学校からの2枚の手紙と連絡手段。 | オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

オランダより愛をこめて~教育と子育てと日々の暮らし~

2017年9月、夫と息子2人とともにオランダ移住。
元小学校教員、元保育士、そして母親として、人として、幸せな教育、子育て、保育を考えていきます。


テーマ:

先日、次男(4才)が学校から2枚の手紙を持って来ました。

1枚は手に持ってぐしゃぐしゃになり、もう1枚は可愛い作品にホッチキスで留められていました。

作品と手紙がホッチキスで留められているって新鮮じゃないですか?

作品の左上には、未だにホッチキスが付いています。笑

 

日本の学校だと・・・

大事な手紙も、大事じゃなさそうなチラシも、惰性で出しているのではないかという手紙も、「全てをきちんと端を揃えて折り、連絡袋に入れなければなりません。」それをきちんと出来るようにすることが小学校1年生の担任の大事な仕事だったりします💦

さらに、その手紙の枚数を連絡帳に書くという風習まであります。

そして、ひどい日はその手紙が8枚とかあって、配るだけで時間を費やします。

翌日、「7枚しかなかったのですが」とお母さんから連絡が来て、その子の机の中にあれば良い方、無かったら担任保管用(だから簡単には捨てられない)から探すか、隣のクラスに聞きに行ったりします。
机の中がぐちゃぐちゃでお母さんもすごい心配するけど、自分でちゃんと大事な手紙かどうか判断して、連絡帳もまともに書かず、大事な手紙だけはきちんと持って帰る子(大体男子。笑)がクラスに一人はいて、そういう子こそ「生きる力」があるよなあ、と思うのですよね。

 

あ、完全に話がずれました💦

 

そんな訳で、こうやって手紙を持って帰ってくると、大事なお知らせなんだな、と分かります。

 

今回の1通目。

オランダ語、英語、アラビア語で書いてあります。

「保護者の方へ 私たち緑グループにはたくさんの子どもがいるので、おやつ用のリンゴや洋梨やオレンジは、家で皮を向いて切っていただきたいです。ご協力ありがとうございます。緑グループの先生たちより。」

この手紙から伝わってくるのは・・・

みんな、4才や5才の子に丸ごとリンゴや洋梨やオレンジを持たせていたらしい、ということ。笑

そして、先生たちが困ってしまったから手紙を出すことにして、きちんと伝わるように3ヶ国語で書いて、写真まで載せたということ。

なんか自然な流れだし、人間味が溢れている!!!

 

今回の2通目。

オランダ語のみ。

「11月9日金曜日にセントマーティンをお祝いします。学校で、ランプを作りました。だから、あなたのお子さんのためにランンプ用のスティックを買って、学校に持って来てください。」

この手紙は長男(6才)も持って来た。

長男はすでに手紙の内容を理解していた!!!

 

この手紙から考えたのは・・・

去年長男が行っていた学校では、スティックも学校で用意してくれた。

今回しないのはなぜだろう?お金の節約とは考えにくい。1ユーロ(130円)くらいだし。

親が買ってくるという経験をさせたいのか?考えすぎ?笑

ということです。笑

 

そして、他のことにも繋がるのですが、クラスの前に名簿が貼り出されていて、持って来た人はチェックされる。

これ、日本の学校だと中々やらない。

個人情報がどうだの、持って来ない人を「晒し者」にするだの言われる。

でも、そんなの気にしなければいい。

名簿があれば、「あ、忘れた。持って来なきゃ。」ってなる。それだけのこと。

誰が早いだの、遅いだの、気にする?しないと思うんだけどなあ・・・

 

また話がずれました。

 

そうそう、去年長男が通っていた学校もそうだし、他の学校も最近は「連絡アプリ」があります。

担任の先生は、そのアプリで「明日は私は休みなので、〇〇先生が代わりに1日担任します。」とか「〇〇に行きたいので、車を出してくれる人、コメントください。」とか「○日は研修日なので(または教員ストライキなので!)学校が休みです。」とか連絡が来ます。すごーく便利。

 

あ、また日本の話ですが、このアプリを導入して手紙を配るといいという話もありますが、根本的に「学校だより」とか「学級通信」とか必要?仕事をしていて学校の様子が分からない親にとっては「ありがたい」ものかもしれない。難しい問題だと思います。

そして、欠席連絡。これはアプリにするといいと思う!そして、自動記録にして欲しい。

出席簿作るの大変なので。笑

親からしても、「連絡帳」書いて誰かに預けてって本当に大変だと思う。

電話も大変だと思うなあ。特にインフルエンザの季節とか、クラス10人休んで、10クラスでも100人・・・回線がパンクします。

でも、ここだけの話、「連絡帳」が来なくて、家に担任が電話して安否確認をするのも結構大変なんですよ。

授業の合間に遠い(場合もある)職員室へ行って電話をしなければならないので。

それこそ、ちょっと携帯で教室から掛ける、とか出来たらいいんですけどね。もしくは、オランダ風コンシェルジュのような方に「○○さんが来ないので、電話してくれませんか?」って気楽に頼めるとか・・・!!!

 

 

 

 

 

川崎 知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント