Hyphen Hyphen – Just Need Your Love

テーマ:
今日もラジオで聴いた音楽をご紹介します♪



You're looking for someone 
Look down maybe she's the best 
Baby you can always be mine 
Come let's get obsessed 
We're looking in the dark 
Cause we're always mean 
Been here so long in my life like a second skin 

Can't you give a sign of your brightest side 
Can't you show me the dark cause you always liked to 
Can you explain to me what you're looking for 
You're looking for something or someone more .. 

You're always so near we're always so far 
We come from the dust where we hopelessly rise 
You're running the fever desire's so fine 
You come from the fire you're always mine 

You're always so near we're always far 
You come from this fight and you're always around 
Maybe i kinda like you oh oh oh 
You're looking for … (someone like you) 

And i just need your love 
And i just need ya 

And i just need your love 
And i just need ya 

You're looking for some other way 
Come on be my guest 
Baby i will always be blind 
Come let's get obsessed 
Fire starts from a spark 
Cause you are my sin, 
Been here so long in my life like a second skin 

You're always so near we're always so far 
We come from the dust where we hopelessly rise 
You're running the fever desire's so fine 
You come from the fire you're always mine 

You're always so near we're always far 
You come from this fight and you're always around 
Maybe i kinda like you 
You're looking for … (someone like you) 

And i just need your love 
And i just need ya 
And i just need your love 
And i just need ya ….


映画のワンシーンのような見ごたえのあるミュージックビデオですね!

貫禄の感じられる歌声ですが、彼らはなんとまだ22~23歳の4人組です!2010年にニースのコンセルヴァトワール(音楽院)で結成されました。メンバーのうち、リードボーカルのサンタとギターのアダムは幼馴染だったそうです。

こちらの曲はなんどもラジオで聴いていたのですが、英語で歌われているため、フランスのグループだとは思わなかったのでした。。曲を紹介するときに、アイフォン、アイフォーンと聞こえて、iPhoneが番組のスポンサーなのかなと勝手に思っていましたが、彼らのグループ名だったのですね!^^

Hyphen Hyphenという名前は、英語風に読むとハイフンハイフンですが、フランス語風に読むと、アイフンアイフンになったり、アイフォンアイフォンと話す人によって違って聞こえます。。

インタビュー動画をいくつか見ていても、リードボーカルのサンタが、ハイフンハイフンと自分たちを紹介しているものもありましたが、別の動画ではハイフンアイフンになったり、いろいろです。^^

根強い人気のFréro Delavegaも、いつもはフレロ・ドゥラヴェギャと聞こえていたのですが、先日のライブ番組ではフレロ・デラヴェガと呼んでいました。本人たちが出演していてインタビューもあったので、訂正されたのかもしれませんね。彼らはJérémy Frérot と Florian Delavega (本名Florian Garcia)の二人組みで、それぞれの苗字をつなげてグループ名にしているのですが、Delavegaがスペイン系の名前らしく(?)、そのためにフランス語での発音があいまいになるのかもしれませんね。^^



こちらは同じ曲のアコースティックバージョンです。

ちなみに、先日見たFréro Delavegaも出演していたEurope1のライブコンサートでも、大きなステージでしたが、彼らは裸足で部族調のフェイスペイントをしていました。これが今の彼らのスタイルのようですね。^^



こちらのインタビューでは、Hyphen Hyphenという名前は発音が難しいけれど、trait d’union("-"のハイフンのフランス語)の意味を大切にしてリスクをとった、と話していると思うのですが、そのハイフンに何がこめられているのかはもっと聴いてみないとわかりません。。




4人でアイディアを出し合って曲作りをしているようで、2人の女子も中心になって活躍しているのを見るのは嬉しいですね!^^




Time -Spec-