イエナプラン3連続!!の一日♪♪〜「接待」は誰の仕事?〜 | オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

2017年9月、夫と息子2人とともにオランダ移住。
元小学校教員、元保育士、そして母親として、人として、幸せな教育、子育て、保育を考えていきます。


テーマ:

1つ目。早朝イエナラボ@オンライン水曜チーム。

今回は女の子ばかりでチョコレートの探究!!

「スイーツの本」を持っていたり、幼稚園の頃から持っていたという「チョコレート」の本を持っていたり・・・

極め付けは「冷凍庫にココアバターがありました!」ということで、見せてもらいました!!

 

今回、火曜も水曜もかなり色々な方向に広がっていきそう!!

テーマは、「問いを持つ」ための練習のきっかけに過ぎないと言えども・・・

チョコレート好きの子たちの期待に応えるべく(?)楽しく進めていきたいと思います✨

 

本気でカカオ豆を購入しようと検討中!

 

2つ目。アシスタント通勤コンシェルジェ編。

テーブルが倒れて指を挟んでしまった4・5才クラスの男の子が「冷やす」のをお手伝い。

 

来週はオープンデーだそうで、その「接待」を高学年の子がやるらしく、校長先生自ら指導。

玄関でお迎えして、コーヒー&紅茶のご案内をし、カップを食洗機に入れるところまで。

校長先生の優しさが際立つ✨

 

そして!!

「接待」はPTAの仕事じゃなーい!!

わたくし、学校行事の度にPTA役員のお母さんたちが「接待」しているのが、どうしても、どうしても許せない。

たまたま、私が出会った「来賓」の方々が横柄な態度だったから、余計に許せない・・・!

学校公開の受付とか、「接待」とか、本当に必要なら、子どもがやればいいじゃないか!!

もちろん、お家の人たちが「手伝う」程度ならいい。

でも、本当に「私たちの学校、みんなで頑張ってるよ!!見て!!来て!!」って感じなら、子どもがやればいいんだなあ、って改めて思いました。

子どもを入学させるかどうか考えている親にとっても、一番参考になる気がする。

(1年前くらいに近所のダルトンスクールに行った時も子どもが一生懸命英語で案内してくれてすごーくよかったです。その時のブログを探したけど・・・見つかりません💦涙)

 

さて、3つ目は、大人のイエナラボ@オンラインー実践編ー!!

こちらも、実践の計画を聞いているだけでわくわく!!

参加者の方々もたくさん色々聞いてくれて、ちょっと喋り過ぎたかもと思いつつ・・・

楽しかったです。

計画する段階で楽しければ、絶対楽しいものになるはず!!(※「自己満足」には要注意。笑)

明日どんなことしようかな、来月どんなことしようかな、って楽しく考えるのが教員冥利に尽きると思うのです。

もちろん、今、それをイエナラボ@オンラインで経験させてもらっています♪

「やらなきゃいけないからやる」「やらせなきゃいけないからやらせる」じゃなくて、楽しくやりたいと心から思います。

 

あ、明日もイエナプランの学校に行くんだった♪

楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

 

川崎 知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント