尋常ならぬ娘のオタクな映画日記

  ~jeanpaul-cinemaの映画と伊藤英明をこよなく愛するブログ~


テーマ:

今月も今日で最後。




残すところ今年もあと一か月となっちゃいますね






ということで




11月の劇場鑑賞作品のランキングです






No.1は






もちろん



  「悪の教典」でございます






すいません。。。




今月はもう仕方ないです~




英明主演の「悪の教典」がどうしても1位ですわ~(笑)






でも




ただ単に伊藤英明が出ていたからというわけではありません






この作品のインパクトとか存在感




伊藤英明の今までにないサイコパスな怪演




作品の見ごたえから言って




この作品が1位でした










No.2






  「人生の特等席」






この作品は静かにですが




心に気持ちいい風を吹かしてくれた作品で




第2位です








第3位は






  「アルゴ」






2位と悩むところですが。。。




「人生の特等席」の方が個人的に好きだったということで




「アルゴ」が3位ですが






でも




この「アルゴ」もすごかったです




だってこれが実話なんだもんなぁ。










No.4






 「ロックアウト」






普通に面白かったですが




内容がそんなに深いものではないので




まぁ上位3作品には及びませんね。。。








No.5






 「その夜の侍」






ん~。。。




出演者さんたちの演技はみな素晴らしくて




その点ではかなり見ごたえありましたし




内容も深い感じでしたが




観ていて気持ちがどんよりするというか。。。




そして理解に時間がかかるという点で




今月の中では最下位かな。。。










明日から12月




今年映画見納めの月となりますねぇ








読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

  「ロックアウト」




リュック・ベッソンが製作を務めるSFアクション最新作。



主演はガイ・ピアース。



近未来、


冷凍睡眠によって囚人たちを管理している宇宙刑務所で


囚人たちの暴動が発生。


そこに調査で行っていた大統領の娘が巻き込まれ人質にされてしまう。


そこで救出作戦に駆り出されたのが


元CIAエージェントのスノー(ガイ・ピアース)だった。


彼は500人の囚人が暴れる刑務所へたった一人で乗り込むことに。




ということで。。。



まぁ、ほんとに普通~のSFアクションなので


ザ・娯楽!!


といった感じの映画ですね。



なので


観て退屈することもないし


楽しめます。



でも、


そんなに心に残ることもない


ほんとに“娯楽!!”作品です。




でも、


この主人公スノーが元CIAのエージェントで


機密漏えいの罪で収監されることが決まっていたのだけれど、


その無実の罪を晴らせる友人がこの宇宙刑務所にいるということで


この友人を探す目的でスノーは大統領の娘を救出しに行くことを決意する。


スノーの無実は晴らせるのか?という点でもけっこう楽しめたし、


大統領の娘を救出している戦いの中でも


けっこうハラハラするところもあったし


深みはない映画だけれどもけっこう楽しめたと思います。




何も考えずに楽しむにはオススメかな?


でも、


オススメするにはちょっと心配なのは


途中退場したおじさんが一人いたことですね(;´▽`A``


私的には面白かったですけど。




というのも


私はガイ・ピアースが好きですからねぇ。。。


他の人より少し多めに楽しめたのかもしれませぬな。。。




なにより嬉しいのは


「メメント」「タイムマシン」など以降、


あまり姿を見なくなっていたけれど


最近けっこう出演作が増えてきて


今回の「ロックアウト」で完全復活☆っ感じで


アクションものの主役を見れたことです。



来年には「アイアンマン3」にも出演です!



今回の「ロックアウト」は少々キャラを作りすぎ!?


という感じもなくはなかったですが。。。




でも






結局。。。



この猿っぽい口元&頬が大好きで。。。




 戦うガイはステキだったのであります♪







読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

私には今、大好きなCMがあります






それは




ソニーのブルーレイのCM






 コレです






山下真司さんには



今、好きな人がいるらしいです(笑)





それはローラちゃん














私にもいるいる~



す・き・な・ひ・と



それはもちろん






 





英明ぃぃぃぃぃ









なので



テレビから



山下真司さんの声で







「俺は今、好きな人がいる!」





と聞こえてくると





「私もいるいる~アップ





とついつい賛同したくなるんですよね~




さらに





「こいつにローラと登録すると



こいつにローラがどんどん録画されて、



こいつでローラだけがどんどんみられるんだ!



こいつで好きな人、追いかけてみないか!?」





って真司さん







「うんうん追いかけてるよ~



追いかけたくってソニーのブルーレイ買ったよ~



そして大活躍してるよ~



“伊藤英明”検索





とついつい返事をしたくなる。。。







でも、



新しいブルーレイはもっと進化しているようで。。。







真司さん曰く





「ローラ、こいつはな、ジャンプできるんだ!



録画した番組のローラのシーンだけにすぐジャンプできるんだ!



つまりローラにジャンプ!」







までできるらしい









こりゃ、次回もブルーレイはソニーをチョ~イスだな





そして





「録画した番組の英明のシーンだけにすぐジャンプするんだ!




つまり英明にジャンプ!!」 











はぁ。。。









英明にジャンプした~~~~~い(笑)









読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日、自分の部屋でまったりしていると。。。



母が階段を上がってきながら私に呼びかけてきた階段




「ほら~。


き○た○ トマト トマト!」



母から娘になんという単語を口にしているんだ・・・・・フッ


と思いつつ。。。



私も嫌いではないため(笑)



「どれ~??」


と応答(笑)




母の手に乗っていたのは。。。



尋常ならぬ娘のオタクな映画日記  ← このトマトびっくり




Σ゜□゜ ほんとに き●た● トマト じゃん驚き みたいな(笑)




一つの蔕に二つがキレイにくっついてるんですよrabbit:OO!! 





写真撮らんでいいと!?



撮る!!撮る~!!





カメラを取り出しカメラ




母と娘、2人で、


マジマジこのトマトを眺めながら。。。




尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   上から。。。





尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   下から。。。





尋常ならぬ娘のオタクな映画日記   横から。。。




写真を撮る前に



私が無言でトマトの角度を一通り変えて見てみると




私は何も言わず、


ただ角度を変えただけなのに。。。




も~( ´艸`)


あんたも好きやねぇぷぷッ(笑)




って。。。




ま、確かにぴかっ!


故意的に悪スマ


いかにそれらしく見える角度はどれか??


って考えながら回転させてたけどね~ん(笑)





2人とも無言なのに。。。


こんなことで通じ合ってしまうところが恐ろしい我が親子なのでしたsao☆(笑)





この後。。。


無残にも切り刻まれたトマトくんは


サラダにて美味しく頂かれましたとさウマッm





って嫁入り前の娘がこんなことをぉぉぉガーン


ますます伊藤くんにとってもキモい度があがってしまうわ~aya(笑)




お下品なネタでごめんなさいでしたごあいさつ




読者登録してね









いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「バッド・ティーチャー」



キャメロン・ディアス主演のラブコメ。



玉の輿婚のためなら手段を選ばない教師エリザベス(キャメロン・ディアス)が


同僚の教師スコット(ジャスティン・ティンバーレイク)を


自分のものにしようと奮闘する物語。



キャメロンとジャスティンは以前プライベートで交際をしていたこともあって


そんな2人の共演が話題になった作品でもあった。



このキャメロン演じる女教師エリザベスは


タイトル通り


本当に“バッド・ティーチャー”である。



その自分の幸せのためには手段を選ばないとして使う


あの手この手が


本当に救いようがない


コメディレベルの悪さではないので


ちょっと度が過ぎていて


そのあり得ない感が


かえって興ざめな感じで面白くない。



やってることがかなり悪いことなので


このエリザベスにも共感できず


普通のラブコメだと


自分の夢を叶えるために手段を選ばないといっても


かわいげのある手段を使うので


主人公を応援したくなるし


主人公がこういうことするけど


ほんとはいい奴なんだよね!と思えるんだけど


このエリザベスに関しては


ほんとはいい奴なんだろうけど、それにしてもね。って感じで


あまり主人公の恋愛模様に共感できなかった。



で、


最後にたどりつく恋の行方も


主人公の気持ちの変化にそれほどの説得力がなかったため


通常のラブコメを観た後のハッピー気分は


残念ながら味わえなかった。。。




ということで


キャメロン・ディアスの相変わらずなCUTEな感じを味わうにはいいが



ラブコメとしてはオススメできない一本でした。





読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

   「アルゴ」



公開時に観ずに後悔していた作品(笑)


公開した時にいい時間がなく、


もういっかと一度は見送ったのですが


やっぱり観ればよかったなぁとずっと後悔していた「アルゴ」


上映も30日で終了というところ


いい時間があったので


今年に後悔を一つでも多く残さないよう行ってまいりました~!




「ザ・タウン」監督で高い評価を得たベン・アフレックが


今回もこの「アルゴ」でさらに高い評価を得ていますね。




物語は1979年に実際にテヘランで起きた


アメリカ大使館人質事件と、CIAによる人質救出作戦の全貌を描いている。




ものすごくハラハラドキドキすると評判だったこの映画。


あまりにみんながハラハラドキドキって言うもんだから


始めっからグイグイ引っ張られるんだろうと


期待に期待をしていった。


そして内容がちょっと難しそうであるものの


誰もが面白いっていうからわかりやすいのだろうと


めっちゃ気を抜いてかまえていたところ。。。



映画のめっちゃ導入部分の説明のところで


ちょっと置いて行かれそうになってしまい( ̄□ ̄;)!!


焦りつつもなんとか追いつき(笑)


しかし前半、


そっこまでハラハラしないぜ。とか思ってましたが


後半!!!


めっちゃハラハラドキドキしました~~~~~((>д<))




面白かったです!!!




映画としてもスリルがあって面白かったんですが


これが実話であるというのは本当にすごいことだなぁと


映画を観ながらしみじみ思ってしまいましたね。



助ける手段がこれしかないと言ったものの、


この手段を決行するという命がけの選択。




ベン・アフレック演じたメンデスさんは自分の命を懸けて人質を救出した。


この彼のとった行動は本当にすごいなと思いました。



また


彼だけではなく、


この計画に参加した周りの人たちの連携プレーの素晴らしさ。


人っていうのはすごいな。


信頼し合って、想い合って、協力して


共に力を出すっていうことの素晴らしさ、


その力の凄さ、美しさというのを感じました。




映画を通して実際の事件のことをこれほどグッと感じられるというのは


やはり映画の作り方がうまいんだろうなと感じました。



実話を基にした映画は数多くあって


これ、実話なんだ~。凄いな。とか恐いな~。とか


思うことは多々ありますが


ここまで実在の人たちのことをリアルに想像し、感じ、


そして心底感心したりという映画はあまりなかったように思いました。



観てよかったなと思った一本でした。




最後に余談ですが


今回のベン・アフレック、今までとちょっと雰囲気変ってかっこよかったです。




読者登録してね






いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「人生の特等席」



クリント・イーストウッド主演の最新作。


最近では監督作が多い彼だが


今回は監督ではなく主演である。



クリント・イーストウッド演じるガスは


長年メジャーリーグの凄腕スカウトマンとして生きてきた。


しかし最近は年を取ったせいで体に不調が現れ


目の調子が悪く、もしかしたら失明してしまうかもしれないという状況。


そんな年を取ってきたガスを職場の若者たちは


引退に追いやろうとしていた。


そんな中、彼は病院に行くことも拒み


最後のスカウトの旅に出る。


そんな父親を心配し、一緒に旅に出ることを決めたのは


ずっとガスとの間にわだかまりを感じていた


一人娘のミッキーだった。



という


父と娘の物語である。




いや~。


やっぱりクリント・イーストウッドはいいですね。


御年82歳ですが


本当に素敵な年の取り方をしているといっては失礼ですが。。。


「グラン・トリノ」の時のように


今回も頑固なオヤジを演じていますが


本当に味のある演技で


彼の存在だけで観る価値はある映画のように思います。




ストーリーは


ありきたりといえばありきたりです。


先は読めるし、


予想外の展開もありません。



でも、


すごくいい話で


けっこうジ~ンとくるシーンがいくつもありました。



父と娘。


昔からどうもうまくいかずわだかまりを抱えているにも関わらず


やはりお互いが本当はすごく思いやっていて、


反発しあうのだけれど


実はそっくりで。。。


そういう親子関係というものがとてもいい感じで心に響いてきました。



また


娘ミッキーの人生を通して


自分も一緒に前向きになれるそんな気がした映画でもありました。



そして


意外なことに恋愛映画の要素もけっこう濃いかったです。




ということで


ストーリー自体はありきたりかもしれませんが


観た後になんだか元気が出る


私はこういう映画大好きです。





読者登録してね


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「私が、生きる肌」



ついに観てしまいました!!!


観たくて観たくて仕方なかった「私が、生きる肌」!!!



ペドロ・アルモドバル監督作というと


なぜか絶対に観たくなる。



しかし、


観てみると、そこまで好きではなかったということもある。



でも!


新作が出ると、また絶対観たくなる。



そんなアルモドバル監督の作品。



今回は期待を裏切られることなく


最高の衝撃を与えてくれた作品だった。



彼の監督作の中で一番好きかもしれない。




アントニオ・バンデラス演じる天才医師ロベルは


愛する妻を失った。


そこで彼は研究に研究を重ね


完璧な肌を開発し、妻そっくりの女性を作り上げるのだった。




予告で語られるセリフ


“誰が死んだ妻の代わりとなったのか?”



というのが


まさに衝撃であり



その衝撃と


その衝撃に至る過程に散りばめられる衝撃の数々に


圧倒された。



非常によくできたサスペンスである。



真実が明かされそうになっても


まさかね?まさかね?


とその真実を信じられないという衝撃。



実に面白かった。



衝撃をより大きく味わってもらうため


詳しいことは何も語れないのが残念だが


これは人間の感情においても


非常に複雑かつ深い物語だなと思い、


人間の心理というものに深く興味を持てる映画だった。




また


衣装を私が崇拝するデザイナー


ジャン=ポール・ゴルチエが担当しているため


その点をチェックするのも非常に楽しかった。




とにかく


非常に満足できた作品でした。




読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年は相性の悪かった映画がいくつかありまして。。。



先日ご紹介した「ジョン・カーター」や「バトルシップ」などえー




それで思い出したんですけど


私には相性の悪い俳優さんがいましたぴかっ!




それは。。。



 アル・パチーノ sao☆




超シブいきらきら!!アル・パチーノきらきら!!



好きなんですよビックリ



でも。。。



相性が悪いんです。。。がーん




劇場に足を運ぶも。。。




「インサイダー」 → 爆睡・・・



「インソムニア」 → 肝心なとこほぼ意識不明・・・



「ヴェニスの商人」 → がんばるも意識不明・・・




劇場に行くも


ほぼ完全に観れたことがないのであります。。。冷




どれも興味津々で観に行ったんだけどなぁ・悪スマ



みなさんはそんな相性悪い俳優さんとかいますか??





読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近恒例になってきたはてな5!


私の“英明ブログ”ハート




この“英明ブログ”を書いていて


いつも思うことがある。。。




それは


もし本物の英明が偶然にもこの“英明ブログ”を見てしまったら。。。


ということ。




そのもし。。。


が現実のものになってしまったなら。。。




私は。。。


英明にとって。。。


きっと。。。




世界一キモい女 えーびっくり




になってしまうことでしょうなぁ汗 ←って顔怖いし(笑)





でも


語らずにはいられない英明への愛ハート(笑)





ということで


英明ブログはまだまだ続く~ダッシュ




読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。