「疲れるほど頑張れ」は「真」ではないと感じた10の理由。 | オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

2017年9月、夫と息子2人とともにオランダ移住。
元小学校教員、元保育士、そして母親として、人として、幸せな教育、子育て、保育を考えていきます。


テーマ:

久しぶりのアシスタント通勤。

この学校は、先週と先々週の2週間、5月休みでした。

 

本当に、本当に、いろんなことがあった今日1日。

頭もたくさん使ったし、たくさん感動して、そして元気をたくさんもらった。

帰ってきたら、珍しく(?)すごく元気で、洗濯物畳むのも、食器を食洗機に入れるのも、楽しく出来ちゃった♪

 

全てが関連している気がするので、時系列に沿って理由を書いていきたいと思います。

 

理由1:「バケーションはどうだった?」という副校長先生との会話

朝、副校長先生に会って、すぐに「バケーションはどうだった?」と聞かれ、「モンサンミッシェル」に行ったという話をした。

満潮と干潮のオランダ語を教えてもらった。

 


副校長先生はアメリカの西海岸に行ったらしい。

カジノにも行ったけど、やっぱり自然が一番良かった、そしてオランダ人の方がフレンドリーだ、と感じたらしい!

かなり、長くおしゃべりをさせてもらった。仕事の手を止めてもらい、オランダ語まで教えてもらって「恐縮」💦

 

理由2:ジムの先生が病欠らしい。

その結果、高学年クラスは担任の先生が体育の授業をしなくちゃいけないらしい。

でも、中学年クラスは今日は体育無しにしたらしい。

柔軟。

 

理由3:イスラム教はラマダン中。

シリア人姉妹はラマダン中だから夜9時半まで水も飲まないらしい。だから、運動もしないらしい。

ジムから帰ってきた先生が「どうしてジムに来なかったの?」と聞いて、きちんと説明をしていた。

おやつも食べず、お昼も食べず。

大変だなあ、と思いつつ、きちんと宗教上の行いが保障されているって大事だなあ、と改めて。

 

理由4:休み明けのサークル対話

休み明けだから、今日は40分くらい話していた。

バルセロナに行った話とか、結婚式に行った話とか、手術の話とか。

髪の毛が真っ赤になっていた子もいて、今日だけなのか、染めたのか・・・来週にならないと分からない。笑

最後には、先生が子犬をもらった話も。

あまりにも話が長い子に対しては、「他の子の話も聞きたいから。」と言った後に「分かってくれる?」と確認しているのが印象的だった。

媚びる感じでは全然なく、大人として、対等に聞いている感じ!!!

 

理由5:休み時間が1時間!

いつもより外に出るのが少し遅かったからか、下学年が教室に戻ってからも「あと5分ね」と言われて遊び続ける子どもたち。

でも、算数で下学年のクラスにいつも行っている子のことは、その下学年のクラスの先生が2〜3分後に呼びに来た。

「あと5分」と言われてから、結局20分くらいは遊んでいた!!笑

その間、畑の整備をしている子たちもいて、最終的にはその子たちは一輪車(っていうのか!手押し車みたいなの)に乗って遊んでた。

理由6:算数はやっぱり頭の体操

T君は6年生なのだけれど、いつの間にやら説明は聞かずに、自分でどんどん進めていい、ということになったらしい!

今日、6年生(日本の4年生)がやっていたのは、大きな数のわり算の暗算。
295➗5だったら、300➗5と5➗5をして、60ー1をするみたいな。

そして、別のT君が「168➗6を84➗3で考えなさい。」みたいな問題を私に聞いてきた。

途中まで説明したところで、ランチの時間に。

そうしたら、「また午後に一緒にやってくれる?」と聞いてきた!!!!!

胸キュン❤️✨笑

結果・・・午後は別のことを手伝うことになったので出来なかったのだけれど💦
「主体的に学ぶ」ってこういうことですね。

 

理由7:「私でいいの?」

子どもたちがランチを食べている時、担任のW先生に「トモコ、私の席に座っておいて。12:15になったら、食べ終わった人は外に行っていいと伝えてくれる?」と言われ、先生が別室に行ってしまった。

「私でいいの?」と思いながら、一言「外に行っていいです。」と言うはずが、すごく緊張して「外に行かなければなりません。」と言ってしまった!笑
それでも、誰も気にせず、みんなサーっと外に行ったのでした。笑

 

理由8:ミュージカルの台本印刷

さて、その間先生がやっていたのは、インターネットでミュージカルの台本を買うと言う作業。

学校用の銀行カードを副校長先生に借りて、パスワードも聞いて(私も聞いちゃった♪笑)、有料ダウンロードして印刷。

一人当たり60ページ✖️25人分。

購入出来たら、本当ーーーに「楽」!!!そりゃあ、残業にもならないわーーー!!!

 

理由9:製本は最高学年が、ゆるーく協働作業。

印刷が終わった台本は8年生が3人で穴を開けて、リボンで綴じる。

私も手伝うことになったわけですが・・・

とにかく、ゆるーく進んでいく。

途中で穴を開ける向きを間違えて投げ出してみたり、リボンを長く切りすぎてゴミが大量に溜まったり。

そして、途中で先生が来て、「(このペースなら)今日は始められないわね^^明日からね^^」みたいな!!!

でも、いつの間にやら、穴を開ける子、リボンを切る子、リボンを通す子、に役割分担されているし、学年ごとに色を分けることに決めて、人数を数えながらやっている。

「先生の分のリボンは色を変えよう」と言って、リボンを探しに行き、「灰色。トモコの髪の色。冗談だよ。」とか言ってくる。

そして、「トモコも要る?オランダ語読める?」とか言ってくる!!!

もう可愛すぎる・・・❤️✨

 

理由10:いつの間にか「読み合わせ」

作業が終わると、3人で読み合わせを始める。

もう役も決まっていたのか・・・!笑

すごい上手!!!

 

そういえば、5月休みが終わったら、あと10週間で年度終わりだと言っていた。

今年も観させてもらう予定のミュージカル。

きっと、みんなさらっとやってのけるのだろうな。

今年は泣かないようにしたいなあ。笑

 

そんなわけで、本当にオランダ語脳も算数脳もたくさん使ったし、たくさん「胸キュン」してすごくパワーをもらった。

子どもたちも、先生も、すごく頑張ってすごく疲れたってことはないと思うし、連休明けの何気ない一日だった。

「疲れるほど頑張れ」もしくは「疲れてないってことは頑張ってないってことだ」くらいのメッセージを受け取ることが日本ではよくあるけれど、「真」ではない。絶対に。

(下線が取れなくなっちゃったなあ・・・「ま、いっか」。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川崎 知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント