図書館で高校生に遊んでもらった長男と、中学生に運転を教えてもらった私。笑 | オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

2017年9月、夫と息子2人とともにオランダ移住。
元小学校教員、元保育士、そして母親として、人として、幸せな教育、子育て、保育を考えていきます。


テーマ:

息子(7才)が虫歯になりまして。(笑)

朝、歯医者に電話したら、15時に予約出来たので行きました。

そして、帰りに、印刷のために2人で図書館に行きました。

 

中学生かな?高校生かな?って思われる男の子4人、女の子2人が、ゲームのそばに「たむろ」していました。

ちょっと怖くなってしまう私。笑

 

そしたら、「やる?」みたいな感じで声を掛けてくれまして!!!

 

槍投げのゲームで、「膝上げて」とか「走って」とか「投げて」とか教えてくれて・・・

 

そのうち、男の子たちが準備に息子の相手をしてくれました。

槍投げの他にも、サッカー、ボーリング、卓球などなど。

 

もう彼らの優しさに、ひたすら胸キュンする私でした❤️

友達同士で「IDカード」を見せ合いながら、「2003年」「あと2年学校」とか言っていたので、2003年生まれと考えたら16才・・・かな?

 

うちの息子たちも、小さい子と、“無理せず”遊べる高校生になりますように。



 

そして、もう一つ。

 

今日のお迎え時。

 

バックで車を停めようと苦労しまくっていたら、いつも妹を迎えに来る男の子が、すごく丁寧にハンドルの回し方を教えてくれました。

「あなたいくつ?」「14才」

「運転上手だね!」「僕はバイクだけど。」

「いいドライバーになるよ!」

と会話してみました。伝わったかは不明。笑

 

そもそも、彼は14才なのに、多分、学校に行っていない。

義務教育のはずだけど・・・

分からない。移民だろうし、何か事情があるのかもしれない。

いつか、仲良くなったら聞いてみよう。