jatujak用賀店のブログをご覧いただきまして誠に有難うございます。

 

すっかり秋も深まりましたねイチョウ

私も今月の中旬から下旬にかけて、上野に紅葉を見に行こうと計画しておりまして、今から秋色の景色を楽しみにしております紅葉

 

当店でも人気メニューのアロマオイルですが、起源は諸説あるのですが、紀元前1800年のインド発祥のアーユルヴェーダに記録されたものが最も古い記録だと言われています。

古より美容と健康に用いられてきたオイルでの施術ですが、19世紀に入るとオイルに揮発性の芳香を混ぜてトリートメントを施すアロマテラピーが注目されました。アロマオイルの持つ芳香には、副交感神経を活性化させ精神安定作用を促しリラクゼーション気分を高めます照れ

 

アロマオイルには様々な種類があり、その日の気分や体調に合わせて選ぶと良いですね。

 

アロマオイルにはリラクゼーション作用のほか、筋肉疲労の緩和、美肌などもあげられていますが、リンパを流していく事で、血液やリンパ液の循環を高め、新陳代謝を促すことで、そのような体質改善に繋がっていくんですね。

 

リンパ液とはリンパ管の中を通る液体の事で成分のほとんどは血液と同じになります。リンパ管は内臓や皮膚など、体中を網の目のように分布しています。リンパ液は静脈に取り込まれなかった不要なたんぱく質、脂肪などの運搬する働きがあります。老廃物を綺麗にお掃除しながら、再び静脈に戻り、細菌などから身体を守ってくれるのです。

リンパ液がスムーズに流れていれば、水分や老廃物などは滞ることがありません。

それが滞ってしまうと、余計な水分がたまってむくみや様々な不調の原因ともなってしまいます。

 

このようなリンパの流れに沿ったオイルトリートメントは、お疲れを和らげることに大変有用で、日本に入ってきたのは明治時代になってからです。ヨーロッパ発祥のアロマオイルを使ったリンパケアはでリンパドレナージュとも呼ばれ、フランスなどでは理学療法としても取り入れられています。

 

冷えやむくみが辛いこの季節ですので、ぜひjatujak用賀店のアロマオイルで、寒さを乗り切るお身体を目指してくださいねドキドキ

 

ご予約はこちらからどうぞ下矢印下矢印下矢印

https://www.peakmanager.com/online/index/m0s9a1