テーマ:
今日は16日にクマモリ協会福岡県支部主催で、ウエル戸畑にて行われるジョイント講演会のもう一人の講師である平野虎丸先生のお話しを少しばかり。もう5年ほどなりますか?先生主催の100ヘクタールほどの益城町中に近いエコシステムの本拠地でもある里山のトラスト地に大型バスで学びに行った事があります。当初はご自分の好きな木々を所々植え自然に任せたままにしてると実生の自然に生えた様々な樹木に淘汰され枯れたことなどを実地に体感し、林業ではなく豊かな本来の植生の森に戻すには、植えない森づくりがとても有効だと体感出来ました。始まりは1986年からでクマモリ協会の1997年よりも10年以上も前から取り組んでおられます。日本で最初にエコシステムという言葉を唱えられ、中国のように特許を摂れば大したものだと笑って話されていたっけ!今は一般社団法人エコシステム協会と名称変更され1988年来トラスト地も10箇所となり、多くは杉伐採地のハゲ山ですがすぐに草木が生えるため、人間の方が根本原因つまり本来動物さんたちのすみかである奥まで林業や開発しているためエサ場がなくなり、有害獣と哀しい濡れ衣を着せられたシカさんや、イノシシさんの緊急避難のエサ場としてのトラスト地なのです。皆さんも一度山に入られたら解りますが、植林した杉山などにす中にワイヤーが入ったシカよけネットが張り巡らされているのを!実はこれに挟まるとシカは逃げるどころかシカ殺しネットに早変わりします。兎に角適地適木で、林業するところと元の自然林に戻すゾーニングを早くしないと哀しいかなずーとこの様な事が続きます。メジロなど捕獲し、その声を競う鳴き合わせ会場に単独で何十年も前から乗り込み幾多の貴重な野鳥を救い、リハビリまでして自然界に放される活動もしておられます。私も一度お供しましたが、コワモテのお兄さんさんもいたりしてそれは怖いものです。取材のマスコミも何度も来たりしてもすぐに逃げ返り一度たずーといた事がないそうです。ホント何回も刺されたりもしたそうです。 こんな虎丸さんですが、心優しく私は大好きできっと皆さんも一度お会いすると暖かい人柄に魅了されること受けあいです。九州男児の中の日本男児、チョッピリ変かな?最高のサムライ! とても尊敬出来る方です。今年の5月25日に阿蘇にて、土砂災害から国民の生命と財産を守り有為な人材育成の山大学を開講され、これからも大いにわれわれを導いて頂けるものと確信しております。是非皆さんも16日虎丸さんに会いに来てちょ~ね、、、!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。