不安と緊張の中で初診日
迎えました

これにまでになく緊張してましたキョロキョロキョロキョロキョロキョロ



自宅から片道1時間30分強
職場からも片道1時間

乗り換えも
徒歩→バス→電車→電車→バス→徒歩コース

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと

今まで一番遠いかな…

覚悟なくしては通えない場所病院メラメラ


とても対応の細やかな
受付を済ませ
問診票を記入…毎回凄いボリュームになりますが
それほど待たずに
診察室へ呼ばれました


ドクターお父さんとの
ファーストコンタクト


あせるあせるあせるあせるあせるあせるあせるあせるあせるあせるあせるあせるあせるあせるあせるあせるあせる
緊張MAXタラータラータラー

ご挨拶をすると

お父さんより
○○先生お母さんから
メールを頂いていて
詳細を伺っていますよ!!!!!!

と一声
そして
書類を全て読んでから
過去に遡っての
聞き取りをしてくださいました


星不整脈に気づいた
きっかけ

紹介先でここを
しっかり聞き取りしてくださることは
初めてでした!!
これまで4件の転院をしてきましたが
意外にどなたも聞いてくれなかった事項です

桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜桜

それは
2017年の春

明け方…多分3時ごろ
左上半身
体験したことのない猛烈な激痛
爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾

ピンポイントじゃない痛み
左側上半身の前も後ろ痛い
腕も伸ばせない状態
起き上がれない
冷や汗も尋常じゃない
ベッドから転げて降りて
治まるまで声も出せなくて
たぶん
15分くらいかかって
治まったと記憶しています

凄い疲労と脱力で
バタンと数時間寝たけど
起きたらカラダがバキバキ

当時から
腰と頸が悪かったので
つったのかなとしか思えなくて
GWの初日だったけれど
何とか直ぐにかかりつけの
整体ドクターが診てくれて
その中で
心臓が悲鳴あげてるかも…
内科受診の助言があって

平日を待ってかかりつけ内科1件目受診
私の説明悪かったのかなぁ…
「心臓はそんな痛み方はしない」と撃沈爆弾
関係なく整形的な痛みだと判断されました
 

たまたまその日
別件で2件目の内科受診があって
血圧測定で
脈拍40の徐脈→即心電図検査となり
二段脈が続いてるのがわかり
その日のうちに
循環器内科紹介されたのが

不整脈を知る
最初のきっかけ

爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾

お父さんドクターの確認

結果左上半身の痛みと
不整脈の関係は解明されてないのですね!?
それまで健診とかで
ひっかかったこともないのですか!?

私:『その前まで健診での心電図は
異常なしでした』
『あの時の痛みは今思うと
冠攣縮性狭心症だったと思うのですが
自分でもまさか心臓だとはわからず
内科受診までに日にちも経過していて
不整脈を調べることが中心になって
関連については言われませんでした』
と答えました
※でも循環器科初診での血液検査で
BNP数値が悪かったのは覚えてます

★2回のカテーテルアブレ-ション経過
★現在悪化していると思われる自覚症状
ここでは
あまりにも酷い自覚症状で
自分の気にしすぎや思い込みなのかもしれない…
ということもお伝えしました

★聴診…診察台に横になって
(これはかつてない展開)
・頸を左右に動かした時の頸動脈の確認
・仰向けの心拍や肺の確認
・鼠径部や足の脈確認


そして
この言葉がありました

お父さん
これまでも沢山の検査をしてきて
大変だったかと思いますが
最新のデータを確認した上での
現状の診断や
今後の治療方針の検討が必要になります
これから検査を始めてもよろしいですか

よろしかったら
今日
24時間ホルター心電図を
装着して
明日またこのくらいの時間に来て
頂いてもいいですか

また同じ検査にはなりますが
お願いします

と。。。


流石
専門の病院です
なんとその日のうちに
24時間ホルター心電図対応ができるとは…

びっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくり

他の病院ならば
このために更に
別日に2日間予約しないといけないのに

そして何より
検査をすることに対しての
配慮のある声かけラブラブラブラブラブラブ
とても有りがたかったです


血液検査数種類
尿検査
レントゲン検査
心エコー検査
心電図検査
そして
24時間ホルター心電図装着

総額14.840円お祝い

ポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーン

まぁ初診➕それだけの検査数だったので
仕方ないです
金額は痛いけど
ほとんどの病院ならば
通常何回かに分けての検査が
全てがスムーズに
効率的に行われていくことに
驚きと期待が膨らみます



24時間ホルター心電図を装着し
その日は1日お休み取っていたので
帰宅しました

仕事をしている日よりも
遥かに安静な状態の検査になります

翌日再び受診

ホルター心電図を外して
20分もしないうちに
呼ばれました

そして既に準備されていた
数枚の冊子になっている検査データ

びっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくりびっくり

先ほど外した
ホルター心電図の解析も加えての
昨日検査したものの全データ
※血液の何項目は別日報告との記載で
わかりませんでしたが

うわぁ~びっくりびっくりびっくりびっくり
声が漏れました

専門の病院というのは
こんなにもスピード感があるのか!!
本当に特化してる
効率的なシステムが
構築されていることに
驚くばかり


そして結果ですが

(ざっとしたデータ)
期外収縮 約25000回
うち
二段脈 約1000回
2連発 約600回
今回は3連発はなかったです


あ~~~~ゲッソリ

悪くなってたのが一目瞭然
安静に過ごした日でもこんなにも出てるタラー

しかも
期外収縮の中でも
20%にあたる
予後に
心機能の低下がみられるタイプのものだろうと

心臓の収縮を診る駆出率が
実際に基準範囲の下限ギリギリまで
下がっていました…

それと軽度の
僧帽弁と三尖弁からの逆流もあるらしい
my心臓…コスパ悪すぎですよね


1番の起源は
やはり右心室の三尖弁の傍ら
心筋の奥深いところ
心外膜に近い場所で
やっぱり
珍しくて
技術的にも難しい場所だそうです
(これはこれまで聞いてきたことと一致していました)


そこから
予後のことや
治療方針などのお話をたっぷり聞きました

間の内容は省略し
今後の方針については

3回目
実施します

しかも
とことんやる…

正確には

とことんやっていただく

その選択をしました




星第一段階
心内膜からアプローチし
焼灼が起源に達して
期外収縮が止まればこの段階で終了

焼灼が達しないと判断された場合下矢印

星第二段階
その時点で
心外膜からの
アプローチへ変更します

これは数多くの症例数を
経験されてきたドクターでも
オペの症例数の少ないケースとのこと
心内膜からのアプローチに比べて
リスクは高くなり
さらに技術の必要なオペだそうです
心臓外科のドクター立ち会いの元
施術するとのことでした


睡眠中は
期外収縮が減る傾向にはあるのですが
私の希望とこれまでのトラウマ
そして
心外膜からのアプローチの可能性大から

全身麻酔
施術してもらえることになりました


病院病院病院病院病院病院病院病院病院病院病院病院


 
今回…
私の心臓内で起こっていること
これまでより遥かに詳細に
説明していただきました

施術内容も
心外膜アプローチについても
ある程度詳しく教えていただいたので
これまでの体験や
事前に調べていた知識もあって
リアルに想像できるし…

そのせいなのか
お話を聞きながら
こんなこと初めてですが
家族の顔とか
走馬灯のような光景も拡がって

涙が浮かんできましたタラータラータラー



強がりとかではなく

不安も怖さも
全くないんですOKOKOK

それは平気なんですOKOKOK

例えばこれで
命にかかわる何かがあったとして
万が一の時は
そこは仕方ないと思っていて

涙が沸き上がってきたのは
なんか
後悔に近いキモチ…ハートブレイクハートブレイクハートブレイク

なんでこんなことに
なっているのだろうかぁ…笑い泣き笑い泣き笑い泣き

そんな感情です


これで良くなれる可能性があるので
落ち込んではいませんが
そこは本当に期待したいのですが…

ここまで辿り着くまでのこと…
酷い不整脈だとわかってから
ずっと状態も具合も下降し続けてきて
カテーテルアブレ-ションも
1回目→2回目と
その後
どんどん加速して悪くなってきたから

2017年からたった4年弱で
こんなにも悪くなってしまったんだなぁという

今回
心機能が低下していくタイプだとわかって
まさにそれを今体感してるから
ちょっとショックもあって…
何もしなくても悪くなっていくのかぁ


お父さんドクターからは最初に
このまま
何もしない選択もあります
とも言われました

今回オペしたとしても
治る…期外収縮が消えるという確約もなく
心外膜からアプローチをしても
ダメかもしれない…し

でも何もしなければ
私はこのしんどさや辛さ…
今よりもっと悪くなっていく
これから
ただただ
ずっーと死ぬまで付きあわなけらばならない
何もしなくても
ここから加速して悪くなる気がします

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン


諦めるか
とことんやるかの選択でした

でも
お父さんドクターが

最善の準備をし
技術と道具を駆使して
できる限りの
施術をしてくださると
力強い言葉を
かけてくださったので


もうこの心臓を
託すしかない

お願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願い

日常動作も億劫だったり
ここ1~2ヶ月は
息切れ動悸ばかりの毎日
会話してても酸欠になって
(;´Д`)ハァハァしていたのは事実…


仕事の都合上
年度末
新年度初めを越えてからの
オペになりますが

3回目
してきます

虹虹虹虹虹虹虹虹虹虹虹虹虹虹虹虹虹


今より少しでも楽になってほしいと
願いながら
オペまでの期間を
健康に留意して
過ごしたいと思います


ある方のblogに
過去を振り返ることが起こっているとしたら
これまでのことを浄化しているのだと…
今起こっていることを
別角度からみれば
特異質で予後の悪いタイプの不整脈を
正確に診断してくださって
積極的治療ないと言われたものを
とことんやれるけれど
どうしますか⁉️と言ってくれる
ドクターと出逢う

間に入ってくださった
情熱的なドクターのお陰もあって
最後の砦かもしれない
ドクターに出逢えたのならば
やはり
護られているんだなぁ
思えたりもします


説得して紹介してくださった
お母さん女性ドクターに感謝し
また
新たな主治医お父さんを信じて
頑張ってみます