疫病退散で有名な木野山神社に行ってきました!

 

岡山県 備中松山城の近くにある

創建955年の古社

 

 

倉敷市の美観地区を歩いていたときに

戸外に貼られているお札をよく見かけました。

 

疫病退散と書かれていて

狼が向かい合って座っています。

(↓写真はそれとは別のお札です)

 


これを見た時に

「かわいいーーーーーー!」と一目惚れ。

 

このお札が欲しいいよーーーと

検索したらば

なんと今 

住んでる場所から車で10分の場所でした。

 

ちかっ!

 

これはもう挨拶するしかない!と勇んで参拝

 

(里宮)

 

【木野山神社】
古くから流行病、精神病に対するご霊験は殊にあらたかで明治9年を皮切りに中国地方に猛威をふるったコレラ病は一大悲惨事を巻き起こし、この業病を免れようとする人々が昼夜の別なく参拝し、ご分霊の請待も相次ぎ格別のご神威の発揚があった。

(サイトより抜粋)

 

 

奥宮もあります。

里宮から登山で1時間です。

車でも上までいけるそうですが、

聞くところによると

「車が一台やっと通れる道幅の山道」ときいて

あっさり諦めました。

 

暖かくなったら自分の足で上までいって

改めて挨拶したいと思ってます。

 

 

さて、ここで面白いことが起こりまして

 

本殿で挨拶したときに

わたしは〝大祓えの祝詞〟を流しました(桜井識子さんのCD)

 

そのあとお札をいただこうと

社務所にいき

そこで神社の方とお話ししました。

 

倉敷市でお札をみてここにきたこと

描かれてる狼が超可愛いと思ったこと

(ちなみに「かわいいですかねぇ???」と不思議がられましたが)

 

話してる途中で急に

わたしのカバンから般若心経が流れ出しました

 

びっくりです。

 

先ほど流してたCDの中の一曲です。

 

大祓祝詞のあとしっかり「停止」を押して

曲が止まったのを確認してるのに・・・

 

まぁ現実的に考えれば

カバンの中で他のものと接触して

たまたま再生されたんでしょうが(iPhoneです)

 

「狼さん可愛いーーー」と騒いでた

タイミングだっただけに

 

「可愛いじゃなくて、カッコいいだろ」とツッコミなのか

とにかく偶然のタイミングが可笑しかったです。

 

 

さらに

この里宮の駐車場について確認したのですが

境内に車を停められるそうです。

 

ただそこへ行く道がこれまた細くて

 

※城下町の高梁市は国道から住宅街に入ると、とにかく道が狭い(泣)

車1台しかとおれず譲り合いの道が多いです。

 

「車で来れるのか?(わたしが)」

 

道は細く

急勾配の坂を登りますし

Uピンカーブのようになった道なので

途中で車を切り返す必要があります・・・

 

運転に自信がない私は

今度来た時のために

徒歩で確認することに

 

そしたら

 

車が一台やってきて

まるで

「こうやってやるんだよーーーー」とお手本のように

教えてくれました。

 

ここはとても歴史ある神社なのに参拝客は少ないです。

わたしがいったときは、私以外に1人でした。

 

なので、車がたまたま来て

お手本が見せてもらえたことはラッキーでした。

 

その日は

これ以外にも

いろんなことがタイミングがよかったり

人に助けられたり

とてもラッキーな1日に

 

偶然といえばそれまでだけど、

 

わたしには

この神社の氣を浴びたからかな、と思わずにいられません。

 

強い神様がいらっしゃる気がします。

 

な・の・に

 

参拝客が少ない。

 

もったいなーーーーーーいっ!!!!!

 

あったかくなったらじっくり長時間境内に滞在して

登山もして奥宮までいって

たっぷりここの神様の氣を浴びたいと思いました。

 

 

この神社に限らず

さすがは桃太郎伝説がある岡山県は

1000年以上の歴史ある古社が多いです。

 

しばらくこの土地にお世話になるので

せっせと近辺の神社を巡りたいと思います。