クラウドファンディングにご支援いただいた皆さまへ

 

いつもご支援ありがとうございます。

NPO法人日本アニマルセラピー協会です。

私たちのプロジェクトを応援して下さる皆さまへ、

進捗のご報告が遅くなり、大変申し訳ございません。

 

犬の牧場富士の里の再建プロジェクトとして、

沢山のご支援をいただけたことを、改めまして深く御礼申し上げます。

今回、進捗のご報告が遅くなってしまった理由としましては、

犬たちの生活改善を第一に考えた時、富士の里をどのような場所にしていくのが良いか、

改めてプロジェクトメンバー内で議論をし、支援金の使い道を再考したためです。

新型コロナウィルスの影響等もあり、私たちの協会も活動を制限せざるを得なく、

資金、人的リソース共に不足しており、依然として厳しい状況は続いておりますが、

犬たちの生活改善は確実に進んでおります。

まずは、現在の富士の里の状況についてご報告させていただき、

次に、資金の使い道について、当初お伝えをしていた3つの目的に照らして、

進捗をご報告させていただきます。

最後に、富士の里の将来展望についても記載しておりますので、

お目通しいただけると幸いです。

 

それではまず、富士の里の現状についてご報告させていただきます。

クラウドファンディングがスタートした6月15日時点では、

約40頭のセラピー犬たちが富士の里で生活をしておりましたが、

2月15日現在、屋外で過ごしている犬は0頭となりました。

犬たちの生活環境の改善を進めると同時に、適切な形での譲渡活動、

一般社団法人人と犬との憩いの場所(神奈川県大和市)への転籍など、

一頭一頭の幸せを第一に考えながら、進めてまいりました。

現在に至るまで、具体的にどのように生活環境の改善を図ってきたか、

当初の3つの目的に照らして、ご説明させていただきます。

***************************************************************

①    セラピー犬の生活費(フード、ワクチン、治療費等)

②    老朽化した犬舎の修復

③    犬たちがのびのびと過ごすための広場の改修

***************************************************************

資金の使用用途は以下の通りです。

 

●2020年8月1日~2021年1月31日

 

 

                             

 

以上が現時点での具体的な資金の活用用途となります。

老朽化が進んでおりました広場については、現在も改修作業を進めております。

作業については、極力内製化しながら支出を抑え、木材等、再利用が可能な素材については、

廃棄をせずに、補修材として活用をしております。

参考までに現時点の様子を添付させていただきます。

 

Before↓

 

After↓

 

犬たちが適正な数に落ち着いたこともあり、一頭一頭のケアをより丁寧に行っております。

老犬を中心に健康診断も行い、治療が必要な犬については随時処置を進めております。

 

赤柴のヒロくんと、                            

ミニチュアダックスのミルクくん

 

シーズーのハルくん

 

チワワのマリくん         

 

みんな人懐っこく、仲良しです。

 

今回のクラウドファンディングにて皆さまからご支援いただいた資金は、総額2,158,000円ですので、

残金については引き続き富士の里の改修や、犬たちの生活改善を中心に大切に使わせていただきます。

 

最後に、今後の富士の里の展望について書かせていただきます。

上記の通り、現在富士の里の屋外で生活をする犬は0頭ですが、

引き続き、富士の里の広場を活用し、セラピー犬とのふれあいイベントや、

アウトドア企画、ドッグラン開放などを考えております。

私たちはアニマルセラピーの普及活動を行うNPOですので、

やはりご来場いただく皆さまにとって、癒しの空間となるよう、まだまだ改善が必要です。

セラピー犬とのふれあいイベントについては、一般社団法人人と犬との憩いの場所との

コラボレーション企画として、のびのびとした空間で、

思いっきり犬たちと楽しんでもらったり、その他アクティビティなども企画中です。

第一弾は春頃に開催したいと考えておりますので、乞うご期待下さい。

詳細については、改めて広報をさせていただきます。

 

以上がプロジェクト進捗のご報告となります。

引き続きどうぞよろしくお願い致します。

 

NPO法人日本アニマルセラピー協会