酔っ払った犬(♂)のちょっと長い呟き

ジェフの試合観戦記等ジェフネタをアップする予定。
その他日々の雑ネタをズラズラ書きます。
基本的に自己満足日記です。
twitter 酔っ払った犬(♂)@jefunitedforce
HP 犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)


テーマ:
リーグ戦5連勝中のジェフですが。
今節は“どアウェー”での名古屋との対戦です!
今日も勝手にプレビューします!





2017J2リーグ第41節
ジェフユナイテッド千葉 VS 名古屋グランパス
豊田スタジアム 11/11 14:00kickoff





前節 9位
勝点 62
得点 65
失点 57
得失点差 +8
完封試合 9





今季得点

ラリベイ①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰
清武 功暉①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪
船山 貴之①②③④⑤⑥⑦
町田 也真人①②③④⑤
指宿 洋史①②③
近藤 直也①②③
乾 貴哉①②③
山本 真希①②③
為田 大貴①②③
高橋 壱晟①②
キム・ボムヨン①②
アランダ①②
矢田 旭①②
西野 貴治①
大久保 裕樹①



今季警告(累積警告)/退場

佐藤 勇人 警告⑤/退場②
若狭 大志 警告②/退場①
大久保 裕樹 警告②/退場①
熊谷 アンドリュー 警告⑧(累積②)
清武 功暉 警告⑦(累積①)
乾 貴哉 警告⑥(累積①)
ラリベイ 警告⑥(累積①)
町田 也真人 警告④(累積①)
近藤 直也 警告④(累積①)
多々良 敦斗 警告③
佐藤 優也 警告③
船山 貴之 警告②
アランダ 警告②
キム・ボムヨン 警告②
羽生 直剛 警告①
イ・ジュヨン 警告①
西野 貴治 警告①
ホルヘ・サリーナス 警告①
岡野 洵 警告①
高橋 壱晟 警告①
為田 大貴 警告①





前節“ホーム”フクアリでの町田戦。
ジェフは前半思い通りの試合をしながら、後半はまるで逆の展開になってしまい。
苦労しながらも、なんとか2-1で勝利。


ジェフはこれで5連勝です。
5連勝は、2013シーズン以来4年振りみたいです。



チームは5連勝中ですが、順位はJ2リーグの9位。
依然として、“J1昇格プレーオフ”圏の6位には届いていませんが。
6位徳島と、勝ち点差“2”まで迫る事が出来ました。


ただようやく“プレーオフ”圏の尻尾が見えてきただけで。
ジェフの置かれた状況は、まったく変わっていません。


ジェフが残り2試合に勝っても。
ジェフよりも上位のクラブが勝ち点落とさなければ、順位を上げる事は出来ない。
最終節で現在同じ勝ち点“62”の8位横浜と戦うので、残り2試合勝てれば8位にはなれる。
でもそれ以上は、他のクラブの結果次第。



ここ最近毎度書いていますが。
ジェフの最終的な順位は。
ジェフが残り全部勝っても、他の結果次第です。


他の結果なんて、自分達ではどうにも出来ない。
であるならば、自分達が出来る事を100%やり切って。
その上で、他の結果を待つしかありません。


それは、ここまで今季40試合戦ってきた結果ですし。
今更何か言っても、変わるもんでもありません。
残り2試合やり切って。
自分達は最後まで戦った、と言える試合をして。
他のクラブの結果を待つ。



最終節にJ1残留を決めた2008シーズンも。
中身は違いますが、同じ状況でした。


ジェフが勝っても、ヴェルディや磐田が勝ってしまえば。
J2に降格でした。


自分達が最後まで戦い切る。
まず我々が考える事は、それのみと思います。
そして、“勝利”という結果を得る事が出来れば。
それが他へのプレッシャーになるかもしれない。


そう信じて。
蜘蛛の糸みたいな、細く脆い僅かな可能性を信じ。
出来る事をやり切るのみです!



こんな事私が言わなくても。
エスナイデルさんも選手もクラブも、そしてサポの皆さんも。
重々承知と思います。


愚直に、馬鹿正直に。
最後まで戦ってやりましょう!
最後の結果は、プレゼントの箱を開ける時のお楽しみみたいなもんですよ!



今日も勝手にプレビューします!





エスナイデルジェフは現在、“ダブルボランチの4-4-1-1”フォーメーションをメインのシステムに戦っています。
このフォーメーションを始めたのは、第36節の“ホーム”フクアリでの岡山戦からです。




結果的には、この試合からジェフは5連勝中です。


このフォーメーション・システムをエスナイデルさんが選んだ最初の切っ掛けは。
“アンカー”熊谷の4試合出場停止中に、チームの“攻守の中心”也真人が怪我により欠場した事と。
個人的には思っています。



試合中常に長い距離のスプリントを繰り返し。
攻守に走り回る事で、チームの“骨格”を形成していた也真人。


中盤の底に構え、長短のパスを左右に散らす事で攻撃の“第一歩”となっていた“アンカー”熊谷と。
その也真人が同時に欠場、しかもそれが1試合だけで終わるか分からない状況で。
エスナイデルさんが選んだ戦い方だと思っています。


具体的に書くと。
2枚のインサイドハーフ、特に也真人の“運動量”と“センス”に頼っていたチームを。
複数のポジションで、その役割を分担する事で。
也真人に頼らず“チーム”で同様の戦い方をする為に選んだシステム・フォーメーション。
私はそう考えています。



“アンカー置いた4-3-3”から“ダブルボランチの4-4-1-1”への変更で。
何が変わり改善され、残る課題は何か。
最近毎度同じ様な事を書いているので、繰り返しになってしまうので。
前節町田戦の“プレビューもどき”のリンクを貼ります。


この事を真面目に書いたので。
未読の方は、読んでいただけると幸いです。

2017J2リーグ第40節 町田戦プレビューもどき


また、熊谷が戦列に復帰し。
2試合続けて後半途中から、ジェフがリードした状況でピッチに立ち。
相手を抑え勝利に貢献してくれました。


前節町田戦では、左SB乾が前半40分で負傷交代し。
合わせてチームは“4-4-1-1”から“4-3-3”にフォーメーションを変更し。
後半更に熊谷交代出場と合わせて“4-4-1-1”に戻しました。

システム・フォーメーションの変更と。
その他ゴニョゴニョ書いているので。
町田戦の“観戦記”のリンクも貼ります。

2017J2リーグ第40節 町田戦観戦記(フクアリ)



町田戦や最近のその他の記事で書いた事とはなるべく重ならない様に。
今日は書こうと思っています!





ここから本題の“名古屋戦プレビュー”です。




今日は珍しく相手の事も書きます!



今節の相手名古屋は、J2降格最初のシーズンです。
今季は、昨季までJ1の川崎の監督だった風間さんが率いるチーム。


いわゆる“ポゼッション”と言われるチーム。
“4-4-2”で、人もボールも動かして。
自分達が試合を支配する事を目指すチームと思っています。


風間さんの戦術・指導を分析した本を、私は読んでいませんが。
ボールを止める・蹴る、身体の向きや体勢等細かい指導を行っている印象です。


自分達が試合を支配し、自分達のペースで試合を進め時計を進める。
新聞のインタビュー記事でも。
「(無失点に抑えた守備は、と問われて)自分達の“テーマ”ではない」と言い切っていました。


ゴールを“守る”事を考えるよりも、如何に相手を“支配するか”に主眼を置いた。
ある意味エスナイデルジェフとも似た思想なのかなと。
勝手に想像しています。
もちろん“どう支配するか”という部分は、まったく違うと思っていますが。




今季最初の対戦は、“ホーム”フクアリでの第3節。
西野(ガンバへレンタルバック)と功暉のゴールで、ジェフが2-0で勝利。


シーズン開幕当初のジェフは、アンカー置いた“3-5-2”。
名古屋はボールを“ポゼッション”し、ジェフのアンカーやCBを吊り出して。
“ハイライン”の裏を狙ってきた印象でした。



当時の“観戦記”でも書きましたが。
あの試合の名古屋は、風間さんの考える“理想”に。
選手・チームが追い付いていない印象でした。


ジェフの“アンカー”アランダを、まったくケアしてこない。
当時のジェフの攻撃は、守備からの“切り替え”含め“アンカー”の所から始まるのに。
最後まで名古屋はアランダをフリーにプレーさせてくれた。
それが、ジェフの勝利の一番大きな要因だったと思います。


当時、エスナイデルさんは相手を見ないみたいな批判を見て。
いや、そういう意味では名古屋の方が上だよなんて思っていました。



それから37試合を戦って。
今の名古屋は、シーズン開幕当初とはまったく違うチームだと思います。


“風間football”がチームに浸透し。
選手も入れ替わり。
“ホーム”フクアリでの試合は、まったく参考にならないと思います。


名古屋は、シーズン途中に加入した。
ガブリエル・シャビエルが、ここまで14アシストでJ2リーグトップと。
シーズン開幕当初とは、まったく違うチームと思います。


そのガブリエル・シャビエルは、前節まで怪我で欠場していましたが。
今節ジェフ戦で、復帰するみたいです。


ただ、エスナイデルジェフだって。
シーズン開幕当初とはまったく違うチームになれている。


システム・フォーメーションは。
“3-5-2”から“4-3-3”から“4-4-1-1”と変化し。
今はそれを、試合中に切り替える事が出来る。



3節での対戦は、まったくあてになりませんが。
当時ブログに書いた様に、前回の試合は本当に楽しくて面白い試合だった。
今節も、どんな試合になるか。
酔っ払いにはまったく分かりませんが。
楽しくて面白い試合になる事は間違い無いと思います。


お互いに、昇格を目指した最後の局面。
お互いに、負ければ目の前の目標を失うであろう可能性の高い試合。


最高のシチュエーションでしょう。
我々は、勝って他の結果を待つしかありませんが。
名古屋もある意味同じでしょう。


最高に痺れる決戦。
現地参戦出来ない事が、本当に悔しい試合です!





ここまで名古屋の事を語ってきましたが。
ここからはジェフの話を。


ジェフの注目ポイントは二つ。
どのシステム・フォーメーションを選択するか。
そして誰がピッチに立つか。




まずは、“誰がピッチに立つか”って話から。



今節名古屋戦では、二人の選手がピッチに立つ事が出来ません。
矢田と乾の二人です。



矢田は今季途中から、名古屋からのレンタル移籍中です。
契約上、レンタル元のクラブとの公式戦には出場出来ません。


加入早々からインサイドハーフとして。
ここ5試合はボランチとして。
常に試合開始からピッチに立ってきた矢田。


技術とセンスに優れ。
走り戦う事も出来る、エスナイデルジェフにとってとても重要な選手です。


熊谷が復帰しましたが、矢田の欠場は正直影響が大きいと思います。
ダブルボランチの“4-4-1-1”ならば、熊谷が代わって出場と妄想します。
二人のタイプやプレーは違いますが、勇人と組んで中盤の底で。
同等以上のプレーを見せてくれると思います。
しかし“アンカー置いた4-3-3”の場合は、誰が也真人とインサイドハーフで組むのか。


ダブルボランチにする前は。
長らくインサイドハーフの2枚は、矢田と也真人でした。


“トップ下”としてプレーし、能力全開の船山ですが。
インサイドハーフは、広いエリアを走り中盤の選手としての役割も求められる。
前節町田戦でも、“4-3-3”の時間帯は也真人と船山のポジション入れ替えましたし。
これまでインサイドハーフとしてプレーした壱晟やアランダやサリーナスは。
ここ最近、まったくピッチに立っていません。
熊谷も“アンカー”としてのプレーが長いので。
改めてインサイドハーフでは使い難いかなと。


次の項で語る予定の“システム・フォーメーション”ですが。
インサイドハーフとして、也真人と組める“試合感”のある選手が現状なかなかいないので。
ダブルボランチでいくかなと、勝手に妄想しています。



前節負傷交代した左SB乾。
怪我の詳細は分かりませんが、一週間で試合に復帰出来る怪我では無いと思っています。


乾は今季途中から、左SBのポジションを死守してきました。
懐深いボールキープで、簡単にはボールを失わず。
左サイドでプレーする功暉や為田、そして矢田とよい関係を作り。
左の“槍”としてプレー。
高さを活かして、GKからのロングボールの受け手として。
セットプレー時の攻守の“ポイント”として。
長い事左SBとしてプレー。


今のジェフには。
“左利き”でサイドでディフェンシブなプレーを出来る選手がいない。
乾不在は、ある意味矢田よりも深刻な課題かもしれません。


前節町田戦では、ボムヨンが左SBにスライドしましたが。
ボムヨンがいないCBが、返って課題になってしまいました。


後方から、速くて強くて正確なロングボールの蹴れるボムヨンは。
本来はサイドの選手と思いますが。
近藤との関係含め、エスナイデルジェフでは“重要なCB”の選手。
4バックであるならば、現状は近藤のベストパートナーはボムヨンと思います。


ここまで左でプレーした選手は。
サリーナスは、4バックのSBとしてはほぼプレーしていないので。
いきなり抜擢はないかなと。
比嘉は、左SBとしてプレーしてきましたが。
正直な感想は、右SBでプレーするべき。
右でのプレーはよかったですから。
左サイドで右足に持ち代えるプレーが多いのは、強い相手にはちょっと厳しい。


そう考えると、誰が左SBでプレー出来るのか。
なかなか難しい問題です。
3バックって選択肢も、もしかしたらあるかもしれないですね。




システム・フォーメーションについて。



前の項で少し書きましたが。
私は連勝中の“4-4-1-1”と妄想。


中盤でのバランス。
船山が一番活きるポジションでプレー出来る事(トップ下)。
1トップラリベイの近くでプレー出来る選手が常にいる事。


5連勝のベースですし。
今チームはこの形で、自信を持って前向きにプレー出来ている。


矢田と乾は不在ですが。
敢えて今変える必要は無いのかなと。
勝手に妄想しています。



しかし風間さんに率いられる名古屋は。
ジェフを細かく分析し、ジェフのウィークポイントを突いてくる様なチームではないのかなと。
であるならば、“アンカー置いた4-3-3”で。
“ハイプレス・ハイライン”でがっちり組み合うのも。
名古屋にとっては嫌な事なのかなと。



もう一つ。
“本職”の左SB不在という事で。
“3バック”って可能性も、もしかしたらあるかもしれません。
前回の対戦は、ジェフ3バックでしたし。





今日はちょっと疲れてしまったので。
妄想フォーメーション貼って終わりにします。



まずは私の一番の妄想“4-4-1-1”。




矢田のポジションは熊谷。
左SBは経験のある比嘉か、北爪を左にするか。



次に、アンカー置いた“4-3-3”。




現実的にはこっちかな、とも思います。
アンカーに熊谷、インサイドハーフの也真人の相方は壱晟。
そう妄想しました。



3バックは、試合中に使っても。
スタートからの可能性は低いと思うので。
今日は割愛します!





長々語ってきましたが。
ジェフにとっても名古屋にとっても。
とても重要な試合になりました。


お互いに負ければ、目の前の目標が遠ざかる。
本当に重要な一戦です。



エスナイデルさんがコメントしていましたが。
どちらが勝つかは別にして。
とても楽しく面白い試合になると期待しています。


私は仕事抜けてDAZN参戦です。
現地に参戦したい試合でしたが、仕事ですからしょうがない。


ただの“J2の1試合”ではないと。
本当に思います。


どっちが勝っても。
世間に大いに広めたい試合です!


もちろん勝つのはジェフですが。
footballとJリーグを、心の底から楽しみたい一戦です!



今日はこの辺でお仕舞いにします!





今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。



ホームページ作りました。

犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)

こちらもぜひ宜しくお願いします!





町田戦、本当にたくさんポチっといただいて。
本当に感謝しています!
本当にありがとうございます!
今日も是非ポチっとご協力お願いします!

ジェフユナイテッド千葉ランキング
 





今日の一言「どアウェーでも、勝つのは俺達ジェフ!」 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

酔っ払った犬(♂)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。