ハンブルグにて、ホテルに入れず1時間彷徨った話。 | オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

2017年9月、夫と息子2人とともにオランダ移住。
元小学校教員、元保育士、そして母親として、人として、幸せな教育、子育て、保育を考えていきます。


テーマ:

日本から来ている友達が

「ペーター・ペーターセン(イエナプランの創始者ですよー!)のお墓に行きたい。でもドイツの北方ほぼデンマーク・・・」

と言っていて・・・

そんなに好きなのね?笑と思いつつ、我が家から車で5時間“しか”掛からないと分かったので行くことにしました。

 

いつもいつも夫と息子2人を置いて行くわけにはいかない(夫婦関係的に。笑)と思ったので、次男だけ連れての3人旅!

 

途中に寄ったパーキングの子ども用トイレにオムツがあって感動!!

「子連れに優しい」って本当にいい・・・!

 

大嵐の中、無事にお墓に行き、そこから2時間戻って、ハンブルグの町へ。

 

「大好きなALDI」で買い物をし、7時頃にホテル着。

 

が・・・ホテルの玄関のドアがオートロックで開かない!!!インターフォンにも誰も出ない!!!

 

電話番号も分からない。(←この辺り、外国旅行をナメすぎ💦笑)

 

隣に「BUDOKAN」という施設があったので「電話番号を調べたいからWi-Fi貸して?」と聞いてみる。ダメだった・・・

 

「仕方ない。3時間で帰れるから帰ろうか。」「そうだね。」という会話をしていたら・・・

次男が突然大泣き!!!

「帰るのやだー!!!😭」

そりゃ、そうだ。今日は7時間車に乗っていただけで、よく分からない「石像?」を見せられただけの一日。

(パーキングエリアの遊具ではかなり楽しそうに遊んでいたけれど。)

 

とりあえず、レストランで夕飯を食べてWi-Fiを借りることに。(ドイツは無料Wi-Fiがほぼない。)

レストランのお兄さんに「Wi-Fi貸して?」と言ってもダメで、「ホテルを予約したんだけど、誰も出なくて電話番号を調べたい。」と言ったら、自分の携帯で電話番号を調べてくれた!!

 

でも、留守電😭

 

Wi-Fiも無いし、他のホテルも探せないし、高いし・・・ということで、次男を説得して帰ることに。

そして、夕飯を食べ終わった頃、まさかの折り返し電話が!!!

「メール送るねー後でねー」

という軽い用件。

不思議すぎる・・・!!!

 

ショートメールで、玄関のオートロック解除番号を教えてくれ、玄関を開ける。

 

奥に、またも開かないドアがある。

 

「メールにキーボックスの番号も書いてあった!」

    

カードキーを手に入れる。

 

カードキーをかざすところが中々見つからない!!!

 

「暗号解いてるみたいだね!!」「名探偵コナンだね!!」

と、変なテンションになる。

 

部屋に入れた時の感動・・・!!!

 

そして、すごい綺麗ー!!!広いー!!!

 

激安だったのに・・・!!!

 

無人ホテルっていうことで安いということが分かりました。

 

「もう入り方分かったから、また来たいね。」というようなホテルでございました。

 

「何とかなった」から笑える・・・こんなことを、あと何回繰り返すのだろう・・・!!!

 

川崎 知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント