今月初め、オーストラリア・ケアンズ晴れヤシの木ヤシの木ヤシの木に行ってきました。

 

 

(熱帯雨林の村キュランダへの道中から見たケアンズの大地)

 

(夕方のトリニティービーチ)

 

 

今回は特に、”奥様が日本人のホームステイ先家を中心に訪問しました。

 

ホームステイ先で日本語話すが使えるということで、海外が初めての方、英語に慣れていない方などにはぴったりです。

 

それでも家族の共通言語は英語英語なので、家庭内の会話の8割位は英語となります。しかし、わからないところは日本語で補完し、また英語でもがんばって会話の練習ができる理想的なホームステイ先です。

 

ケアンズのホストさんは、奥様が日本人、旦那様はオーストラリア人、あるいはニュージーランド出身、英国出身などの英語ネイティブの方という家庭が多いのです。子供たちは、一応、お母さんとは日本語で会話をしたりしていますが、現地の学校へ行くので、日常的には英語を使っています。お父さんとも英語で話します。

 

小さい頃から、まったく意識することなく、2か国語を話すんですね~。うらやましい。。

 

 

最初の日本人奥様家庭を訪問。

(右側は現地コーディネーター)

 

 

この日、旦那様はお仕事で留守。子供たちはスクールホリデー中ということで家にいてくれました。

それにしてもきれいなダイニングキッチンで、とても広々としています。

高校生の長男は体操選手で、クイーンズランド州の大会に出るとか。長女、次女もお兄ちゃんの影響か、体操を習っていてまだ小さい次女は片手で側転を披露してくれましたニコ

 

奥様はアーティストでこのような作品を作っています。

 

 

なんと、アメリカにあるオーストラリア大使館内に、奥様の作品が飾られているとのことびっくり!!

 

お庭にはサンデッキにプール。

 

トランポリンもあり、子供たちはよく遊んでいます。周りは木々が多く小山の近くにあり、また海も近いという自然に囲まれた場所です。

 

 

さて次のお宅は日本人奥様家庭ではなく、数年前にイギリスから移住してきたご家庭。

 

青々とした芝生が天気のいい日は冴えます。。。

 

旦那様はこの日お仕事で不在でしたが、娘さん2人と奥様が出迎えてくれました。

 

 

これまでいろんな土地で生活してきたというだけあって、奥様の英語はとてもクリアでわかりやすく、日本人がホームステイするにはとてもいいと思いましたニコ

 

プールもあって、参加者の方も楽しめそうです。

 

 

翌日も日本人奥様家庭訪問。

ご家庭は海の近くの高台にあるお宅です。

 

 

ダイニングからは、大迫力のケアンズの大地が一望できます!

 

 

ご一家と現地コーディネーター。

 

子供たちも英語と日本語を織り交ぜて、好きなアニメの話などたくさんしてくれました。

 

 

次の訪問先。

こちらは、サッカーサッカーボールが大好きな二人の小学生姉妹と大きな体の旦那様。

 

 

このお宅の裏は川になっていて、自家用ボートを係留しています。

なんと、そこから船に乗って海にも行ける(!)というお宅です。

 

ダイニングキッチン。まるでホテルみたい。。。

 

 

 

次のお宅です。

こちらは、もうジャングルのように木々に囲まれたお宅です。

家の裏はもう野生の森のようです。。

 

 

もうとにかく元気で走り回っている男の子とまだ小さい女の子の4人家族。

 

このお宅ではこの夜、BBQも行いました。

 

 

保育ボランティア・ホームステイ参加者の方が多い時は、近くのビーチやこちらのお宅などで、みんなでBBQパーティーをすることがあります。

 

好きなものを取って食べます。

 

ボリューム満点です。。

 

ハンバーグのお肉はなんとカンガルー肉!!

肉臭さがあるかな~と思いましたが、割とあっさりしておいしかったですもぐもぐ

 

この夜の子供たち。

みんなお母さんは日本人ですが、子供同士の会話は英語。

 

 

こちらは現地コーディネーターのご家族。

このファミリーのお宅でもホームステイができます。

 

 

3人の娘さん達との生活は参加者の方にとっても、楽しく、思い出に残る滞在になると思いますニコ!!

 

南国ケアンズのホストファミリー紹介でした。

 

 

 

AD