今でこそ、スーパーやピカールのお買い得品は見逃さないわたしですが、フランスに来た当初は、特売品の買い方がよくわかりませんでした。。

 

2個買わないと割引にならないのに、1個しか選んでなかったということもありました。。

 

 

それで、特売品の見方について、思いつくものを書いてみようと思います。^^

 

 

 

こちらは、初級編です。
 
たとえば、こちらは普段は10個入りで3ユーロ前後のお菓子ですが、期間限定で2個増量して12個入りになり、値段も3ユーロしなくていつもより少し安かったと思います。
 
この増量分の表現は、gratuit(グラチュイ)という、無料という意味の言葉が使われています。
 
 
10 + 2 gâteaux gratuits  (お菓子2個分無料=増量)
 
300 g + 60 g gratuits = 360 g (60g分無料=増量)
 
という表現になっています。
 

 

 

レジの人が間違って増量前のほうの通常品としてのバーコードを読み込まないように、黒いシールが貼られています。

 

 

この増量という特価品は、よくわからずに買っても、買い方を間違うことはあまりないかもしれませんね。

 

 

 

さて、次は中級編です。^^

 

こちらは夏の広告だったのでちょっと季節外れですが、cora(コラ)というスーパーのものです。

 

 

①画像左側の黄色と黒色のラベルには、1+1 gratuit と書かれています。

 

「1本買うともう1本が無料でついてくる」という特価品です。

 

この場合は、1本分の値段で2本買えるというものですので、レジに行く時に2本持ってないと特価の意味がないので要注意です!

 

 

 

②画像右側の黄色と赤色のラベルで、一番上のものには、2ème bouteille à -50% と書かれています。

 

2èmeは英語でいうところの 2nd (second) で、deuxième (ドゥーズィエム)、2番目という意味です。

 

(昔、日本のドゥーズィエムクラスというブランドに憧れたものですが、お値段は上等なのに、なぜか2等席という意味だったのですね、、)

 

bouteille(ブテイ) は、英語でいうところのbottleで、ボトルという意味です。

 

なので、2ème bouteille à -50% は、1本目は定価で2本目が50%引き、という意味になります。

 

この場合も、レジには2本持って行かないと、特価の恩恵がありませんが、1+1 gratuit のほうが2本目は100%引きなのでお得感がありますね!^^

 

 

③画像右側の黄色と赤色のラベルで、真ん中のものには、2ème bouteille gratuite と書かれています。

 

これは、1本目は定価で2本目が無料ということなので、1+1 gratuit と全く同じ内容ですね!

 

 

 

では、この左側と右側のPULCOの飲料の特価品の違いは、と言うと、ボトルの形が異なるので飲料のシリーズの違いもあると思いますが、よく見ると、一方の特価の内容は変則的になっているのです。

 

 

画像左側のほうには  panachage possible という注釈が書かれています。

 

panachage(パナシャージュ)は英語でいうところの、mixという意味で、リストにある範囲内で別々の味の組み合わせで選んでもいいですよ、という意味になります。

 

 

この広告の場合は、タイトルに大きく書かれているのは citron 1 litre (レモン味 1リットル入り)ですが、その下に existe en citron, citron vert (panachage possible) と書かれているので、citron vert (シトロン・ヴェール。ライムの意味)も対象になり、レモン味2本か、ライム味2本か、レモン味とライム味1本ずつ、という組み合わせが可能になります。

 

 

このリストの中になければ、似たような商品がたとえ近くに陳列してあったとしても、特価の対象になりませんので要注意です!!

 

(急いでいる時とか、これには結構ひっかかてしまいました、、涙)

 

 

 

こちらは応用問題です。スーパーで買い物している気分で、どんな割引になるのか、見てみてください。^^

 

 

 

 

さて、こちらは上級編です。^^

 

なぜ上級なのかというと、特価の恩恵を受けるには、スーパーAuchan(オーション/オーシャン)の carte de magasin(カルトゥ・ドゥ・マガザン)、お店のポイントカードが必要なのです。

 

 

組み合わせの関係のない、単品での特価の時には、上記のように、existe aussi au même prix A ou B au choix と書かれていることもあります。

 

英語で書くとalso exists at the same price A or B at choice という感じで、写真にあるマーブル味の他にもAとBという味が同じ値段で特価になっていますよ、という意味になります。

 

 

この時も、特価対象ではない味が時々近くに陳列されていたりするので、種類を選ぶ時は商品名をよく見てくださいね!^^

 

 

 

わたしは食品関係のcarte de magasinは、スーパーのAuchanと冷凍食品のPicardの2枚を持っていますが、この使い方については、また今度書こうかなと思っています。^^

 

 

 

----------

 

ボンヌママン オレンジシナモン 225g

ところで、フランスから日本までの荷物の送料が高いので、フランスの味を送りたい時は、情緒がないですが日本のアマゾンでさくっと送ったりしています。。

 

このオレンジシナモン味はおいしそうですね、、近所に売っていたら買ってみようと思いました。^^

 

ボンヌママン レモンタルト 125g

こちらのレモンタルトは、わたしには甘すぎるのですが、爽やかでおいしかったです。

 

スーパーでは1箱が1.50ユーロぐらいですが、たまに3箱セット(Lot de 3)とかのセールもあります。^^