炒飯に対する愛=Love。 | go blog
新型コロナウイルスに関する情報について

go blog

お手柔らかに。

不定期でしか営業していない、見た目だけで言うと古くさい中華料理屋さんがある。

よく店前を通ってもシャッター閉まってるが、たまーに営業しているのを見かけるんです。

昼間そのお店の前を通ったら営業中と書いてありました
コレは行ってみようと思い、1人で入店。


看板の文字も雨でサビており、文字が茶色く変色している。

やはり雰囲気抜群だ。間違いなく炒飯が旨いだろう と決めつけ


店員さんに迷いもなく、炒飯で! と注文。

イスもテーブルもレトロ感がある。

楽しみですな。(^ω^)



店員『炒飯おまたせしました〜』
と炒飯がものの5分で登場


いただきます!!




ん?あれ?

味が薄い
中華屋さんの独特の、あの炒飯がしない、。(なんとなくわかって貰えるでしょうか)



期待しすぎた。。


自分の妄想力を恨むことにします



でも、僕が期待しすぎただけなので、もちろん美味しく平らげました



日々、お気に入りの味の炒飯を追い求めております。 主に新宿で、
いつでも行ける範囲で、、。






※ 皆さま、手洗いウガイ、忘れずに。