北摂 豊中 OKATAZUKE club

北摂 豊中 OKATAZUKE club

おかたづけ初心者大歓迎


前回のつづき→ひと部屋まるごとお片づけ

おいくらで片付けていただけますか?
という質問を良くいただきます

整理収納サービスの初回は
4時間プランで16000円です

*ブログ掲載可能なモニターに
ご協力いただける方は14000円

初回は4時間でお願いしている
理由があります

「一日中 空けているので6時間
お願いします!」
というお客さまがいらっしゃいます

片付けとは言え頭も身体もフル回転
だいたいのお客さまは2時間もすれば
ヘトヘトです

かと言って2時間では
片付く箇所も1箇所くらいなので
片付けた感があまり感じられません

という訳で今回も4時間プランの
残りの1時間半をどこにしようかと
色々な箇所を見せていただきました

キッチンや子供部屋は
アドバイスのみです

キッチンは
お弁当の容器でいっぱいになっている
引き出しがもったいなかったです

必要な個数を残して
カウンターに出ているモノを
収納していただくようにお願いしました

子供部屋は
服が溢れてお困りでした

問題はクローゼット前

写真を撮り忘れましたが
我が家で再現するとこんな感じです
クローゼットの開閉がしづらい位置に
家具がありました

扉は完全に開けられて
人ひとりが前に立てるくらいの空間は
確保したいですね

部屋の大きさを考えると
家具は撤去していただき
着ていない服を減らして
着ている服だけをクローゼットに収納していだくようにお願いしました

そして
時間が許す限り
納戸のお片づけをすることにしました

素晴らしい点は
転居前に使用していた下駄箱やラックを
使って上手に収納されていたことです

空間を四角に区切ることは
収納がきれいに見え
使いやすくなります

before

ひらめき電球ここでワンポイント
納戸を開けて扉を開けて…
とアクションが増えると
モノを収納するのが面倒になります

ドライバーを使って
扉を外してしまいました

ダンボールのまま置かれていた備蓄品を
箱からすべて出して収納していきます


備蓄品は奥並べにして
ひとめで管理しやすいようにします


注意したいことは
前にはモノを置かないこと

そうすればモノをスムーズに
出し入れできます

あとは死角になっている部分にあるモノを
すべて出して
必要なものだけにします

こんなところからこんな物が!びっくり
と驚きながら作業を進めていく
お客さまでしたが
手を止めずに
選別して行っていただきます

悩むものは後回しにして
即 必要と判断できるものだけを
収納していくのがコツです

AFTER

時間いっぱいになったので
作業はここまでですが
上段にはまだまだ使っていないものが
ありそうなので分別をお願いしました

必要な場所に必要なモノを収納する

それを頭に置いて作業を進めていけば
スッキリ空間に近づくと思います


HPは ここをクリック
       


ランキングに参加しております

ポチっとしていただけたらうれしいです
 ↓    ↓ 


にほんブログ村   




ここ数年
年賀状に対して疑問を感じることが
増えてきました

・定期的に会う
・たまに会う
・何年かに一度は会う

そういう方とは
LINEやメールでつながっていますし
遠方でも近くに行った際は
連絡をしています

昨年は年賀状のやりとりをしている方と
積極的にお会いしてきました

30年ぶりに会った
中学の同級生もいます
何年経っても面影でわかります照れ

お会いした方には来年から
年賀状をやめることを
それとなくお話ししてきたので

今年は年賀状を送っていただいた方に
以下のような文面で
来年は年賀状を控えさせて
いただくことをお伝えしました


子どもとネコの成長がわかる写真を入れて
LINEのQRコードを印刷しました
通信欄にメールアドレスも入れています

お正月に年賀状をいただくのは
嬉しいですし
読んでいる時間は好きなので
ないと寂しいだろうなぁ
とは思いますが

形式にとらわれず
今後は積極的にメールやラインに
写真付きでご挨拶をしようと思います

今回
新しくLINEでつながった方々がいて
少し距離が近くなった気がします

ちなみに暑中お見舞いは
こちらの画像でご挨拶しました

可愛いラブ
とネコ好きの方とも思いがけず
話が弾むことも音譜

年賀状スルーということばがあるようですがスルーするのではなくて

より気持ちのあるご挨拶が
LINEやメールでできると
考えれば良いのかと思います

今の若い方はインスタやツイッターで
ご挨拶するそうです
そちらを始めてみるのも良いですね


HPは ここをクリック
       


ランキングに参加しております

ポチっとしていただけたらうれしいです
 ↓    ↓ 


にほんブログ村