常に把握されて、スカイプでビデオチャットを帰国者健康管理センターと毎日、しなくてはなりません。』

 

 

以下添付

 

 

 

 

<考察: 患者さん各々が 自分の使命をつかむこと>

 

患者さんたちに覚えておいてほしいことは・・使命です。

人生で大切なものは 、使命です。 目的という置き換えてよいでしょう。

 

人生にはここは!という時からかならずあります。

本質的な部分です。

 

そこに様々なものたちが 阻んできます。

患者さんたちが、今 何のために 治療に臨んでいるか?疑問に思った時は・・

神仏に手を合わせるのももちろん 思考が整理されて良いのですが・・ 

神仏の裏側にいる存在にも警戒してくださいね。

 

皆さんがあまり みたくはないものですが 突っ込まれるのを覚悟である「絵」を紹介しますね。

 

彼の流す「涙」の意味と、その反発がどこに向かっているのか?想像してみてください。

 

1)もうダメかもしれない

2)歳だから 卵質だから仕方ない

3)もう十分にやったから ここが引き時かもしれない

 

こう弱気にならせて くじかせるのが彼らの意図。

それをブロックするのは、 前向きのポジティブ思考とかではでないです。

そんな ぺらぺらの「盾」など なんの役に立たないでしょう。

 

大切なのは 患者さんが自分の人生に与えられている「使命」「目的」をしっかり 認識することでしょう。

具体的には 

❶まだ見ぬこの子を 世に産み落とすことが 

使命になっている潜在的なお母さんも多いでしょう。

 

また 

❷子供(自己卵)をあきらめて ドナーエッグにいってまでも 子供を育てるのが使命になっている方も少なくないでしょう。

 

❶でも❷でもどちらも変わりません。 天の計画通りのままに進めれば どちらも正解でしょう。

 

ここに・・・ある林檎があります。

 

 

智慧の林檎です。

 

かじったのは アダムとイブでしょう。 もしくは その子孫たちでしょう。

 

誰が それを 渡したのでしょうか? 創世記。

 

 

■ The Fallen Angel(堕天使)  

 

The Fallen Angel by Alexandre Cabanel (1847)

 

アレクサンドル・カパネル(Alexandre  Cabanel 1823−1889)の傑作 19世紀後半の絵です。私の好きな絵の一つ。

「The Fallen Angel(堕天使)」です。

 堕天使ルシファーはサタン、悪魔と同義とされています。

 落ちてから「サタン」と名前にかわるわけです。

 

もともとは明けの明星を指すラテン語のルキフェルが由来だそうです。

 

ルシファーは天使長でしたが、神に背き、天使たちの1/3を引き連れて・・追い出されてしましました。

 

 

 

上の絵で「目の周り」をクローズアップしてみましょう。興味深いですよ。

 

彼(ルシファー)の気持ちがわかる表情。 この怨念・・怖いです。

 

Fallen Angel

 

 

この悔し泪が 人間に向けられているのです。

 

神さまは 人間を天使の「上」につくりました。ただこの世にいる時だけの限定期を設けました。

 

だから サタンは そんな人間ごごきの 上の立場が許せないのです。

 

 

地上を徘徊する サタンやその配下の悪魔にはつかまないようにしてくださいね。 

 

弱い心に忍び込んできて それを誤った道に進む人間を正当化させるように動きます。

 

本当はしたくもない・・正当化させて  

神が与えた使命(=生きている目的)から避けさせる為にあらゆる手を打ってきます。

 

姑息な手をうってきたり、 あるいは占いで 神様のお告げのような手を打ってきたりと。

 

 

 

 

【最後に皆様に・・】

 

悪魔の話などをした私ですが、 不快に感じたらごめんなさい。 

 

弱い心をみせると餌食になります。

 

大きな神様に助けてもらってくださいませ。

 

どんな時も いつでも生きていることに価値があり 笑っていること。

 

笑っていないと神様や天使たちとの通信手段は断たれます。

 

そこは・・ 絶対にお忘れなきように。