来年度武夷山種親購入!

テーマ:
来年度の武夷山ブリードをどうするかなー

っとずーっと考えていました。

案としては、

・武夷山裏年と位置付け、他の血統ものホペイをメインにする。

・二年連続再来を主に昨年幼虫購入し羽化した♀と掛けて軸にする。





うーん、どちらも魅力はありますが、刺激が得られるようなパンチが足りません(笑)





そこで昨日、
改めてJ師匠宅を訪問してきました。

今年は7月ぐらいにも一度訪問し14年羽化の武夷山を見せてもらっています。

ブリードは、越冬させるところから始まっていると思っているので、このタイミングで行ってきました。





いつものように早速ドンドン、ドーンと成虫のケースが目の前に並べられます。


約50頭ほどでしょうか、至福の瞬間です(^_^)



一通り全部見させていただき、今年は迷うことなく最初の一頭は一巡目で決まりました。


それがこの個体です。



サイズは77upで頭幅、顎幅に目を引きつけられました。
兄弟も同じような雰囲気でした。




次にもう一頭。



76upで顎外のラインのキレと顎先の内側への切れ込みが特徴的な個体です。


♀については色んな系統のを4頭選ばせていただきました。



やはり再来頼りではブリードが先細るため、

形も血もバリエーションを保ちたいと思い、2♂4♀購入させていただきました。




裾野が広がり、理想の個体を追求していく楽しみが増えました。




来年のことが今からワクワクします(*^o^*)