燃えよ。 | Jazzシンガー 貞吉 Julie なおこのブログ "ヨコハマ♪ジャズ&パーティの夜…”

Jazzシンガー 貞吉 Julie なおこのブログ "ヨコハマ♪ジャズ&パーティの夜…”

横浜・東京のジャズクラブを中心に活動するJazzシンガー、貞吉 Julie なおこのブログです。

時には日常を忘れて・・
センシュアルでスモーキーな歌声に酔いましょう 

こんにちはドキドキ

なんだかお腹がしくしく。。あせる

貞吉なおこです。


週末は友達の大きなライブへ!

銀座YAMAHAのホールです。
        

満席で良かった~(ひとのライブでも集客が気になって心配しちゃう (笑))ビックリマーク
難易度高い曲にアレンジを加え、

オリジナルを

2人のボーカルとコーラスを加えてやる、など

難しい演目ばかりでしたが

友人が忙しい間を縫って譜面作りをしたり、

リハーサル(9人集まっての!スゴい!)を重ねたり

、スタジオを借りて個人練習をしていたのを知っていたので、

本番の圧巻のパフォーマンスには強く感じるものがありました。

全てのプロセスが花開いたそのステージを見せてくれてありがとう、という感じ。



私も頑張らなきゃ、とわけもなく焦りましたが…

…よく考えたら私の場合は、

聞く人を圧倒したいわけではないので(笑)

自分らしくセンシュアルでムードのある

ライブをすることを考えるべき。なんですよね。


すぐね、感動したものに影響されて流されちゃうんですよ(笑)。。


だから歌い始めての数年は人のライブには

行かないようにしていました。


やみくもに沢山のライブに行く事も

純粋に楽しめれば最高ですが、

もしあまりに自分というものが不安定で

「なんでも良さそうなものはとりあえず取り込みたい!やってみよう!」と影響されちゃって、

不安なマインドのままガツガツするのは百害あって一利なし、と私は思います。


それでは

ブルース・リーの「燃えよドラゴン」を見て

ヌンチャクと6尺棒を買い、

中華街のカンフー道場に入門してしまったうちの父と同じです。
(6尺棒はその後もちろんクローゼットのハンガー掛けになりました)


それより自分に合う世界を見つけて

深めていくことが何よりも大切だと思います。。



銀座SHISEIDOのウインドウにて。

      
銀座「はしご」のラーメンにて。



でも燃えよドラゴンは良かったよね(笑)。

アチャ〜ビックリマークビックリマーク