じぇり☆ぶろ

じぇり☆ぶろ

絵師で造形師なJERICHOのブログ?

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
いやーいやいやいや。

おひさしぶりでございますことよ。

永らくファラウェイしてしまいましたね。

ちょいちょい忙しかったもので、その、なんっていうんですかね。

サボってました(キリッ)。

と言っても、SJだったりお仕事だったり、結構いろいろやってるんですよ、今。

その殆どが、ほぼ同時進行なもんで、まだお披露目には至らないんですけども。

で、進行中の、SJ以外のジェリコワークがいくつかあってですね、それはそれで面白い作品をお見せできると思います。

楽しみにしててください。

まあ、僕の中では、僕が描く(作る)ものは全てスクリブルなんで、あんまり違いとか意識してないんですけどねw



さて今日は。

3rdスクリブルの後編も発売になったということで!

需要があるのかないのか分からないSJ豆知識いってみたいと思います。

ヤダっつった奴は超犯す。


はい。

作品はこちら!



じぇり☆ぶろ
じぇり☆ぶろ

鮮烈なる戦慄「Oops!ver.12」!!!!

なんか西尾ノベルの肩書きみたいですねw

あ、ちなみに「うっぷす」と読みます。

うーぷす、でもいいですけど。

「うわ!」とか「やべ!」の意味で使ってます。

猟奇殺人の現場を目撃されてしまったシーンなんです。見りゃ分かるって?

尺稼いでんだよ。

Oops、実はこの作品、1stスクリブルの作品だったんです。

が。

1st作品(の一部)のリバイバル的要素を含めた3rd。

ジャンキーはセルフカバーだったのに対し、こちらでは描き足しという、ある種イレギュラな手法で復活させました。

ジャンキーはイコン的なコンセプトだったので新しく描き、ウップスは“赤という色を叩き付ける”ことが目的だったので、そうです、単純に血の量を増やしましたw

メインの絵自体にもかなり手を加えてますけどね。


さてこのイカレた殺人鬼。コイツは一体何者なのか。

ジャンキーは“スクリブラー(絵師)として”の僕、という表現です。

この殺人鬼、コイツの正体は“ただの人間として”の僕なんです。


表現したかったのは“憤り”。

対象は、人間。

“汚すしか能の無い奴は、せめて最後ににしてあげるんだ。”

秩序を乱す者、趣を無視する者、破壊する者。

自分を含め、そういった未熟さ、そして、そんなことどーでもいいかの如く振る舞う、人間という生き物のいい加減さ。

それを色相(調和)の混濁とし、生命の象徴とも言える(と僕は思ってます)へと、その存在を還元する。

…。

物騒ですよね、発想がw

まあほら、若者の考えそうなことですねw

ちなみに被害者の女子高生らしき人物には、特に意味は無いです。絵的な都合です。


んでコイツ、名前は元々設定してなかったんですが、いつの間にかSJ内では「パンダヘッド」と呼ばれるようになってました。

でもこのかぶり物、パンダじゃないんですけどねwww

原画の段階では、触覚らしきものまであったんですよ。

ピーポくんみたいな感じですね。

あとこの凶器。釘抜き付きの金槌。いや~な感じでしょ?

凶器なんで、せっかくだから狂気じみたものがいいかなと。

駄洒落だよ。笑えよ。


当時、かなりの人気を博したウップスなんですが、新生した今作も、より多くのサポータの皆様の手に渡ってほしいもんです。

あなたが抱えてる、やり場の無いその憤り。

パンダヘッドに憂さ晴らししてもらってくださいw

あ!くれぐれも実行しちゃダメですよ?

マッハで刑務所にファラウェイしちゃうからっ。

















Ameba人気のブログ