今週日曜日からデンマークに来ています。

数年に定期的に幼稚園訪問など行っています。

 

その翌日は、この冬一番雪が降ったといわれた天候でした。

 

コペンハーゲン市内。

 

 

外は結構、きつかったです。。

風とみぞれ交じりの雪、それに寒くて。

 

 

 

それでもレンガ造りの建物は、雪が降っても絵になります。

 

日本では比較的、白色の蛍光灯が多いですが、こちらは暖色系のダウンライトを、一般家庭でも幼稚園でもお店でもよく使っているので、ほんわりした暖かさが感じられ、気分が和むというか癒されるんですよね。

 

 

翌日、コペンハーゲン中央駅付近から15分ほど歩いてNørreport駅付近へ行きました。

お店がたくさんある一帯です。

 

 

Paludan Bog & Caféというブックカフェに入りました。

1895年から120年以上続いている歴史のあるカフェです。

 

 

通りの向かいがコペンハーゲン大学で、オープン当初は学生に本を安く販売していたそうです。出版社もやっていて、本の出版もしていたのだとか。

 

今も学生風の若いお客さんは多く、また年配の方、近くで仕事をしているサラリーマン、サラリーウーマンの方も見かけます。有名なお店なので当然、観光客も訪れます。

 

 

お店の照明は明るすぎず、適度、適所にライトがあり、それと共に本の色合いや雰囲気が落ち着きを与えます。

 

 

 

本を読んだり、勉強したり、友人と談笑したり。

過ごし方は人それぞれですが、みなさん居心地良さそうに見えます。

 

 

お店はいくつかの部屋に分かれているような感じで、自由に行き来して好きな場所に座れます。

 

 

 

コーヒーやラテ、パン、ケーキ類など頼めます。ランチメニューもあります。

 

 

ラテを頼みました。

 

 

街中にあって、とても落ち着けるブックカフェです。

私もコペンハーゲンで好きな場所の一つです。