【埼玉・東京・横浜発】 
お母さんが我が子に教える
 とにかく明るい性教育 
パンツの教室インストラクター
 ふくしまあすかです。
 

わたしの住む地域ではよく
「〇〇にお住まいの〇〇歳の男性が
散歩に出たまま行方が分からなくなりました。
服装は〇〇で… .」
  

などという放送が流れます。
  

大体は高齢者の方でその日の夜か翌日には発見されます。
  

でも時々、小中高生の放送も流れます。
   

家族と喧嘩したとか
家出のようなことかもしれませんが
 

小さい子どもを持つ親としては
無事に発見されたと放送されるまで
ドキドキします。
   
 

我が子がいなくなった!
   

連絡も取れない!
  
 
夜になっても帰ってこない!
  
  

親御さんがどんな気持ちで待っているのか
考えるといたたまれないです。
  
  
 
そんな時いつも思います。
   
 
 
子どもが犯罪に合わないように
気をつけるということをしていたら…

 
自分で自分の身を守る方法を知っていたら…
 
 
しっかりと親子の信頼関係を築けていたら…
 
 
何か違ったのではないかと...
 
 
 
今はまだ小さい我が子でも
自分の手を離れる時が必ず来ます。
 
 
その時に子どもの心と頭にしっかり
残しておきたいのは
  
 
 
『愛情』と『生きる』ということです。
  
 
 
どちらも性教育でなければ伝えられません。
  

 
とてもとても大切なことですが
学校では教えてくれません。

 
まずはお母さんから始めてみませんか
10月から始めるメルマガで
体のことだけではない伝えるべき性教育を
配信していきます。
▼事前登録はこちらから▼