辛いもの好きなわたしは麻婆豆腐も大好きなのですが、スーさんがあいにく辛い物が苦手なので、ごくたまに2014年からのレシピで作っております。^^

 


 

 

豆板醤がなくなったので、先日ドイツ行きの切符を駅に買いに行ったときに、ついでにアジア食材店にも寄りました。

 

わりと暑い日ではありましたが、狭い店内は想像以上のむわっとする暑さで、この環境では食品の保管状態が心配だなと思いました。。

 

それで、せっかく行ったのですが、今回はとりあえず近々必要なもののみの購入にとどめておきました。。

 

 

 

 

ちなみに上記は、これまで使っていた豆板醤で、368g入りで2.90ユーロでした。

 

 

今回はいつものやつが見当たらなかったので、こちらの麻婆醤を買ってみました。同じ大きさの瓶、340g入りで3.85ユーロでした。

 

いつもの豆板醤よりもかなり割高ですね。。違う商品だから値段も違うのかもしれませんが、他の商品もなんとなく少しずつ高くなっているような気がしました。。

 

 

 

{A437CC8B-4561-4C61-9199-537BE14EAE7A}

こちらの豆腐はフランス産で、木綿豆腐のような硬さのものです。

500g入りで1.80ユーロでした。

 

以前このお店で買ったことのあるフランス産の充填豆腐は、400g入りで1.30ユーロだったので、こちらも割高感が否めないですが、内容量が100g多いし大豆感も強いので、仕方ないのかもしれませんね。。

 

「嫩豆腐」と書かれていますが、英語ではtender tofuになるみたいなので、柔らかい目の豆腐という意味かもしれません。

 

絹こし豆腐が好きなわたしには十分硬かったのですが、中国にはもっと硬い豆腐も存在するので、それよりは柔らかいという感覚でしょうか。^^

 

原材料は、大豆(遺伝子組み換えでない)、水、凝固剤(硫酸カルシウム)、のみのシンプルな作りのようです。

 

硫酸カルシウムは、にがりではないけれど、澄まし粉と呼ばれるもので、昔の豆腐作りの基本的な原料だったようですので、安心しました。^^

 

 

 

{7F8093B2-6D43-471D-BB8E-D4588A48A7B0}
こちらは、今回購入した麻婆醤です。^^
 

 

 

{BAE6A4A5-6277-4A64-844C-3334E3C363C9}
豆腐を容器から出したところですが、ずっしりと重みがあります。
 

 

 

{472ADC95-0595-4F4A-A246-8C983B2741DC}
今回は鶏ガラスープの素がなかったので、フランスの鶏肉のフォン(だし)を使いました。
 
鶏ガラスープの素との違いは、フォンはだしであってスープではないので、そのまま飲めるような味にはなっていないということです。
 
なので、鶏ガラスープの素とそのまま置き換えると、味が薄く感じる可能性もあります。
 
今回は、300mlのお湯に対して、小さじ2杯ほどを使いましたが、風味が出るように、とりあえずニンニクとショウガをいつもよりも多めにしてみました。^^
 
 

 

 

{C0E5527F-C817-4DF1-875F-1256DA621C7B}

 

ミンチ肉は、最近はプチ冷凍庫があるおかげで、冷凍のSteak haché(牛ミンチ肉をハンバーグ型に成形したもの)10枚入りが買えるようになったので、これを電子レンジで解凍して2枚使いました。^^

 

 

 

{BEF5B255-832D-4E16-A97F-74A05D5CA41A}
豆腐を投入したところです。充填豆腐に比べて、ほどよい硬さです。
 

 

 

{496506A1-6418-4DA2-924C-56C7EF58B8CC}

できあがりです。豆腐もいい感じでおいしかったです。^^

 

 

 

ところで、李錦記の調味料はほんとうに種類が多いので、いつもどれを買ったらいいかよくわからなくなります。。

 

それで、豆板醤と麻婆醤はどう違うのか、ちょっと調べてみました。^^

 

(食べた結果はどうなのか、というところですが、実は砂糖を小匙4杯のところをなんと大匙4杯入れてしまい、かなり甘くなったので、比較しにくいのです、、涙)

 

 

豆板醤 Chili Bean Sauce (Toban Djan)

 

This sauce is made from a special blend of chilies and fermented beans. This Sichuan style chili sauce is delicious when used as a dipping sauce or for adding a bit of spice to any dish.

 

Hot Level 1

 

Salted Chilli Peppers 48%, Water, Fermented Soybean Paste (Water, Salt, Soybeans, Wheat Flour), Fermented Broad Bean Paste 9% (Broad Beans, Water, Salt, Wheat Flour), Sugar, Modified Corn Starch, Dehydrated Garlic 1%, Chilli Pepper powder, Soybean Oil, Acid E270, Flavour Enhancers (E631, E627)

 

 

麻婆醤 Spicy Bean Sauce (Ma Po Sauce)

 

This sauce is specially prepared to make flavorful Sichuan cooking quick and easy. Just add tofu and green onion for the deliciously authentic taste of tofu in Spicy Bean Sauce. This is also an excellent sauce for all spicy garlic dishes.

 

Hot Level 2

 

Water, Fermented Soy Bean Paste (23%) (Water, Salt, Soybeans, Wheat Flour), Salted Chilli Peppers (17%), Sugar, Tomato Paste, Sesame Oil, Oyster Sauce (Water, Sugar, Salt, Oyster Extract, Modified Corn Starch, Colour [E150a]), Sesame Paste, Sichuan Peppers, Modified Corn Starch, Dehydrated Garlic, Acid (E270).
 

 

 

S&B 李錦記 豆板醤(チューブ入り) 85g×3個

こちらは日本でも販売されている豆板醤ですが、原材料は同じかもしれません。

 

原材料: 塩蔵唐辛子、中華大豆みそ、そら豆みそ、砂糖、唐辛子、にんにく、大豆油、増粘剤(加工デンプン)、酸味料、調味料(核酸)、(原材料の一部に小麦を含む)

 

 

 

麻婆醤は日本にはないみたいなのですが、原材料が少し違っていて、水と中華大豆みその分量が塩蔵唐辛子よりも多く、辛味指数も1段階高いです。確かに、感触が豆板醤よりも少し水っぽい感じがしました。

 

四川料理を手軽に作るためのソースで、豆腐とねぎに加えるだけでおいしく本格的な四川料理の味になるそうで、スパイシーなニンニク料理とも相性がいいそうです。

 

豆板醤の原料に比べ、トマトペーストやごま油、オイスターソース、ごまペースト、そして四川料理に欠かせない花椒も入っているので、より完成されたソースなのかもしれませんね。

 

 

せっかく買ったので、麻婆豆腐以外にも是非使ってみたいと思います!^^

 

 

 

 

 

AD

コメント(6)