あんにょんはせよ。
ジュエリー美容外科のスタッフ、ちえとアヤノです。

本日みなさんに
伝えたい内容は
なんと!





ジュエリーのイ先生が
韓国のビューティー番組
「ビューティー&ブーティー」シズン3へ
出演した!というニュースです
(わーい!口笛







撮影現場に
イ先生とジュエリーのスタッフ参加者として
ちえもお邪魔する事ができました。




そのスタジオ現場は、




イ先生
目・鼻・脂肪はもちろん
顔の「輪郭」手術が得意な先生です筋肉


今回ビューティー&ブーティー番組に出演したのも

「輪郭手術」と両顎手術の差について
また輪郭手術の事を説明する為
出演する事に決めましたニコニコ






番組の内容の一部、
輪郭手術を前にしている方から
絶対気になると言われて質問!






質問)頬骨縮小をすると下あごのところが垂れたように見えませんか?




 

医者によって手術法が違うんです。

僕は個人的に頬が垂れるのを好まないので

骨を挙げる時に皮膚も一緒に挙げて固定する方法で手術をしています。






顔の外側から
目立つ傷はない!という事です:)






残りは検査をした後、
実際に病院でカウンセリングにてニコニコ





『ネット記事』
下矢印

最近、放映されたTV[ビューティー&ブーティー]のシーズン3
出演し顔面輪郭に関しての説明をしたことがある。

まず、美容外科を訪問した番組のパネラーのヘリムは
患者達が顔面輪郭手術を受ける検査と専門医の
カウンセリングを直接体験するために、3DCTの撮影を受けた。

3DCTとは表面からは把握できない
血管や神経の位置など解剖学的構造を正確に診断するための検査で、
顔面輪郭手術を執刀する医療陣が手術をするためには必ず必要なプロセスである。

 

説明が終わり、
顔面輪郭についての質問コーナーがあった。
両顎手術は上アゴと下アゴの骨を再配置して不正咬合を矯正する手術だとしたら、
顔面輪郭手術は顔の輪郭を整える手術で頬骨手術、えら削り手術、前アゴ手術が代表的だ。

輪郭手術は両顎手術より安全だろうと安易に思う人が結構たくさんいるが、
正確な診断を通して手術を決めるべきである
手術プランをしっかり立てないと良い結果へと繋がらない。
よって、必ず美容外科専門医とのカウンセリングを通して
自分に合った手術を把握し、プランを立てるのが重要だ。

この日、直接検査を体験したヘリム以外のパネラーのジヨンは
「輪郭手術をした方がいいと本当によく言われる」と言い、
その場でのカウンセリングをお願いしてきた。

 

頬骨縮小術を勧めたが、
これは入院もいらない手術で内出血(アザ)もほとんどなく日常生活も可能である。
専門医によって手術方法が異なるが、個人的には頬肉が垂れるのが嫌なので皮膚を挙げて固定する。
リフティングの効果もあり頬骨縮小術の結果も良い。








韓国ジュエリー美容外科のご予約や
整形に関するお問い合わせは下記にて♡



LINE/instagram/Twitter : jewelrypsjp
E-mail : jewelrypsjp@gmail.com
ブログ:
http://ameblo.jp/jewelrykorea


美容外科ランキング