☆初めましての方へ☆
Chicoです。
和紙を使って龍神さんや狛犬さん達を描いています。⇒ギャラリーへ
見えない世界のことを見たり聞いたりはできませんが、創作活動をしているとフワッとイメージが降りてきて、頭の中で彼らが勝手に生き生きと動き出します。
ブログではそんな様子をお届けしています。ちょっとした物語として楽しんでもらえたら嬉しいです。
Blogに登場する愉快な仲間達のご紹介


お友達登録していただけると狛犬たちが喜びます(笑)
新作龍神アートのお披露目、イベントのゲリラ告知などゆる〜く発信しています。

 

 

ふと、気づいたことがあったので・・・。

 

 

わたしは関節リュウマチになってから

いろんな神様へ挨拶に行きました。

 

病気になったから信心深くなったのではなく、

神社仏閣好きになった頃に病を発症しました。

 

もし、神様の存在を知らないまま、

病気になっていたら、

自分の不幸を恨み、今も治らないまま

痛みに耐えていたかもしれない。

 

新しい視点を与えてくれた

俯瞰して自分を見つめるヒントを沢山教えてもらいました。

 

 

それでも、やはり病気である以上は

困ったときの神頼み、になりまして・・・・ショボーン

体についてお願いもしました。

 

 

“健康になりますように”

“病気が治して下さい”

 

ではなくて、

 

“わたしがまだ知らないだけで、

この病気が治る方法やキッカケ、ヒントがあるなら

それに巡り合わせてほしいです。

 

そのかわり、ピンときたらどんなことも行動にうつして

実践します!

 

ピン!と感度良く毎日過ごします”

 

と拝殿でお話をしました。

 

 

で、おみくじを引く。

 

 

そこになにかしら

神様からのお言葉があると思うから。

 

 

 

ありがたいことに、

いつもどこの神社でおみくじを引いても

 

健康に関しては、『完治』『全快』『時間はかかるがよくなる』『医者に従えばよくなる』

『信心すれば必ず治る』等の言葉がありました。

 

中吉や小吉で他がイマイチぱっとしない内容でもびっくり

健康の項目だけは良い言葉なのです。

 

 

大好きな三重県の椿大神社では病気平癒のご祈祷を何度がお願いしたし、

大阪にある日本医薬総鎮守 病気平癒・健康成就の社 少彦名神社(神農さん)

にも幾度か足を運び、御札もいただきました。

 

 

おかげで、キラキラキラキラ順調に回復しています ウインクラブラブ

 

 

転んでもただでは起きない、じゃないけど

どうせなら『病気になる以前よりも健康になります!』

と宣言してきました。

 

 

ただ、旧正月明けに訪れた熱田神宮では、

ちょっと違いました。

 

熱田神宮はわたしの氏神様です。

 

おみくじを引くと

『思っているより悪い。気をつけろ』的な言葉でした。

軽くショックだったので

すぐに紐に縛り付けたので、言葉の詳細はうろ覚えびっくり

 

 

 

その頃、薬のおかげで寛解していました。

 

“え? なんで!?

寛解もして、調子もいいのに・・・ 

他の病気の心配があるってことぉぉぉ???”

 

 

 

熱田神宮の神様は、厳しめです。

 

甘いことや泣き言いってると、

 

お尻ペンペン愛のムチです。

 

氏神様なので、

親が子を想って厳しく躾るのと似てる感覚です。

 

“ちょっとは優しい言葉かけてくれてもいいじゃん、新正月なんだし”

 

そう思ってましたあせる

 

 

 

それから一ヶ月ほど経過して、

 

あ!そういうことだったの!!!

 

と合点したことがあります。

 

 

 

私は、生物学的製剤を自己注射していました。

 

グググと強く免疫を下げる薬です。

投与して半年経ってました。

 

はじめはよく効いていいたのだけど、

いつ頃からか注射後に皮膚が腫れたり、固くなったり

太腿に注射したときは、歩くときに鈍い痛みまでありました。

 

 

そんな調子だから『なんだか打ちたくないなぁ』

“いったいいつまで続けなくちゃいけないんだろう”

後ろ向きな感情もありました。

(なにより一本3万円くらいするし滝汗 ※保険適用額)

 

 

そのときに、体から「もう嫌なんですけどーーー、

いらないんですけどーーーー、

痛いんですけどーーー

No Thank you なんですけどーーー」

という声が聞こえました。(そんな気がした)

 

 

で、ハッと熱田さんの言葉を思い出したわけです。

 

『思っているより悪い。気をつけろ』的な言葉

 

 

なるほどーーーー!!!

 

病気が悪いのではなくて、

悪いと思いこんで、逆に強い薬で体を痛めつけてるよ、ってことだ!!

 

 

 

それが一ヶ月前の話、

 

お世話になってる先生には

「今、辞めたら痛みがリバンドするかもしれない」と心配されたけど、

わたしの気持ちは固く、注射をストップ。

 

 

それから一ヶ月経ちました。

さらに併せて飲んでいたお薬も減らしました。

 

6錠も飲んでいたのに、今は2錠。

 

それでもまったくリバンドはありません。

 

 

体の声を聞く

神仏の言葉を信じる

 

 

わたしは私の専門医だし

わたしは私の薬剤師

 

いつだって真実は自分の中にある。

 

 

そう感じます。

 

神様を信じるみたいに

自分の体も信じてあげようクローバー

 

 

良い、経験になりました❤