明季 official blog ショウほど素敵な商売はない♪

映画のワンシーンのような日々の記録。


テーマ:
先日、とあるバラエティ番組で、性的マイノリティに関する差別的表現が問題になりましたね。

マスメディアは我々に対して、とても大きな影響力を持っています。
人の無意識の部分に、差別の心や思想を植え付けることだって可能なのです。
それを忘れてはいけないと思います。自戒も込めて。


実は私が興味を持っていることの一つに、"ジェンダー"があります。
"ジェンダー"という言葉を知ったのは大人になってからですが、それを知る以前から、ジェンダーに関する事柄には強い興味がありました。


{F0EF1BC3-3F69-4D04-AFBA-8A355FC2D2AC:01}

(この写真で物議を醸した、フェミニストのエマ・ワトソン)


例えばそれは、

・出席番号で男子生徒が女子生徒より先の番号になっていること(今はもう混合名簿になっているところが殆どですね)

・選手宣誓のときに、「僕たち、私たちは〜」と"僕"が最初に来ること

・結婚式では必ず新郎から名前を読み上げられ、結婚後も夫婦2人の名前を表記する際は男性の名前が先に来ること

・結婚したら女性が姓を変える人が殆どで、それが当然だと思われていること(どちらでもいいはずなのに、97%の女性が姓を変えているそうです)

・若い世代の共働き夫婦でさえ、女性が家事・育児の大部分を担い、男性は外で働く、という意識が強い傾向にあること(これは日本企業の長時間労働や、男性の育児休暇の取りづらさ、といった問題も関係しているのだと思います)

・夫のことを"主人"と呼ぶこと

・食事の席で女性が料理を取り分けたり、お酌することを求められる風潮。または、それが良しとされる傾向

・あらゆる物事、場面において、男→ 女の順になっていること

など、他にも例をあげたらキリがありませんが、こういうことを昔からずっと疑問に思っていました。
(そして、上記のようなことに納得がいかなくて、私は結婚願望すらなかったのです!)


{BB33CDAA-1651-45B1-B49B-710A75215E1D:01}



それを周りに話すと、「そんなこと考えもしなかった!」とか、「そんなの普通。しょうがないよ、考えるだけ無駄。」とか、「そんなしょうもないことよりも、もっと大きな問題が世の中には沢山ある。」と言われた事もありました。

共感してもらえず悲しくなった記憶がありますが、でも、そういう返事が返ってくるということは、ジェンダーに対する意識が低いということ。

日本のジェンダーギャップ指数は、2016年度の調査では、144カ国中、111位!
男女平等に関しては後進国。
意識レベルも、まだまだのように感じます。

{FE3C9DB5-1893-4143-8515-AB728C3B3491:01}



私は大学に入ってからジェンダーについて学びましたが、もっと早い段階から学校で教えてもいいのではないかと思います。
そうすれば、日本人のジェンダーに対する意識も変わっていくのではないでしょうか。
(残念ながら、学校や教育自体が、男尊女卑を助長するシステムになっていたりもするのですが…。)

これだけ男女平等・男女同権と言われている時代ですが、無意識レベルでの男尊女卑思想や性的マイノリティへの差別は、いまだ根強く残っています。
もちろん、"区別"は必要なときもあります。しかし、必要以上の区別は"差別"に繋がります。

男女に限らず、今はもうジェンダーフリーの時代。
性別にとらわれず皆が生きやすい世界を目指すには、無意識レベルにおいての改革も必要だと感じます。

それは教育であったり、メディアであったり、
そして芸術という分野でも可能だと考えています。
芸術の役割の一つは、そういうところにもあるのではないでしょうか。

表現者としてそんな作品に関わることができたら、私は嬉しいです。



{726AE1A7-79F0-4B03-B14D-790947A78CC4:01}









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、改めて実感すること。
それは、カタカナ英語や外来語が、日本人の英語を邪魔しているという事実。

例えば私は、moreという単語を、"モァ"、beforeを"ビフォァ"と、最後に軽く"ア"の音を入れて発音するものだと思っていました。
たまにですが、ネイティブの発音でもそのように聞こえる時があったので…。

でも発音記号を見るとmoreは「mɔːr」、
beforeは 「 bɪˈfɔːr」 なんですよね。
aの音が入っていないという事実!
これは私にとって衝撃でした。

でも、同時に納得しました。
ネイティブがbefore や moreという単語を発音するとき、最後にaの音が聞こえない場合も多くて、今まで不思議だったのです。
o(オー)の口をしたまま、r を発音しているように聞こえ、音として表現すると"モーr "、"ビフォーr "といった感じ。

何でaを発音してないんだろう?と疑問に思っていました。
もしかて、「Let me see… 」と言う時の「Let」の t の音を発音しないのと同じような感覚なのかしら?と(笑)
随分勝手な解釈ですが!

「本来、a の音は発音せねばならないのだ」と思いこんでいましたのです、私。
おそらく自分の中に、カタカナ英語としての「モア」と「ビフォア」が刷り込まれていたからですね。

カタカナ英語や外来語は、こういった時に邪魔になってしまいます。

more やbefore の発音が、ネイティブでも人によっては、最後に軽くaの音が聞こえる気がするのは、o(オー)の後に r を発音するせいかしら?
舌の位置が変わるために、日本人にはそのように聞こえるのかな?


とりあえず今回の件で、私の中でbefore と moreが苦手な発音でなくなりました。これは嬉しいこと!
この二つの単語の発音には、ずっと違和感を感じていたので、スッキリしてよかったです。いぇーい!

発音記号を確認するのって大事ですね。
改めて思ったのでした。







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

じゃん!

{74235316-1574-4B3B-B5B0-5E8732F87000:01}


{ED46AE52-DFDE-45DB-9C38-11435E4422D4:01}



届きましたー!
以前から気になっていた、この二つの教材。
色々リサーチした結果、英語学習者の間でも評価がとても高かったので、試してみることにしました。

リスニングパワーは日本語と英語の周波数の違いに着目した教材。
なので、普通のリスニング教材とは異なり、特別な効果音や周波数の音が一緒に録音されています。

7➕ENGLISHは、言わずと知れた、あの七田式の教材です。

どれだけ効果が出るのか楽しみであります。




周波数について調べていたら、面白い記事を見つけました。
eikenさんの記事を参考にさせていただいています。)
{A9214A74-5713-45EB-9D19-D31A5DC7F275:01}


日本語と英語は周波数が全く違い、重なり合う部分さえないんですね。(意外なことに米英語は重なっていますね!)

ロシア語なんて、すごいです!この図を見ると、ロシア人に他言語話者が多い理由も納得できます。

日本語の低い周波数に慣れてしまっている我々日本人は、英語の高い周波数を聞いてもなかなか耳に入ってこないのだそう。

日本語のみをマスターしてしまった私達は英語はすでに雑音として区別されてしまっているんですって!

たしかに…
何か作業する時、日本語の歌は歌詞が気になってBGMとしてはふさわしくないなと感じます。
しかし馴染みがない外国語の歌なら、歌詞が分からないので、"音"として捉えるため、BGMになり得ます。



あと、面白いと感じたのは、自分の口で発音できない音は言語として認識しないということ。

私達の脳は耳から入ってきた音が言語なのか雑音なのかを区別する際に「口」、「舌」、「あご」、「声帯」、などで以前にその音を自分で作った事があるかどうか?をすさまじい速度で照合して判別しているということが分かっています。

ということは、正しく発音できたら、その音が言語として認識できるということ!希望が持てますよね。


私は耳がいいと言ってもらうことも多いので、この事実を知って、ますます頑張る気が起きてきました。

聴くことができる=発音ができる
その逆もまた然り。


私の場合、初めて聞く言語でも、それに近い音で発音することができるんです。
中国語を初めて習った時も、先生から「中国語やってたの?」と言われたことがありました。
授業でも、リスニングとスピーキングだけは、ほぼ満点だったという記憶が。

これって実はすごい特技なんだなぁと、最近、気付いてきました。
この特技をあまり活かしてないなんて、なんて勿体無いのかしら!と。

仕事やプライベートでも英語の必要性は高まってきており、また留学への興味が出てきたこともあって、本腰を入れて勉強することに決めました。

とにかくまずは、勉強を習慣にしていくこと。
これを実行に移します。
がんばるんばー!


長くなってしまいましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日も素敵な一日になりますように!
have a lovely day!!















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
すっかりご無沙汰になっておりました。
BlogにUPしょうと思っていた内容や、撮りためた写真も沢山あるのですが
ちゃんとした文章で載せたい!などと思っているうちに、時間が経ってしまい(笑) 全部UPしきれなーい!という事態に。

こういうところで完璧主義が顔を出します。他のところでは、全然そんなことないのですけどねぇ。


とりあえず、ちょっとだけ載せます。



{29CF2FBC-0974-4998-B922-1D3291072179:01}

後ろに見えるのは大分の高崎山です



{E63917EA-D879-493B-B764-50D6C3C6F7EF:01}

クーラーの風にスカートが靡きました



{1025D910-AAC6-43EA-BA92-08C41554EB91:01}

大分で従姉妹達とパーティー!



{3C23E0E7-3A97-4C66-BB27-22C7EAF895D3:01}

ある短編映画の撮影で
珍しく、キリリとした女性の役



{E762101D-64AB-484F-A3F2-4E7CF3F8EA45:01}

別の撮影現場で、東宝スタジオへ




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。