RIHOMETALへの道(1) | 私、BABYMETALの味方です。

私、BABYMETALの味方です。

アイドルとメタルの弁証法
-May the FOXGOD be with You-

★今日のベビメタ
本日11月24日は、過去BABYMETAL関連で大きなイベントのなかった日DEATH。

横アリ初日、3人のアベンジャーが召喚され、その日誰がステージに立つかはOnly The Fox God Knowsという「紙芝居」に続いて、オープニング曲「Arkadia」で登場した新生BABYMETALアベンジャー1人目は、元モーニング娘。9期生の鞘師里保だった。
これは、メイトはもちろん、モー娘。/ハロプロ系グループのファンにとっても、あるいは日本の芸能界全体にとってもビッグニュースとなった。

その後、鞘師里保は、BABYMETALにとっても初出場となるグラストンベリーフェス、なごやポートメッセ初日、サマソニ2019両日を経て、史上最長のMetal Galaxy World Tour in USA全米横断ツアーに帯同し、先日の日本公演では、大阪城ホール両日にも出演した。


これまでのところ、アベンジャーとして最多出演となっているのがRIHOMETALこと鞘師里保である。
そこで、鞘師里保がBABYMETALのRIHOMETALとなるまでの経緯を調べてみると、そこには不思議な絆があることがわかった。
鞘師里保は、1998年5月28日に、広島県東広島市で生まれた。
SU-METALこと中元すず香は1997年12月20日だから、5ヶ月と1週間の差だが、学年としては1学年下になる。なお、MOAMETALこと菊地最愛は1999年7月4日生まれだから、RIHOMETALは1学年上になる。
鞘師里保がアクターズスクール広島(ASH)に入学したのは2004年秋(12期生)で、小学校1年生のときだった。
中元すず香が「アルパークスカラーシップオーディション」に合格して奨学金でASHに入学したのは2006年春(15期生)なので、吉本芸人風にいえば鞘師の方が1年半先輩になる。
もっとも中元すず香は、2003年、5歳のときにキッズモデル活動を始め、2004年にはバンダイの子ども用化粧品「Jeweldrop」のイメージガールに入賞していたから、ASH入学時にすでに3年の「芸歴」があった。

すず香の姉、元乃木坂46の中元日芽香は、ASHには、妹の半年後となる2006年秋に16期生として入学している。
また、小等部六年でSU-とともにさくら学院を卒業した杉本愛莉鈴は、鞘師里保と同期の2004年(12期)に、4歳でASHに入学しているから、またしても吉本芸人風にいえば3年年上のSU-より先輩になる。
それはともかく、2006年から2011年にかけて、ASHには、中元日芽香(乃木坂46→心理カウンセラー)、中元すず香(さくら学院→BABYMETAL)、鞘師里保(モーニング娘。→BABYMETAL)といったメンバーが同時に在籍していたのだ。
この時期には1期生のPerfumeはもういなかったが、まなみのりさ(岡山みのり(1期生)、谷野愛美(3期生)、松前吏紗(8期生)が在籍しており、春と秋に行われる発表会にも出演していた。
ちなみに、この頃のBABYMETAL前史は、こうなっている。
2006年、まだ幼稚園年長組の水野由結はオリコンの子どもファッション誌『Kids Style』の読者モデルとして、武藤彩未、佐藤日向と出会い、家族ぐるみの交流が始まる。
この頃、菊地最愛も「ママの仕事関係で頼まれて」よくモデルをやっていたという。
2007年、ASH在籍中の中元すず香は、「アミューズ第2回スターキッズオーディション」で準グランプリに輝き、アミューズと契約する。
同じ年、小学校1年生の菊地最愛は小学館発行の少女コミック誌『ちゃお』(小学館)の「ちゃおガールコンテスト」に応募して準GPとなり、同じくアミューズと契約する。本人曰く「小学校に入ってモデルをやめたのになぜかアミューズに入っていた」。(さくら学院日誌より)
また同じ年、『Kids Style』は休刊となるが、その愛らしさに注目していたスカウトによって水野由結もアミューズと契約する。
2008年、中元すず香が武藤彩未とともにテレビ東京のアニメ『絶対可憐チルドレン』の主題歌を歌う可憐Girl’sのメンバーに選ばれ、水野由結はバンダイの「プリキュアインナー」のテレビCM、菊地最愛はマクドナルド「ハッピーセット」のテレビCMに出演。
2009年3月14日、「Over The Future」が「心の支え」だったという水野由結は、SHIBUYA BOXXで行われた可憐Girl’sの「任務完了コンサート」を見に行き、振り真似をして楽しんだ。
その後、水野由結は、トヨタ提供、のちのさくら学院「校長」となる倉本美津留が企画演出するWEB番組『新しい子ども番組』に出演し、佐藤日向、飯田来麗らと共演している。
さらに2009年6月30日には、日本テレビのドラマ『MW-ムウ- 第0章 〜悪魔のゲーム〜』に“あすなろ園の孤児”役で出演、11月21日には、フジテレビの『探そう!ニッポン人の忘れもの第2夜“家族”の忘れものハッピーバースデー』に“少女期の堀静代”役で出演した。
さらに、2010年3月24日には、TBSドラマ『記憶の海 第3話山内教授の記憶」に“小学生時の山内京子”役で出演した。さくら学院でもDVD特典ドラマに主演したように、水野由結は、子役女優として類まれな才能を発揮していたのだ。
一方、2009年の菊地最愛は、マクドナルドのCM以外には公になっている芸能活動はなく、アミューズ内のオーディションで水野由結とともに「Over the Future」を踊って合格したことのみが映像に残っている。

2010年春、さくら学院が結成され、夏のTIFで水野由結と菊地最愛が「転入」し、秋には重音部=BABYMETALが結成される。中元すず香はSU-METALに、水野由結はYUIMETALに、菊地最愛はMOAMETALになった。
こうして、キツネ様のお導きによってアミューズ=さくら学院に「メタルの魂」たちが結集していくわけだが、その一方で、広島では、遥かのちの2019年に開かれる縁(えにし)が形作られていた。
スクランブルエッグon WEBというサイトで2006年~2011年までのASH発表会における中元すず香、鞘師里保、中元日芽香の演目を調べてみた。なお所属クラス全員による楽曲は一部を除いて省略した。
http://www.scramble-egg.com/school/reportindex.htm

●2006年春「Spring Act」
鞘師里保…Aクラスで「クルクルミラクル」を披露。
鞘師里保はこの時点ですでにAクラスに在籍していた。3月に入学したばかりの中元すず香はまだ出演していない。ちなみに杉本愛莉鈴はKidsクラスで「マカレナ」を披露した。
●2006年秋「Autumn Act」
中元すず香…発表会の3曲目に、いきなりソロで「メランコリニスタ」を歌い、観客の度肝を抜いた。そのほか、7名のユニット“Bee4”で「くまんばちがとんできた」も披露した。
鞘師里保…4名のユニット“エンジェルスプラッシュ”で「カッチョイイぜ! JAPAN」(美勇伝)を披露した。初のハロプロ曲である。その後の二人が歩んだ道を考えると感慨深い。そのほか、5名のユニット“ARISES”で「はい もしもし夏です」も披露した。
●2007年「Spring Act」
中元すず香…ソロ「光る道」、日芽香との姉妹ユニット“Tween”で「個人授業」を披露。さらに、すず香・日芽香・鞘師を含む8名のユニット“Lancers”で、「強い気持ち・強い愛」を披露した。これがSU-METALとRIHOMETALの客前での初共演である。

鞘師里保…上記“Lancers”のほか、4名のユニット“エンジェルスプラッシュ”で「お祭りマンボ」を披露した。


●2007年秋「Autumn Act」
中元すず香…6名のユニット“一番星”で「ハッピー☆」、すず香・日芽香を含む8名のユニット“VIVACE”で、「Big Bang Romance」を披露。
鞘師里保…3名のユニット“エンジェルスプラッシュ”で「ハレーション・サマー」(ココナッツ娘。)、5名のユニットAlice’sで「Girl Friend」、Aクラス全員で「でっかい宇宙に夢がある」(モーニング娘。)を披露。
中元日芽香…ほか4名のユニット“さゆに姫”で「会いにきてI need you」を披露。
●2008年春「Spring Act」
中元すず香…ソロ「ガーネット」、ほか7名のユニット“一番星DX”で「恋☆カナ」を披露。すず香・鞘師・杉本を含むAクラス17名で「ごきげんサンバ」を披露。これがSU-/RIHO共演2度目。
鞘師里保…ほか5名のユニット“Alice’s”で「Do something」を披露。
●2008年秋「Autumn Act」
中元すず香…ソロ「明日への扉」、すず香・日芽香を含む3名のユニット“Amulet”で「恋愛ライダー」、すず香・鞘師を含む5名のユニット“エンジェルウイング”で「シャナナ☆」を披露。

鞘師里保…上記“エンジェルウイング”のほか、ソロで「夜明けのMEW」を歌い、5名のダンスユニット“Diamond PINKS”でダンス曲「Toy Soldier」、12名のユニット“ダンスマン2K8”で、ダンス「Gully Creapaメドレー」を披露。

中元日芽香…上記“Amulet”のほか、8名のユニット“step!”で「ガールズ'ン'ボーイズ!」を披露。


●2009年春「Spring Act」
中元すず香…可憐Girl’sの「任務完了コンサート」、沖縄ロケ、ミュージカル「冒険者たち」出演とこの頃多忙だったためか、出演していないようだ。
鞘師里保…ソロ「セーラー服と機関銃」、ほか4名のユニット“Diamond Pinks”で「Me against the music」、鞘師・日芽香を含む13名のユニット“LEO”で「Continue」を披露。
中元日芽香…上記“LEO”のほか、谷野愛美・松前吏紗ら10名のユニット“パニくらない”で「素敵な関係」、他3名のユニット“Bぱふゅ”で「Perfumeメドレー」を披露。

●2009年秋「Autumn Act」
中元すず香…日芽香とのユニット“Tween”で「ライオン」、ソロで「明日咲く花」を披露。すず香・鞘師を含むBクラス女子で「Seeds of Dream」を披露。3度目のユニット共演。
鞘師里保…3名のユニット“PINKS”で「Candyman」、7名のユニット“B.G.7”で「Freeze」、
●2010年春「Spring Act」
中元すず香…ソロ「同じ空を見上げてる」、鞘師を含むBクラス女子による「Shine We Are!」ほかを披露。

これで4回目の共演。
鞘師里保…上記のほか4名のユニット“M2RA”で「DJ mix」、鞘師ほか3名のユニット“Sweets”で「浮気なハニーパイ」(カントリー娘。+紺野・藤本)を披露。
このあと、鞘師里保はモーニング娘。の「Jc&Jk 女子中高生女優オーディション」に合格し、6月に行われたモーニング娘。の舞台『ファッショナブル』の大阪公演に出演した。
●2010年秋「Autumn Act」
中元すず香…ソロ「かけがえのない詩」
鞘師里保…4名のユニット“M2RA”で「Body & Soul」を披露。
このあと鞘師里保は約9,000人が応募したモーニング娘。のオーディションを勝ち抜き、2011年1月2日に中野サンプラザで9期生としてデビューしたため、ASHの発表会はこれが最後になった。
中元日芽香…8名のASHユニット”SPL∞ASH”を組み、デビュー曲「FIGHT! FIGHT! FIGHT!」を披露した。
●2011年春「Spring Act」
中元すず香…さくら学院の活動が忙しかったためか休演。
中元日芽香…SPL∞ASHで「FIGHT! FIGHT! FIGHT!」、日芽香他3名のユニット1chで「VOICE」を披露。このあと乃木坂46一期生オーディションを受験、8月21日に3万8934人の中から最終36名の1人に選ばれた。
●2011年秋「Autumn Act」
中元すず香…ソロ「オトシモノ」を披露。
中元日芽香…SPL∞ASHとして最後の「FIGHT! FIGHT! FIGHT!」を披露した。
中元家は二人の芸能活動のため、2012年春に東京へ転居したので、これが二人のASH発表会最後の出演となった。
このように、さくら学院~重音部BABYMETAL結成の時期、SU-METAL=中元すず香はまだ広島在住で、ASHの発表会に出ており、ソロ曲を披露していた。
そこには鞘師里保、のちのRIHOMETALがいて、姉の中元日芽香もいた。
鞘師里保は、ハロプロ曲を歌うことも多く、「夜明けのMEW」「セーラー服と機関銃」などソロ曲も披露していて、ダンスだけでなく歌唱力も高く評価されていた。さらに舞台『ファッショナブル』にも出演しており、歌・ダンス・演技力と三拍子そろった才能を持っていた。モーニング娘。9期生のオーディションで最後に残った5名のうち、プロデューサーのつんく♂に「即戦力」と称されたのも当然である。
その才能はモーニング娘。で見事に開花し、2015年まで、モーニング娘。の中心メンバーとなっていく。
(つづく)

 

P.S.

見落としていた部分があったため、アクターズスクール広島発表会の2006年秋、2008年秋、2009年秋分を追加しました。(11月26日記)