フランスに来て、初めて知った食品は多いですが、リエットもそのひとつで、気に入ってよく買っています。^^

 

 

スーパーの肉類のお惣菜量り売りコーナーで買うときもあれば、容器入りの市販のものを買うときもあります。

 

 

たいていは、ル・マン24時間レースで有名な(?)Le Mansというフランス西部の都市発祥の Rillettes du mans を食べています。

 

ちなみに、このmansですが、日本語風に「マン」と呼んでしまいがちですが、つい「マン」と言うと、いつもスーさんに笑われてしまいます。。

 

発音記号では、mɑ̃ となっていて、「モン」のほうが近い感じです。

 

日本語のフランス語に対するカタカナは、anやenと書かれていたら母音は「アン」となりがちですが、(例えば maman や enchantée など)、「オン」のほうがいいのではと思っていたら、wikipediaにもその旨書かれていました!^^

 

 

Wikipediaのフランス語発音記号のページ

 

Nasal vowels (鼻にかかった音)
ɑ̃ 

例: sans, champ, vent, temps, Jean, taon

roughly like on (American English), nasalized [ɒ] or [ɑ]. rendez-vous

 

アメリカ英語でのonに近い音と書かれていて、用例としてはrendez-vousなど、とあります。


 

 

 

こちらは邦題「ベルヴィル・ランデブー」という、フランスのアニメ映画です。

 

カタカナではよく、rendez-vous は、ランデヴーと書かれていますが、確かに実際はロンデヴーのように聞こえますね。^^

 

 

 

 

 

{54B211D7-0EB8-4B75-BEEA-A750A2FA1C82}
ところで、こちらは豚肉のリエットではなく、ローストした鶏肉のリエットです。小腹がすいたときにパンに塗って食べています。^^
 

 

{9BEF4AC6-F4A5-4F78-B624-75FF1B6CBA35}

最近気づいたのですが、このメーカーの鶏肉のリエットには、タイ風味等の種類があるようです!^^

 

是非買ってみたいのですが、近所のスーパーでは、豚肉のRillettes du mansがメインで、たまに定番の鶏肉のリエットがあるという感じなので、残念ながら見当たりませんでした。。

 

 

 

 

 

Viande de poulet (86%), graisse de canard et de poulet, aromates, carottes, sel, poivre

 

原材料: 鶏肉(86%)、鴨と鶏肉の脂肪、香料、ニンジン、塩、胡椒。

 

 

 

Viande de poulet (74%), graisse de canard, oignons, carottes, plantes aromatiques, citronnelle, curcuma, noix de coco, piment de Cayenne, jus de citron vert, épices et extraits d'épices, sucre, arôme naturel, sel, poivre.

 

原材料: 鶏肉(74%)、鴨の脂肪、玉ねぎ、にんじん、香草、レモングラス、ウコン、ココナッツ、カイエンペッパー、ライム果汁、香辛料、砂糖、天然香料、塩、胡椒。

 

 

 

 

これらのリエットは、コンビーフをもっとやらわかくしたような脂っこいペースト状のものなので、家で作るものという認識がなかったのですが、以前たしかvittorioさんは作られるとお聞きして、さすがだなあと思っていました。

 

そんなある日、といっても昨日のことですが、豚肉のリエットが掲載されているレシピ本を見つけたので、購入してみました!^^

 

 

志麻さんのプレミアムな作りおき

 

この著者の志麻さんは、大阪あべの・辻調理師専門学校フランス校卒業後、フランスの三つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」で修業し、東京の有名フランス料理店で15年働いたことがあるというすごい人のようです。

 

文章は編集者が編集しているかもしれませんが(文章の書き方が編集者によるあとがきと似ていたため)、気取ったところがなく、カタカナの割合が少なくて、わかりやすく、庶民の調理器具で料理する方法と時短のコツが書かれていて、とても読みやすく参考になりました!

 

ページ数も少なかったかもしれませんが、寝る前に布団の中で一気に読めてしまうほどでした。^^

 

訪れた家庭での材料とされる写真がどれも美しすぎるものばかりなので、出版用に用意されたものかもしれませんが、簡単そうなものから試してみようかと思っています(第一候補は豚肉の黒ビール煮)。^^

 

 

 

 

ところで、志麻さんはすごい経歴の持ち主ですが、お料理の家政婦として家事代行の登録をされていて、実際に家に来て料理をしてくれるそうです!

 

どこにお住まいなのかわからないですが、40分以内の移動範囲なら、3時間6900円~7800円(交通費除く)のようです。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

コメント(2)