モン・サン・ミッシェル/ フランス共和国 (世界遺産) | Adventure D'Rider, jasmine T Cardwellのブログ

Adventure D'Rider, jasmine T Cardwellのブログ

アドベンチャー(ADV)・ド’ライダー、jasmineです!
北米大陸を2輪(バイク)で横断中2回のバイク事故に遭い、4輪で再横断へと新たなチャレンジスタート!jasmine目線で、アドベンチャーな世界を紹介していきます!
www.samurai-rider.com

やばい、またもや遥か昔の事になりつつある程時間が経ってしまった滝汗さぁ、書きますぞてへぺろ

誰もが一度はテレビで見たり、聞いたことがあるであろう魅惑の観光地、モン・サン・ミッシェルキラキラ

陸路初のフランスへ入国しましたI私もずっと行ってみたいと願っていた、モン・サン・ミッシェルへ遂に行くことが出来ましたキラキラありがたやぁ〜ラブ

そしてここが、ヨーロッパ本土の最終観光地点になります地球

ルクセンブルク、ベルギーを経てフランスへ、英仏海峡沿いを南下すること6時間、急に幻想的な姿がお目見えです車


写真が遠目なのでよく見えないけど、モン・サン・ミッシェルの周りは放牧地で、牛、特に羊の大群がもふもふもふもふしてて羊羊羊きゃわいいったらなかったラブ


上矢印モン・サン・ミッシェルから約2㌔程離れたこの辺りにホテルが点在しやキャンプサイトがあります。


上矢印勿論、モン・サン・ミッシェルでもキャンプですニコニコゲートとセキュリティの警察官に厳重に入場管理されていて、このご時世なのでちょっと安心しました。
着いたその日はモン・サン・ミッシェルにて、キヌアカレーの夕飯ウインク

翌日、モン・サン・ミッシェルへ観光に出かけました!!
マイケルが2007年に訪れた時とは全然違う観光地に激変したみたいですびっくりモン・サン・ミッシェルまで続く道路は整備されておらず、目の前までバイクで行けたみたいびっくり
今は一般車両は完全に通行止めなので、無料シャトルバスに乗ってモン・サン・ミッシェルまで行きます…が、天候にも恵まれた朝10時前後のシャトルバスが激混みだったので、馬車に揺られてのんびり行くことに馬馬馬(1人5.50€、25分程かかります)

上矢印朝一番に始動のお馬Iさんに揺られて向かう途中、左のお馬Iさんの長〜めのオナラが   「ぶ〜〜ぅぅぅぅぅぅぃ」と響き渡り、乗馬していた観光客皆で大爆笑笑い泣き笑いも取るモン・サン・ミッシェルのお馬さん馬やりよる馬馬馬

そしてーTada〜ラブラブラブ

幻想的なモン・サン・ミッシェルを目の前にしばし感激ラブ

モン・サン・ミッシェル内に入ると観光客でごった返していました。どこを見ても日本語、日本語…日本語〜びっくり如何に日本人観光客が多いのかが伺えましたニコニコ

下矢印こちらはモン・サン・ミッシェルのmust to go的レストラン。入ってすぐ左側にあるので見逃すことはありませぬニヤニヤもちろんメニューも日本語ありで私的にはとても楽チンでしたニヒヒ


下矢印そしてこちらがモン・サン・ミッシェルと言えばこれというくらい名物の、ふわとろオムレツ(カメラ右下、私の手がレディ・ガガみたくなってるのは気にするな笑い泣き)と、羊のラム肉が肉厚で脂身も甘くて美味しいことラブ英仏海峡沿いの放牧地で育った羊達は、海水で育った飼料を餌にしているせいか、ラム肉自体に塩気があり、ソースを付けなくても美味しく頂けましたI弾力性もあって食べごたえ充分おねがい



上矢印パリに住む親友のお姉ちゃん、くーちゃんが奇跡的に同じ日にモン・サン・ミッシェルへ来るという偶然で、一緒に修道院内を観光し、ガイドまでしてもらっちゃいましたニコニコさすが本業がガイドさん、めちゃくちゃ詳しく説明してくれてとっても勉強になりましたラブくーちゃん、ありがとうチュー

下矢印修道院

下矢印修道院の内部
くーちゃんのガイドによると、ゴシック様式とロマネスク様式を中心に何世紀にも及んで混ざりあった建築物みたいですおねがい





上矢印くーちゃんのお友達で、シェフのお勉強でフランスに留学中のたくちゃんも一緒にウインクヤングイケメンだニヤリ爆笑

下矢印帰りはモン・サン・ミッシェルからキャンプサイトまでの道のりをのんびり歩いて帰りましたキラキラ天候にも恵まれ、サニー・カードウェル健在ですラブラブラブラブラブラブ

だんだん遠ざかるモン・サン・ミッシェル…
マイケルとぶっちゃけてたんだけど、モン・サン・ミッシェル、内部より外観の方が全然見応えあるね…って滝汗


下矢印モン・サン・ミッシェルの夕焼け…で遊ぶおじさんとおばさん笑い泣き笑い泣き笑い泣き


さて、モン・サン・ミッシェルを最後に、ヨーロッパ本土としばしのお別れえーん
英国に向かいます車車車地球地球地球