夜の保護者会 | オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

2017年9月、夫と息子2人とともにオランダ移住。
元小学校教員、元保育士、そして母親として、人として、幸せな教育、子育て、保育を考えていきます。


テーマ:

約1年前、研修でお邪魔した学校での「夜の保護者会」についてです。

当時のブログ・・・サッカー観戦のことしか書いてませんが(笑)

https://ameblo.jp/jena-lab/entry-12335568335.html

同じ週の夜のことです。

 

前々から「全体保護者会」が開かれることは決まっていたようでした。

会場に着くと、まず自分でコーヒーか紅茶を選んで手に持ちます。

そして、席に座ります。

全部で11クラスあるその学校、先生たちは20人くらいいて、そのほとんどの先生が出席しているようでした。

(もちろん、欠席の先生もいました。)

私も、ホームステイしていた家の先生と席に座りました。

保護者は女性6割、男性4割という感じでした。

多分、どちらかが家で子どもを見ているのでしょう、両親揃ってというのはほとんどいなそうでした。

(あれ?これ、前にも書いたことある気がするんだけどなあ。笑)

 

最初に喋ったのは、例の「経営参画委員会」の保護者のようでした。

(日本だと、PTAが司会する、みたいな感じ。)

 

そして、次に喋ったのが学校の経営母体(会社のような財団のような)の代表です。

校長先生たちは、みんなその人たちを「ビッグボス」と呼びます。笑

この、いわゆる社長が、とにかく話がうまい!!!

オランダ語だから内容は分からないわけですが、演説なんです!!!

 

保護者の方々もみんなしっかり聞いている。

夜の時間の集まりって日本だと絶対に寝ている人がいるのに・・・笑

日本だとPTA総会も絶対に寝ている人がいるのに・・・笑

 

そして、時々「聴衆」からドッと笑いが起きる!!!

実は、この保護者会、年度途中に諸事情で校長が変わるということを急遽発表しなきゃいけなくなったんです。

でも、1回も暗い雰囲気にはならなかった。

その社長から現校長が紹介されて喋り、拍手が起き、そして次の校長が紹介されて拍手が起き、喋るという感じ。

 

みんなが堂々と喋る。かっこいい。

次の校長になる女性からは「イエナプラン」という言葉が発せられたのだけ聞き取れました。(ということを今でも覚えている。笑)

 

そして、この保護者会、まさかの2時間半という長丁場。

途中で何人かの保護者が手を挙げて発言したのですが、基本的には聞いているだけ。

でも、しつこいようですが、誰も寝ない。笑

 

終わった後も、しばらくみんなでそれぞれの場所でおしゃべりをしている。

 

いやーカルチャーショックでした。

なんで、こんなにいい雰囲気で「全体保護者会」が出来るんだ?っていう。

 

さて、日本でも保護者会が夜になったらみんなが参加しやすいのに、という議論はずっとある気がします。

確かに、そうすれば働いている親も参加しやすい。

でも、それは、仕事が休みづらかったり、休むと後でしわ寄せがあるから。

そして、正直・・・昼でも夜でも、本当に参加したい人は参加するし、参加したくない人はしない。

保護者側の参画意識だと思うんですよね・・・

もちろん、心からの参画意識をもってもらうためには、学校側の真の働きかけが必要なんですけどね・・・

 

そして、先生たち側からしたら、現状で夜に保護者会をするのは正直厳しい。

オランダの先生たちは普段は4時とかに帰れる。

だから、半年に1回くらい夜の保護者会があってもいい。

しかも、今回の保護者会を見る限り、先生たちの準備とか負担とかゼロ。

講演会を聞きに来るような感じ。

きっと先生たちも参加したかったら参加するし、したくなかったらしないのだと思う。

 

何事につけても、自己判断、自己決定、が出来る。信頼されている。責任も伴っている。

そういうことなんじゃないかなあ。。。

そのサッカー観戦の時のビールの写真だけ残ってた!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川崎 知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント