グランドハイアット福岡

grand hyatt fukuoka 201801 1

先週末は所用でグランドハイアット福岡へ。久し振りに気温も上昇し天候の良い1日でした。天候が良い分、キャナルシティ界隈は人で溢れ、特に韓国系のインバウンドゲストが相当な数のバスを横付けし、観光・ショッピングを楽しんでいたようです。勿論、ホテル滞在ゲスト同様に。

クラブデラックスツイン

grand hyatt fukuoka 201801 2

アサインされた客室最上階12階)のクラブデラックスツイン最安一般ゲストルームからのアップグレードですが、ここ最近は連続してこの客室アサインされているようながします。

grand hyatt fukuoka 201801 4

このデラックスツインは先日利用した客室シンメトリールームプランですね。したよう。なので客室設備などの詳細割愛します。

grand hyatt fukuoka 201801 5

を見ても分かるよう、キャナルを挟んだ向かいのワシントンホテルが相当迫っているため、互いにカーテン開放するとムコウ(ワシントンホテル)のゲストが合うことがキャナル側客室の欠点かもしれません。

そしてよく(他のブログなどで)見聞きする音響・噴水などによる騒音については最上階までくると殆ど気にならないと思います。

grand hyatt fukuoka 201801 6

ウェルカムアメニティフルーツ福岡産の苺でした。時期的にもう少しが続くでしょうね。

グランドクラブラウンジ

grand hyatt fukuoka 201801 8

カクテルタイムを運ぶと、このの提供ルイ・ロデレール先日シャンドンでしたから大違いw 前回と異なりたっぷりと食前酒を心行くまで楽しみました。

grand hyatt fukuoka 201801 10

提供されているブリュットプルミエルイ・ロデレールスタンダードシャンパーニュですが、バランスのとれた美味しい逸品だと思います。4日に1回ローテーションとはいえ、コレフリーフローなのは素晴らしいカクテルタイムですね。

grand hyatt fukuoka 201801 12

一方、此方↑は翌日ラウンジモーニングでのひとコマ。久し振りに朝食へとを運んでみました。高菜ピラフ提供されているのを初めて見てを伸ばしてみたものの、これは少々残念な感じw

grand hyatt fukuoka 201801 13

そういえば、グランド福岡では今月人事異動があったようで、普段から(かなり)お世話になっていたラウンジスタッフのひとりが他の部署へ異動し、新たなスタッフグランドクラブラウンジわっていました。その他、リージェンシー福岡からの長い付き合いで現在グランド福岡異動・勤務している馴染のスタッフホテル内の別部署へと異動

異動先業務から今後はむことが殆どなくなってしまいましたが、たまに呼び出し近況を伺っていこうと思います。と、同時に新たなスタッフともコミュニケーションを図りたいですね。

中洲人形小路

nakasu ningyou shouji 201801

グランドハイアット福岡滞在したこの日のディナーは、グランドクラブラウンジでのカクテルタイムを挟んで中洲へ。普段滞在記事ではこの部分(ディナーの部分)は知人友人なども含まれる場合がいことから基本的に掲載していません

が、今回はふたりでしたので少し撮影してみました。んだ先は中洲人形小路。華やかな中洲大通りと異なり、物静かに店舗が佇む、歴史ある少々ディープ一角ですw

nakasu inaho 201801

まずは茶碗蒸し好きのた、その専門店である稲穂へ。玉子に寄り添っている雪だるま(大根おろし)を見ても分かるよう、もともとオーナー寿司職人であり、この店も基本的に割烹です。よって茶碗蒸し以外も拘りの一品が多く、天婦羅なども美味しい。

の、白子茶碗蒸しをいただきました。

nakasu misoshiru den 201801 1

そして稲穂を出たのち向かったのは同じ通りの(でん)。ココ味噌汁専門店です。人形小路曲がり角に位置して店舗内の様子が全く伺えないため一見さん(いちげんさん)はなかなか入店してきませんw

nakasu misoshiru den 201801 2

しかしココはその居心地の良さで、ふたりの時はたびたび利用するおです。豚足コロケッ(さかな)にゆっくり流れる時間を楽しみました。勿論、オーダー毎に1杯ずつ丁寧に作られる味噌汁で。

grand hyatt fukuoka 201801 11

満足ディナーを終え、客室へ帰る途中に寄り道するのはココ。この画像(え)はいつもの通りですねw