『The Fields』とは | Jazztronik Official Blog powered by アメブロ
February 12, 2012

『The Fields』とは

テーマ:ブログ
『The Fields』というイベントを始めます。

Jazztronica!!とLove Tribeというレギュラーパーティーがあるのにまた何かレギュラーパーティーやるの?と思っている方、違います。この2つは完全にクラブでのパーティーです。『The Fields』は全く違うイベントなのです。

以前も少しブログでは書きましたが職業柄なのか僕の周りにはかなり色々な職業の方がいます。そしてそんな人達の仕事の話、持っている知識・技術の話、そういった事を個々に聞いているうちに何かこういう人達と仕事の関係ではなく一緒に何か面白い事が出来ないかなと思い始めました。

去年の秋頃からですかね、アポとって興味を持ってくれた人達には仕事の合間に会いに行き話をし構想を練ってきました。年末にまだ名前が未定だった"monoの会"というのもやりましたが実際にはあれが第1回目かもしれませんね。

この『The Fields』で目指すのは、自分の中で今まで見えていなかった価値観や物事を見つけそして新たなカルチャーとして成長させるという事。仕事の関係を抜きにした多種多様なジャンルの職業の人が集い毎回テーマを決めそのテーマに向けて自分のフィールドでやれる事をやる。Fieldという言葉には分野という意味はもちろんありますがこの単語自体の一番目の意味は田畑、野原。能力や知識を田畑や野原に見立てそれを耕すと言う意味合いも込め『The Fields』というイベント名にしました。

先日も2月25、26日で行われる 『The Fields』の打ち合わせを何人かでやりました。今回はジャケットも含むCDを作ってみるというのがテーマ。全員ではないですが集まったのはカメラマン、コサージュアーティスト、グラフィックデザイナー、照明士、生ハムのプロフェッショナル、そして僕も。こんな面々でアレやりましょうコレやりましょうと考えていく。こういうのはこのイベントの趣旨に賛同してくれた人達が集まるからでこそ出来る事。見知らぬ子供達があっという間に仲良くなって遊び始めるのになんだか似ている。なかなか仕事上で出会って堅苦しい仲では難しい。

CA3K0209
posted by (C)Jazztronik

感じている人も多いと思いますが日本のいわゆる“カルチャー””文化”なんていうものは既にかなり出来上がってしまっています。本来はどんどん変化していくものなのですが、残念ながら僕にはあまりそれは感じられない。僕が大学生の頃からずっと停滞している気がする。そんなのは音楽業界だけかな、なんて思っていたけど同世代の様々な業種の人達と話しているとわかってしまいました、それはどんな職業でも同じ。もう全てがシステム化されてしまっていてその既存のルートでないと前へ進めない。そして前に進みたいから皆同じ考えになっていく。

僕は様々な人と一緒に何かをする事によって気づかされる事は宝だと思っています。
それはちょっとした知識、技術でもそうだし、例えば食べ物でもそう。
そうした事を経た自分の中から刺激されて出てくる何かに期待もしています。
これはホントに未知。
教える側も新たな知識、情報、仲間を得る事によって今まで以上のものを教える事が出来るでしょう。
もちろん教わる側も同じ。
そうした交流の中からきっともの凄い化学反応が起きると思っています。

『The Fields』は頑張って何年も続けたいな、と思っています。
なにせ僕はきまぐれで有名なので頑張らないと(苦笑)
何年後かにはここが素敵なカルチャー発信の場となる事を目指したいと思います。


チケットはこちらから⇩

The Fields

ジャズトロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース