2月5日(火)


 

 

朝、3時前に目が覚めました。

 

パソコンの前で仕事を片付け、スーツケースに荷物を詰め込みます。

 

6時半にタクシーを予約してあり、タクシーでマルタ空港へ向かいます。

 

今日一日は、移動でとても忙しい一日になりますメラメラ

 


 

車窓からの街の風景。


 

空港に着きました。


 

今度はマルタ・エアーでロンドン・ガトウィック空港へ向かいます。

 


 

マルタ・エアーの機内


 

機内食(朝食)です。パンがおいしい。


 

食後にマルタのビールを一缶。


 

3時間半のフライトの後、ガトウィック空港に着きました。

 

イギリスでは、ヒースローの次に大きな空港です。


 

入国手続きを終え、すぐ、電車乗り場へ移動します。

(イギリスは他EU国と違い、シェンゲン協定に加盟していないのでユーロ国からでも入国審査があります)


 

さあ、今度はロンドン市内へ行くため、「ガトウィック・エクスプレス」でロンドン・ビクトリア駅へ。


 

ここでチケットを買います。


 

チケット、ゲット。


 

ビクトリア駅までノンストップ。(約30分)

 

 

ビクトリア駅です。


 

ここからバッキンガム宮殿まで、直線でわずか500メートル。

 

しかし、今回のイギリスは観光なしです。

 


 

地下鉄車内。


 

キングクロス駅です。(所要時間10分)


 

電車の乗り場まで行きます。

 

 

ケンブリッジ行き急行列車。


 

ビクトリア駅からもうケンブリッジまでのチケットを買っておいたので、都度、チケットを買う必要はありません。


 

車窓の風景(ロンドン~ケンブリッジ)


 

こう見ると、本当にイギリスって山がないな~、と思います。


 

約1時間で、ケンブリッジ駅に着きました。


 

マルタのホテルを出てちょうど7時間。

 

タクシーで語学学校(bell)へ向かいます。


 

学校です。閑静で落ち着いた住宅街にあります。


 

ロビーと受付。


 

今回、キャンパスツアーをしてくれたケイティーさん。


 

先月、東京に営業で来られましたので、すでに顔見知り。


 

教室です。授業中の生徒さんは撮れない、ということで(ごもっともです)、空いているお部屋を。


 

大きなスクリーンのある教室。


 

カフェテリアです。広いです。


 

サブやサンドイッチ、


 

フルーツなどあります。



 

またテニスコート、バスケットコート、サッカーまでできる広い校庭があります。


 

とても恵まれた環境です。

都会にある学校とはまったくコンセプトが違いますね。


 

 

さて、夏の間に開かれる、英語教師の為の、「Tearcher's Development Program」が行われる場所へ行きましょう。

※bellが運営するプログラムです。


 

このプログラムは、夏の2週間の短期プログラムです。

 

英語教師の方が、もっとティーチングスキルを高めたり、新しい教授法を学んだり、英語教師として、レベルアップするためのプログラムなのです。もちろん、日本の先生(小学校~高校)も参加できます。

 

いろんな国の英語教師がこのプログラムに参加し、2週間みっちり、教師としての再トレーニングを受けるのです。

 

そのプログラムは、ケンブリッジ大学の校舎を借りて行います。

 

ケンブリッジ大学は31あるケンブリッジ大学連盟の集合体の名称です。実際の大学は各それぞれ名前があります。

 

その一つのホマートンカレッジ(Homerton College)

数あるケンブリッジ大学の中でも大きい方です。

 

ここで、英語教師の為のプログラムが行われます。

 

この場所を自分の目で見たくて、今回、わずかの時間ながらケンブリッジに来ました。


 

学校から車で数分。

 

すごいです。。。


 

立派な建物です。(実際見ると大迫力)



 

中に入ります。


 

これは、、、 まるでハリーポッターの映画に出てくるような。。


 

朝食と夕食はここで頂くのだとか。




すばらしいです。。

 

 

 

映画ホマートンカレッジを歩く動画

 ~入り口からダイニングホールへ~

 

このプログラムは授業の他に、レジデンスでの宿泊とこういった場所での食事がついているパッケージプログラムとなります。


 

あちらの校舎では授業が行われます。

ちょうど大学敷地(公園みたい)の反対側にあります。

 



 

 

こんな立派なところで、短期でもいいから学生気分を味わってみたいものです。

 

プログラム紹介はこちら

 

ケンブリッジの街に連れて行ってもらいました。

歴史的な建物が多いです。


 

学生の街なので、若い方も多いですね。


 

ケンブリッジのダブルデッカー


 

留学生も全世界から集まるので、多種多様です。

 

学生の時の気持ちを取り戻すのにはいい環境です。

 

ケンブリッジの場所のすばらしさを体感した2時間でした。

 

 

さて、ここから、ロンドン・パティントン駅へ向かいます。

明日は朝早く飛行機が出るので、ヒースロー空港への特急始発駅のパティントンで宿泊した方がいいのです。

 

帰りケンブリッジ駅ホームで買ったマフィンとコーヒー。



 

マフィンはしっとりしておいしい。

 

1時間後、キングクロス駅で地下鉄に乗り、パティントンへ。

 

エクスペディアで日本から予約してあったホテル。(一泊約5,800円)

 

値段の割には、まあまあです。


 

お腹が空いたので、近くのレストランへ行きます。

 

パティントン駅周辺はお店も多く、またロンドン土産の店も多いです。

 

ヒースロー空港を利用する外国人が同じようにこの周辺のホテルに泊まるので需要があるのでしょう。


 

グリル&バーっぽい店がありました。


 

久しぶりのロンドン、フィッシュ&チップス」を頼みます。

 

いかにも!らしいフィッシュ&チップスです。


 

味は、まあまあ。


 

白身のフライはおいしいです。

ポテトはあまりおいしいとはいえません。まずくはないけど。。

 

個人的に思うのですが、フィッシュとチップス(ポテト)はあまり合わないような気がします。どっちも「モソッ」としていてですね。。。

何かもっと、さっぱりした新鮮なものとか歯ごたえのあるものが食べたくなるのです。

 

付け合せのグリーン豆をつぶしたものも、ポテトと触感がかぶり、なんとも。。。

 

ポテトはちょっと完食できませんでした。。。ガーン

実際、全部かなりの量でして。。。

 

つかの間のロンドンの夜でした。

 

 

 

次へ