最近のこと

テーマ:
第二子の娘が産まれて8ヶ月が経ち、
小さい頃の私の写真とそっくりの顔で笑う娘を見ていると
本当に幸せ~な気持ちになります。

息子が産まれた時もそれはそれは嬉しかったけれど、
姉妹で育った自分にとって男の子は未知の生物とでも言おうか。。
お尻の拭き方ひとつをとっても「アレ?アレ?」と試行錯誤していました。


毎日、毎日、これでいいのかなーと不安になってネットで調べたり、
言葉の発達が遅い気がする、とか心配になったり
(しまいには、「ちゃんとしゃべって」と息子に言ってもうた)
やたらに育児書を買って読んだりとか
常に頭のなかに「?」がありました。(今もだけど)

だから、息子の育児に関しては、
娘ほどはのんびりゆったり、とはいかず
「かわいいなあ」とか「赤ちゃんてこうなの!?」みたいな
新鮮な驚きを感じる余裕はあまり
もてなかったように思います。

「ああ、やっと歩いた。良かった」
「ああ、やっとしゃべってくれた。良かった」

と、こんなかんじで、彼が一つ一つ成長していくたびに
「やっと、安心できる」と思っていたように感じます。(記憶もおぼろげだけど)

まわりの「まだしゃべらないの?」という言葉にひどく傷ついて、
一人泣いたり、ネットで同じような悩みをもつお母さんに共感して安心したり、
じいじばあばの教育熱心さを時として苦しく感じたり、
まーいろいろ。いろいろ心かき乱され、心痛め、
けれど、息子と毎日一緒に一つ一つ
3年間試行錯誤しながら積み上げてきました。

まさにこれは息子の成長でもあり、
わたし自身の成長でもあったと思います。

これがこなれた仕事とか、
自分の勉強とかなら話は早いけれど
育児は、まあ、ほんと自分の思い通りにはいかない。

育児とは「待つこと」と言っても過言ではないと思います。
その、じれったい一つ一つを息子とマンツーでやってきて、
泣いた笑った3年間を経て、この娘と出会ったわけですが、

明らかに、第二子は違う!

成長のひとつひとつをのんびり眺めていられる上に、
やんちゃ盛りで未知の世界をきりひらいていく息子との活動に疲れたわたしの
「癒し」にすらなっている!

これが女の子だからなのか、第二子だからなのか、
はたまたその両方だからなのか、
とにかく第一子のときとは違う心の余裕があり、

息子に鍛えられた分、「わたし、母としての経験値すげーあがってるー!」と
たまに悦にはいったりもします。(そうじゃないとやってられん。自分で自分をほめよう!)

要は、まあ、慣れなんでしょうが。

みんな思うのかもしれませんが、
この経験値で、この心のゆとりで長男に接してあげたかった!とたまに思います。

とにかく、育児はやったことないから、
わからないことだらけだから、
一生懸命にやるしかなくて、

自分自身も「お母さんなんだから!」となって頑張るんだけど、
不安がいつも少し残る。

みんなすぐに、
自分の母のようなベテランの「お母さん」になるわけじゃないのに。


いま、昔の自分に言ってやりたいこと、たくさんあるよ。

-------------------------------------------------------
離乳食急がなくって大丈夫だし。
育児雑誌みたいな離乳食つくってもそんな食べないし、
つくってる時間があったら遊んであげたほうがいいし。
一生懸命作ったごはん床に投げられても、それふつーだし。
ハイハイしなくても歩けるようになるし。
-------------------------------------------------------
※まあ、とにかくおっぱい大好きだった息子は離乳食がちっとも進まず
私は焦っていた。

※さらに「第二子は?」とか聞かれたりとか「仕事よくやめたね」とか言われるたびに
「これでよかったのだろうか」と自問自答したり、モヤモヤしたもんだった。
いまはもう迷いは無い。



人は人、自分は自分。


わたしだって他人と比べられたら嫌なはずなのに、
息子の成長は、つい他の子と比べてしまう。
自分の育児に確証がもてないから、
他人の言葉に流されてしまうし
なんとなく言われた言葉が、忘れられなかったりする。

でも、一緒に初めてのことを頑張ってきたぶん、
3歳になった長男は、わたしのパートナーって気もする。

夫は、娘が産まれてから、すごく父親らしくなってきたような。
わたしも、前より少しは母親らしくなったのかしら。

娘はこれからどんな風になるだろ。


こどもたちの将来、わたしの将来、夫の将来。



なんとなくいろいろ考える秋の夜長。

育児三昧

テーマ:
もうすぐ、あと一週間で長男は3歳になります音譜

ぜんぜんブログ書いてなかったのですが、
今までにも書いておけばよかったーと思うことがたくさんあり、
いまの気持ちを書いておこうと思います。

さて、この3年間はずっと育児!毎日育児!
とにかく子供と遊ぶ、家事やる、食う、寝る!みたいな日々でした目


子供を産むまでの29年間、
赤ちゃんや子育てには全く興味はなくて
知識もないし、
世の中のお母さんたちが
どんな毎日をどんな思いで過ごしているか
全く知らなかったけれど
この3年間子供と向き合って、毎日を一緒に過ごして
いままでの人生のなかで
いちばん充実した3年間だったんじゃないかと思います。

仕事していたころも
仕事、プライベートともになかなか充実してたのは間違いないのですが、
なんというか、こんなに丸裸になることって育児以外になかったはず。

とにかく、日々、脱がされる感じがある。
服じゃなくて、面の皮をべりんべりん剥かれるかんじ。

これが、新鮮で気持ちよかったんだろうなと思います。私には。

子供相手に気取っても、いい人ぶってもそんなのは通用せず、
生身でぶつかるしかない3年間で
生活も人間関係もだいぶシンプルに落ちつきました。

これまで育児ばっかりの日々に
疑問をもつこともなかったわけではないけれど
いまは、勤めていた会社をスパッとやめてよかったと思います。

夫は結婚当初から「子供ができたら仕事辞めて」と言ってたのですが
私は「うーん、うん」みたいなかんじで
やや納得しきれてない部分もあったのですが、
今はもう、悩みなし!!これでよかったなあと思えるようになりました。

育児に正解は無い、と言われるように
人それぞれ、自分なりの育児方法を模索して
楽しい毎日を子供と共有できれば、それで良いんだと思います。

人と比べずその子自身の成長を見守る、という育児の教訓は
大人になった私にもよい戒めの言葉になりました。

さて、最近のわたしの生活は
長男はいたずら盛りで、もともとの性格もせっかちなために
スローライフとはほど遠い慌ただしい毎日。

朝から公園、お昼つくってたべて、午後も公園という
スケジュールの合間に下の娘の授乳とか、
笑えるくらい外出していた日もあったけど、
6月から長男は幼稚園に通いだしたので
昼間は娘と2人、ゆっくりと過ごせるようになり
嬉しいような、寂しいような。

子供と毎日いられるってことは幸せだってことアップ
日々の子供のいたずらやらかんしゃくやらイヤイヤに
対峙していると忘れそうになるんだけども、

夜、寝る前にゆっくり子供とお話ししてるとき、
子供ってすごいなーとか、なんて無邪気なんだろ、とか
子供から学ぶことが多いことに気がつきます。


「今日は一緒にお花みたねー」とかほんとたわいもない会話、
大人はできない。

「ママ大好き」とか、大人はなかなか言えない。

「ママー、りかちゃーん」と言って娘や私に抱きついてくる
息子の愛しさたるや。

日中はまだ息子がジュースこぼしたりするのにイライラしたり、
散らかり放題の部屋にうんざりしたり
炎天下の公園で赤ちゃん抱っこして走る苦行にうんざりすることもあるけれど
こんな日々も、子供が小さい間だけだと思うとまた
大事な1日なのだなと思って
息子と思い切り走り回りたいと思います。

とはいえ、NHKの「すくすく子育て」に出てる先生が話す
優しい言葉に毎度涙が止まらない、、、
子育て中のママは必見だす。

さーて、息子のお迎えいってきまーす。

2人目

テーマ:
去年の年末に第二子を出産してからはや3ヶ月半。
娘は7キロに成長し、抱っこもおんぶも重い重い。

何が大変て、上の子の外遊びに毎回赤ちゃんを連れて行かなきゃいけないから
荷物の量も倍になって、上の子の手をひいて荷物もって、さらに下の子が泣いたりすると
母さんオロオロしてしまいます。

外出の持ち物は基本的にはおむつ、お着替え、おしりふき、飲み物とかだけど、
さらにスコップ(長いヤツと小さいヤツ)、バケツ、クレーン車、ダンプカーなど
砂遊びグッズの数々が意外にかさばり、公園行くのにもよろめいているかんじ。

外遊びは公園にいくのだけど、
最近、家の近所にインターの幼稚園ができて、
そこの先生と生徒が公園に来ると息子と一緒に遊んでくれるのでありがたい。


もちろん英語だけど、子供同士の世界に国境はなく、言語の壁もなく、
のびのびと砂をかけあって遊んでいるので、
息子はインター幼稚園にいれてもいいなあとも思うこのごろ。

今日は午前中に約2時間半の公園あそびの後、午後は1時間ほど庭の土を掘り、
一日の活動はほぼ土木作業だった息子は少々お疲れのご様子。

もれなく私も娘も眠気MAX。

もうすぐ夕飯つくらないと。

子育てをしているとこんな毎日。




☆一歳七ヶ月☆

テーマ:
JEWEL CONDITRY-DVC00007.jpg
早い早いDASH!
時があっという間に過ぎていく~JEWEL CONDITRY-R30P300085_DCE.gif
 
健太郎、一歳七ヶ月になりましたJEWEL CONDITRY-R30P300081_DCE.gif
 
タッタカ走る、階段登る、滑り台すべる、土掘る、ボール投げる、でんぐり返しする、などなど人間の基本動作もマスターして、お昼寝も一日一回のみにJEWEL CONDITRY-R30P300068_DCE.gifJEWEL CONDITRY-R30P300046_DCE.gifぐんぐん成長していますにゃー
 
毎週のプールも休まず行って、風邪もひかないし、健康でなによりJEWEL CONDITRY-70P700224_DCE.gif
 
最近は鉄道博物館やら、車のディーラーやら、工事現場の重機やらを見て喜んだり、BOYとしてもたくましく成長しています。
 
男の子ってほんと電車とかクルマとか好きなんだなあ。。
 
 
母さんにはよくわがんね。

落ち葉

テーマ:
JEWEL CONDITRY-DVC00744.jpg
すっかりご無沙汰なblog・・・。
 
書きたいことはたくさんあるのに、なかなか難しいね。
 
息子は一歳と四ヶ月になりました。いろいろ意味ありげな言葉を喋るようになって楽しいですニコニコ解読不能な内容でも、うんうん頷いて聞いているとたくさん喋ってくれるJEWEL CONDITRY-70P700150_DCE.gif大変なことも多いけど、子育ては、新しいことが色々で、毎日新鮮ですJEWEL CONDITRY-70P701061_DCE.gif
 
最近は落ち葉をさわるのが好きな健太郎。
 
健太郎だけかと思ったら、同じ月齢のお友達も好きみたいで、二人で落ち葉をかけて遊んでたJEWEL CONDITRY-70P700007_DCE.gif
 
外は寒いけど、子供はそんなの関係ないみたいJEWEL CONDITRY-70P701103_DCE.gif
ママも外は楽しいよJEWEL CONDITRY-65P600248_DCE.gif