やっぱり、どう考えても「宿題」は百害あって一利なし。 | オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

2017年9月、夫と息子2人とともにオランダ移住。
元小学校教員、元保育士、そして母親として、人として、幸せな教育、子育て、保育を考えていきます。


テーマ:

色々あって、改めて思いました。

 

「帰ったら、遊びに行く前に宿題をやりなさい。」は、すごーーーく変。

 

同じように、「学童に行ったら、まず宿題をやりなさい。」も、すごーーーく変。

(※ただし、現状で、「学童の後に家に帰ってから宿題をやる」はもっと変なことになるので・・・やっぱり学校が宿題を出さない、という方法しかない。)

 

学校で、一生懸命学習をして来ているはずなのですよ?

 

休むこと、遊ぶこと、も含めて、頭も体も疲れているはずなのですよ?

 

帰って来たら、お腹が空いていたらおやつ、空いてなければ好きなことをして過ごす、で良いじゃないか!

 

大人だって、仕事から帰って来たら、ビール(笑)でしょ。

その1杯がすごく美味しいのではないか。笑

頑張った分、美味しいのではないか。

 

百歩譲って、休憩してから宿題、もやっぱり嫌。

 

もし、学校で全力出せっていうなら、家ではやっぱり休むべき。

 

絶対に休むべき。

 

「そうは言っても家庭学習は必要でしょ。」という考え方に対しては・・・

知りたいことがあったら調べれば良い、本を読めば良い。

絵を描いたら絵が上手くなるし、メールを打てばパソコンが出来るようになる。

ご飯を作るところを見れば、ご飯が作れるようになるかもしれない。

 

やっぱり家庭学習は「持ち帰り仕事」でしかない。つまりは残業。

 

というわけで、3月に行った「居酒屋」のビールとともに。笑

 

 

 

 

 

川崎 知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント