ここのところ、学校が「休み」ばかりです。笑 | オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

2017年9月、夫と息子2人とともにオランダ移住。
元小学校教員、元保育士、そして母親として、人として、幸せな教育、子育て、保育を考えていきます。


息子たちの学校・・・

先週の木曜が「キリスト昇天の日」で休みだったので、金曜日も休みで・・・

昨日1日学校に行ったと思ったら・・・

今日と明日は「先生たちの研究の日」でお休みです。

そして、来週月曜日は「ピンクスターデー」の「2日目」のため、休みです。

日本語だとペンテコステですって。

「イエスの復活・昇天後、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという出来事のこと、およびその出来事を記念するキリスト教の祝祭日」だそうです。

 

何回も書いているようですが、イースターもクリスマスも、今回のピンクスターも、全て「2日目」も休みなんですよね。

面白いなあ、と思います。

 

さらに、これも何回も書いているようですが、「先生たちの研究の日」が休みなんですよ。

年間5日あるらしいです。

スクールリーダーシップ研修で教えてもらったのですが、5日のうち2日は泊まりがけで研修をし、2日は学校で研修をし、もう1日は「いつも働き過ぎている先生たちのためのホリデー」として使っているらしいです✨

 

日本で言うと、水曜日の午後に先生たちの研究授業があったりするんですよね。

校内の1人の先生の授業を観に行くとしたら、そのクラスだけ残らなきゃいけないんですよね。

で、他のクラスは、必死で給食食べて、必死で時間までに帰らなきゃいけないんですよね。笑
ついでに言うと、自治体の学校の先生たちみんなで集まって、総会をやったり、講演会とかもあるんですけど、疲れて寝てる先生がたくさんいるんですよね・・・

 

子どもたちが来ない「研究の日」が年間1日でもあれば、もう少し日本の学校もゆったりすると思うのですがね・・・

でも、保護者が簡単には仕事を休めなかったり、休んだらその分仕事が終わらなかったりする現状では中々難しいかもしれません・・・


ちなみに、黄色は、遠足だったり、演劇だったり、なんだか特別なイベントらしいです。

昨日、4・5歳クラスは歩いて「子ども用の農場」もしくは「子どもの羊とかがいる農場」に行ったらしいです。笑