酔っ払った犬(♂)のちょっと長い呟き

ジェフの試合観戦記等ジェフネタをアップする予定。
その他日々の雑ネタをズラズラ書きます。
基本的に自己満足日記です。
twitter 酔っ払った犬(♂)@jefunitedforce
HP 犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)


テーマ:
ジェフは5試合勝ち無しから、6試合振りの勝利!
やっと勝てました。
今日も勝手に振り返ります!





2017J2リーグ第33節
フクダ電子アリーナ 9/16 18:00kickoff





ジェフユナイテッド千葉 2 ー 1 水戸ホーリーホック
         (前半 1 ー 0)
         (後半 1 ー 1)





スタメン・選手交代

GK ルイス・オヘーダ
DF 乾 貴哉
DF キム・ボムヨン
DF 近藤 直也
DF 溝渕 雄志
MF 熊谷 アンドリュー(70分 → 多々良 敦斗)
MF 矢田 旭
MF 町田 也真人
FW 為田 大貴
FW ラリベイ(75分 → 指宿 洋史)
FW 清武 功暉(81分 → 大久保 裕樹)



ベンチメンバー

GK 佐藤 優也
DF 多々良 敦斗(70分 ← 熊谷 アンドリュー)
DF 大久保 裕樹(81分 ← 清武 功暉)
MF 高橋 壱晟
MF 林 一輝
FW 船山 貴之
FW 指宿 洋史(75分 ← ラリベイ)



得点

42分 矢田 旭①
50分 為田 大貴①



警告/退場

26分 為田 大貴 警告①



スタメン・フォーメーション




スタッツ

シュート:22-10
GK:6-7
CK:11-6
直接FK:12-14
間接FK:1-3
オフサイド:1-3
PK:0-0



第33節時点
J2リーグ 11位
勝ち点 47
得点 51
失点 49
得失点差 +2
完封試合 8



勝ち①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬
分け①②③④⑤⑥⑦⑧
負け①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫



今季得点

ラリベイ①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬
清武 功暉①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪
船山 貴之①②③④
町田 也真人①②③④
指宿 洋史①②③
高橋 壱晟①②
山本 真希①②
近藤 直也①②
乾 貴哉①②
アランダ①②
キム・ボムヨン①②
西野 貴治①
大久保 裕樹①
矢田 旭①
為田 大貴①



今季警告(累積警告)/退場

佐藤 勇人 警告④(退場②)
若狭 大志 警告②(退場①)
大久保 裕樹 警告②(退場①)
熊谷 アンドリュー警告⑧(③)
乾 貴哉 警告⑤(累積①)
清武 功暉 警告⑤(累積①)
町田 也真人 警告④(累積①)
ラリベイ 警告④(累積①)
近藤 直也 警告④(次節累積)
多々良 敦斗 警告③
佐藤 優也 警告③
船山 貴之 警告②
アランダ 警告②
羽生 直剛 警告①
イ・ジュヨン 警告①
西野 貴治 警告①
ホルヘ・サリーナス 警告①
キム・ボムヨン 警告①
岡野 洵 警告①
高橋 壱晟 警告①
為田 大貴 警告①





6試合振りの勝利です!
しかもこの試合の2ゴールは。
夏に移籍加入した矢田と為田の“ジェフ初ゴール”です!



ここ最近、最下位群馬に負けたり。
“ホーム”フクアリの無敗記録が止まってしまったり。
なかなか厳しい試合が続きましたが。
ようやく勝つ事が出来ました!


もちろん完璧な試合ではなかったです。
もっとゴールを決められた場面があった反面。
水戸に救われた場面もありました。


冷静な目で評価する必要はありますが。
勝った試合くらい、純粋に喜んで楽しみたい。
それが私の正直な気持ちです。



色々な意見や考え方があると思いますが。
私にとっては。
ジェフは残り9試合、最後まで上を目指して戦えると感じましたし。
希望の持てる90分でした。


今日も勝手に振り返りますよ!





まずは今日もメンバーから。
エスナイデルさん、少しいじってきました。



スタメンの変更は。
為田が左WGに入って、功暉が右WGに移動。
船山はベンチへ。


近藤と熊谷は、出場停止からスタメン復帰。
右SBが真希から溝渕に。


スタメンとベンチの18人で考えると。
ベンチからは出場停止の勇人と。
若狭・真希・比嘉の4人が外れ。
出場停止明けの近藤・熊谷と、溝渕が復帰。
先週“2種登録”が発表されたばかりのU18林一輝君がベンチ入り。


林君のいきなりのベンチ入りは驚きました。
先日“U19日本代表”に選ばれ、すでにジェフで公式戦デビューしている古川大悟君もいますし。
育成年代まで含め、ジェフは変わろうとしている印象です。


かつての工藤浩平の様な、本物の才能が。
下からどんどん上がってくる事を、強く期待しています。


今ジェフのスクールに通うお兄ちゃんが。
いつかジェフのトップチームでプレーしてくれたら。
勝手に妄想する親バカです!





今日はまず水戸の話から。




予想通り“4-4-2”の水戸。
2トップがやたらと走り回って、ジェフのディフェンスラインにプレッシャー掛けてきました。


はっきりと言ってしまうと。
水戸の2トップは、チームで“連動”してプレスにこない。
単発でプレッシャー掛けてくる。
そういう印象でしたが。
水戸FW前田は、スピードと迫力があって。
身体も強そうですし。
試合序盤は、ちょっと苦労した印象でした。



水戸は後方できっちり守って。
タテに速く2トップにボールを当ててくる。


お互いに前線からプレッシャーを掛けるチーム同士。
お互いに、後方からのロングボールが多い展開。


水戸はそれを見越したのか。
“セカンドボール争い”を意識したのか。
ディフェンスラインも高く。
中盤を厚くしている印象でした。


“堅守速攻”タイプのfootballを目指していると思うのですが。
ジェフ相手に引いて構えず、中盤でも細かくボールを動かしてきました。



ジェフとしては、やりやすい展開だったと思います。
きっちり守って、というfootballを目指すのに。
引いて構えず、ボールを持つとチーム全体で前に出てくる。
2トップから厳しくプレッシャー掛けてきますが。
中盤から後ろは、2トップにはあんまり連動していない。
セカンドボール争いの為に。
ディフェンスラインを高めにし、中盤を厚くしてくる。
その中盤で、細かくボールを動かしてくる。


ジェフには、正確なロングボールを蹴れるGKオヘーダとCB近藤・ボムヨンがいるし。
多少ラフなボールでも、ほぼ確実に収める事が出来るCFラリベイがいるし。
スペースがあって前を向いてボールを受ければ、無双出来る為田がいる。
中盤を広範囲に走り回り、攻守にチームの“心臓”である也真人と矢田の2枚のインサイドハーフもいる。


この試合も“4-3-3”だったジェフですが。
両WGが少しポジションを下げ。
無理して最前線からプレスにいかず。


プレスのポイントを若干下げ。
中盤でのセカンドボール争いに備えながら。
為田だけではなく、也真人や矢田も。
水戸ディフェンスラインの裏のスペースを狙っていた。



最近“自分達のサッカー”という言葉が。
悪い意味で、一人歩きしてしまっていると思います。


エスナイデルジェフを否定する方からは。
“自分達のサッカー”って言うだけで、相手を見ていない。
そういう意見を、常々よく見ますが。
相手をきちんと見れているからこその。
水戸戦のメンバーと戦い方だったと思います。


私は、エスナイデルジェフは。
相手をよく見て分析・対策していると思っています。
その上で、“自分達のサッカー”で相手を圧倒する事を考えている。


もちろんまだまだチームが未熟な所がありますから。
“分析・対策”した事がきっちり機能しない。
“意図”があっても、それを実践出来ない。
相手によって、自分達のやりたい事が出来ない。
そういう試合があるのだと思っています。



例えば、サイドからボールを動かそうとするジェフに対して。
水戸は、SBが高いポジションを維持して。
そこを起点にボールを動かそうとしてきた。
特に、元ジェフの佐藤祥のいる左サイドで(ジェフから見て右)。


サイドからボールを動かそうとするジェフに対して。
逆にサイドで主導権を握り、ジェフを押し下げ攻撃を無効化しようとしてきた。


そこに、ディフェンス面ではまだまだ頼りないですが。
スペースがあって、前を向いてボールを受ければ。
ジェフの中だけではなく、J2の中でも“トップクラス”と言えるかもしれない為田を左WGに配置。
右SBには、タテへのスピードや走力に長けた溝渕を配置。


為田はボールを受けると。
躊躇無くサイドや中にドリブルで仕掛け。
溝渕は、右WG功暉やインサイドハーフの也真人を何度も追い越し。
サイドでタテに仕掛けて。
水戸のディフェンスラインの裏を突く、切り込み隊長の如くプレー。
全体が高いポジションの水戸は、このジェフの攻撃に対して。
完全に後追いというか、後手を踏んでいました。


水戸が、引いて構えてカウンターって戦い方だったら。
違う選手をエスナイデルさんは選んだと思います。


相手を分析・対策した上で、“自分達のfootball”で相手を圧倒する。
それこそエスナイデルジェフの目指す“football”だと思っていますし。
それが上手くハマった試合だったと思います。




それが上手く“ハマらない”試合。
ここまで、多々ありました。
それがJ2で現状“11位”という結果だと思います。



私は、その大きな要因は。
“メンタルの弱さ”、これと思っています。


勝利・昇格を常に求められる精神的な重圧に負けてしまったり。
相手の厳しいプレーやプレッシャーを受けて。
ボールを失うのが怖い、負けたくないといった感情に押し潰されてしまったり。


水戸戦でも、相手2トップの厳しいプレッシャーにミスが出て。
試合開始早々、CKを奪われてしまいました。
今までのジェフだったら、あれで焦ってしまって。
自分達のプレーが出来なかったかもしれない。


しかし水戸戦では、試合序盤こそ水戸の厳しいプレー・プレッシャーに苦労しましたが。
徐々に自分達のやりたいプレーが出来た。



5試合勝てていない事とか。
この試合に負ければ、いよいよ昇格が厳しくなってしまう事とか。
そういった事が、チームに“強い危機感”を与えたのか。
それとも、チームが一歩づつでも成長出来ているからか。
ジェフは、厳しい状況に置かれながら。
厳しいプレー・プレッシャーでジェフを圧倒してやろうと向かってくる水戸相手に。
前半から決定的なチャンスをいくつか作れ。
前半42分に、為田のクロスを矢田が決めて先制します。



ハーフタイムを挟んだ後半。
先制され、より全体で前に出ようとする水戸相手に。
50分、為田が中にドリブルで仕掛け追加点。


相手のプレッシャーに打ち勝ち、前半をリードして終えられた事で。
ジェフとしては、苦労しながらも理想的な展開で試合を進められた。


もちろん課題はまだまだ散見されました。
そもそも、確実にゴールを決めていれば。
前半で決着を付けられる試合でもありました。



致命的なミスから、あっさり水戸の前田に1点返され。
水戸の圧力に晒されたジェフですが。
多々良を熊谷に代えアンカーに配置。
終盤には功暉に代え大久保ピッチに。
為田とラリベイに代わった指宿を2トップに配した“3-5-2”へ。


ピンチもありましたが。
終盤はジェフが引く事で、水戸は前にまったくボールを展開出来ず。
スコアはそのまま動かずジェフが勝利。



試合の“締め方”には。
更に大きな課題を感じました。


水戸は試合終盤になると。
カウンターくらいしか攻め手が無かった。
ジェフが追加点を狙う事自体は、私はいい事と思いますが。
リスクに対する認識が、選手によって違っていたと思います。
時計の針を進めて、無難に終えたい時間帯に。
負うべきでないリスクのあるプレーを選択する。
周りと合わないのは当然と思いますし。
その辺の意思や意図の共有は。
急ぎ改善するべき課題と感じます。
つまらないミスで勝ち点落とせる状況ではありませんから。



まあ、まだまだ課題はありますが。
ジェフはいい試合して勝てたと思います。


試合終盤に走れていたのは。
ジェフの選手だったと思いますし。
試合終了の瞬間、水戸の多くの選手が腰を落としたのに対して。
多くのジェフの選手は、普通にしていました。


“メンタル面”の改善の歩みは遅いですが。
“フィジカル面”の改善は、はっきりと見て分かるレベルに。


“技術”や“戦術”を伸ばせる指導者は多くいると思いますが。
“メンタル”と“フィジカル”改善を合わせて出来る指導者は、そう多くないと考えています。


ここまでのエスナイデルジェフの歩みは。
結果だけ見れば、なかなか“満足”とは言いづらいかもしれません。
私は、大いに評価していますし。
来季以降まで含め、大いに期待しています!





まだまだ語りたい事があるのですが。
今日はこの辺で終わりにします。


次節アウェー長崎戦は。
試合自体には、DAZNでリアルタイム参戦出来るのですが。
週末家族でキャンプに行くので。
プレビュー・観戦記どちらも、ブログ書く時間がありません。
なので、お休みします。


長崎戦のブログお休みするので。
より語っておきたい事があるのですが。
今日も子供と全力で遊んで、心身共にそこまでの余裕がありません。


今夜は諦めて、ここで終わりにします。



まあ、勝った試合ですから。
しかも6試合振りの勝利ですから。
素直に喜ぼうぜ!
ジェフとfootball・Jリーグを。
もっともっと楽しみましょうよ!





今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。



HP作りました。
犬小屋(酔っ払った犬(♂)のお家)
こちらも是非宜しくお願いします!



最近パッとしない文章が多いですが。
今日も是非ポチっとご協力お願いします!

ジェフユナイテッド千葉ランキング






今日の一言「目の前の試合に勝つ事に集中して、その結果10連勝出来れば最高ですね!」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

酔っ払った犬(♂)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。