センセーショナルなフランスのわさびピー | フランス人の彼との結婚までの道のりとその後のふたり
新型コロナウイルスに関する情報について

フランス人の彼との結婚までの道のりとその後のふたり

1年間の遠距離恋愛の末、婚約。
2012年11月に日本で結婚し、2013年2月からはフランス生活がスタート。

国際結婚手続きと、フランス生活やフランス語の学習記録。
旅の思い出も時々織り交ぜて。
フランスの庶民の暮らしをお届けします!

近所のスーパーでも買える日本食材風のブランドに、楽しいと書いてTanoshiというのがあります。

 

見た目が怪しい感じなんですが、フランスのオーガニック食品のブランドと同じグループなので、あまり変な材料は使っていなくて安心です。

 

Tanoshiはフランスのブランドと言いつつも、原産国は中国、韓国、タイだったりするのですが、わりと日本製が隠れているので、見つけた時は嬉しくなります。^^

 


 

今回の外出制限生活では、引きこもり生活を快適に過ごすために、これまで買ったことのない食品もいろいろ買ってみているのですが、今日も備蓄品の中から初めて買ったおつまみを選んで食べてみました。

 

 

 

 

CACAHUÈTE WASABI apéritif japonais
わさびピーナッツ、日本のおつまみ
 
100g入りで、2ユーロ前後です。
 
以前、PECOたんさんからわさびピーがおいしいと聞いていたので、買ってみました。^^
 
 
日本風なんですが、こちらは残念ながら中国製でした。。
 
(でも、うどんとか、みそ汁とか、ポン酢とか、日本製も多いんですよ。^^)
 
 
INGRÉDIENTS:
Cacahuètes 61%, amidon de maïs modifié, amidon de maïs, sucre, sauce soja (eau, fèves de soja, blé, sel), glucose, sel, algues Nori séchées, poudre de wasabi (wasabi 0.1%, graines de moutarde, maltodextrine de maïs), huile de soja, colorants: complexes cuivre-chlorophylles et cuivrechlorophyllines, curcumine.


原材料:
ピーナッツ61%、加工コーンスターチ、コーンスターチ、砂糖、醤油(水、大豆、小麦、塩)、ブドウ糖、塩、海苔、わさび粉末(わさび0.1%、マスタードシード、マルトデキストリン) トウモロコシ)、大豆油、着色剤:銅クロロフィルおよび銅錯体クロロフィリン、クルクミン。
 
 
 
こちらが中身です!
 
色が緑ではないところに、最初びっくりしました。
写真ではわかりにくいですけど、ちょっと茶色っぽい暗い感じです。
 
過激な色素で着色していない証拠かもしれませんね。^^
 
 
 
ちなみに、チューブ入りわさびでも軽く着色しているものは結構ありますね。
 
 
 
って言うか、わさびピーの「ピー」は、ピーナツの「ピー」じゃなくて、エンドウ豆のpeaなんでしょうか、、?

エンドウ豆は緑色だけど、ピーナツは茶色ですもんね。。
わさび味のおつまみは緑色って勝手に思い込んでいました、、^^

 

 

肝心の味ですが、色が茶色なので、どうせフランス人向けにほのかにワサビ風味なだけなんだろうと思っていたのですが、1粒食べたとたん、センセーショナルなワサビの刺激が鼻と脳に達しました!!

 

完全に想像を絶する味でした。^^

 

ピーナツがおいしいですけど、ほのかなワサビ風味どころかモロにワサビなのでびっくりしました。。

 

 

春になって、窓から穏やかな青空を眺めているとなんだか春眠暁を覚えずみたいにすごい眠いんですが、眠気が一気に覚めるような味わいです。

 

こんな味がフランスで普通に買えるとは感慨深いです。

 

スーさんにはちょっと刺激的すぎてたくさんは食べれないみたいですが、わたしには貴重な刺激物なので、またリピートしようと思います。眠気覚ましにも最適です☆

 

 

 

 

 

 

 

原材料

えんどう豆、でん粉、食用油脂、砂糖、小麦粉、水あめ、食塩、ぶどう糖、寒梅粉ミックス、配合調味料、塩蔵わさび粉末/香料、調味料(アミノ酸等)、環状オリゴ糖、膨脹剤、乳化剤、着色料(黄4、青1)、(一部に小麦・大豆を含む)

 

こちらのわさびピーは食べたことがないですが、わさびの刺激は地獄(459)級だそうです!

Tanoshiとどっちが辛いだろうと思うぐらい、Tanoshiも負けてないと思います。^^