今日の名言「一緒に考えるって、美しいわね。」&オランダ流の宿題の出し方 | オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

2017年9月、夫と息子2人とともにオランダ移住。
元小学校教員、元保育士、そして母親として、人として、幸せな教育、子育て、保育を考えていきます。


テーマ:

2週間ぶりのアシスタント通勤。

 

今日の担任の先生の名言。

「一緒に考えるって、美しい。」

 

シリア人姉妹には、火曜と木曜日、オランダ語を教えてくれる先生が来てくれているらしい。

その先生から、木曜日には「翌週までの宿題」が出ているらしく、それを金曜と月曜日に自分たちでやるらしい。

(宿題と言っても、家ではやらせないところがあくまでもオランダ流!)

 

私には、分かる単語もあるし、分かんない単語もある。

でも、私にはグーグル翻訳があるので、分からない言葉はすぐに調べる。

それを一生懸命、絵とかジェスチャーとかで伝える。

 

この姉妹は、私が自信をもって教えてもたまに信用してくれない。笑

今日は「ハンマー」だと教えても信用してくれないから、「ハンマー」を検索して画像を見せたらやっと信用してくれた。笑

 

そんなわけで、先生が「どうだった?」と聞いた時には

「私たちは一緒に考えている。」

と答えたら、先ほどの一言。

 

「一緒に考えるって、美しいわね。」

と。

 

その言葉が美しい。

胸に刻んでおきます。

 

「美しい」つながりで先週のチューリップ。笑

もう一つ。

今日、改めて気が付いたこと。

 

算数だけで、毎日1時間以上集中しているのですよね。

日本の小学校4年生はたぶん45分✖️5日 しかも、そのうちただ先生の話を聞いていたり、もう分かっていることを聞いていたり、全然分からなかったり・・・

だけど、オランダの小学校4年生は60分✖️5日 分からないところはすぐに解決できるから、無駄がない。

 

 

 

川崎 知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント