<2018.04 JB旅行記>

 

さてさて、2日目のランチはこちらへ!

 

Kam Long Ah Zai

阿福街金龍阿仔咖哩鱼頭

74, Jalan Wong Ah Fook, Bandar Johor Bahru, 80000 Johor Bahru

 

 

行列のできるフィッシュヘッドカレーのお店です。

 

 

実はこちらのお店、前日の散策の際にたまたま見つけたお店なんです。

 

 

これが↓前日の日曜日の行列。

 

常に20~30人ほどの人が並んでいるような状態です。

 

 

冷房のない店内で、土鍋のフィッシュヘッドカレーなんて、なんの罰ゲームだよ〜!と最初見たとき思ったんですが、、やっぱり気になる。

 

せっかくだし行ってみよう!と、並んでみました。

 

 

こちらのお店、2階もあり、予想以上に回転がいいんです。

 

20分待ったかな?思ったより待たずに入れましたウインク

 

メニューはこんな感じ↓

 

左側の表になっている部分、左がフィッシュヘッドカレー、右がフィッシュテールカレーの料金です。(フィッシュテールのほうが身の部分が多いので、お値段が高いようです)

 

そして、上から順番に、土鍋のサイズ。上から、1人前、小、中、大です。

 

選択肢はそれだけなので、オーダーもしやすいです。

 

 

我々は、フィッシュヘッドの小サイズ(26RM)に、ご飯を二つと、冷たい中国茶を二つ頼んで、合計30リンギット(800円ぐらい)

 

安い!!ポーン

 

所狭しとつけられた、天井のファンや壁の扇風機ですが、数え切れない数の土鍋を炭火でジャンジャン焚く熱気にはかないません(笑)

 

 

入り口でオーダーして、席に着き、周りをキョロキョロしている間に、土鍋登場!

 

これで、小サイズですびっくり

 

 

ちょっとこれでは何が何だかわからないので、お魚の頭、出してみました(笑)

 

上に乗っているのは、薄いお揚げさんです。(揚げ湯波にも似てるかな)

 

 

一口スープを飲んだら、お!これは!美味しくて、並んだ甲斐あったね〜と夫と。

 

シンガポールには、インド系のフィッシュヘッドカレーと、中華系のフィッシュヘッドカレーがありますが、これは、その中間といった感じ。

 

ちょっとラクサに似た感じもあり、辛味もほどほどで美味!フィッシュヘッドカレーの味としては、これが一番好きかもラブ

 

 

途中経過で写真を撮る余裕もなく、気が付けば完食デレデレ

 

汁も飲み干したいほどの気に入りっぷりでした。

 

 

そうそう、謎だったのが、店内で、この土鍋を運んでいる一人のマレー系のおばあちゃんが、土鍋を運びつつ、ひたすら「サーウサウー、サーウサウー」と言い続けていたこと滝汗

 

「どいてー」だったのか「気をつけて〜」だったのか、今となっては知る由もありませんが、あまりに印象的だったので、今でも目をつぶるとその声が聞こえてくるようです(笑)

 

 

まだまだ外の行列は続いているので、食べ終わったら早々に退散。(そもそも暑くてゆっくりできないし!)

 

外に出たら、二人で思わず、「涼しい〜!」

 

いやいや、確かに、雨が今にも降り出しそうで、来た時より温度は下がっていたと思いますが、涼しいわけがない(笑)

 

どんだけ中が暑かったんだって話ですよ爆  笑

 

 

小雨も降り出したので、小走りでシティスクエアへ。

 

冷たい飲み物でほっと一息(夫は、ショッピンモールに入った瞬間冷却されたので、ホットがいいと、温かいお茶を頼んでいました)

 

 

ここのバブルミルクティー美味しかった!!グッド!

 

JBチェックポイント側からシティスクエアに入ってすぐの、こちらのお店で頂きました。

 

徐师傅台湾小吃(Tai Wan Siao Chi)

Lot No. J3-17 Johor Bahru City Square

 

 

美味しいもの三昧で幸せ幸せ。

 

キラキラグラステンプルに、焼きたてバナナケーキ、行列のできるフィッシュヘッドカレー屋さんでランチも食べて、充実の2日目でした星

 

 

一泊二日のジョホールバルの旅、これにて終了です。

 

帰りの通関も、一切並ぶことなく楽々通過。夕方の5時には、自宅へ到着していましたドキドキ

 

サクッと日帰りでも楽しめるジョホールバルですが、泊まってのんびりするのもいいものです。

 

さて、次はどこに行こうかな?また次の旅を楽しみに。