V6の皆さんが揃って作新学院を訪問し、丸一日かけて学院をくまなく収録して下さった『V6の愛なんだ 2019』(TBS系)が、遂に9月23(月)放送されました。

 

 

3時間にわたるスペシャル番組は、2万人の中高生たちに実施した調査をもとに、番組スタッフの皆さんが全国津々浦々の学校をきめ細かく訪問。

 

興味深い生徒さんや意義深い教育を実践している学校を数多く取材されている中、作新学院の生徒や学校紹介だけに30分を超える放送時間を割いていただき、本当に有り難く感じました。

 

中でも、V6さんと応援団、チアリーディング部、吹奏楽部合わせて160名の生徒たちが「夢のコラボ」を実現できたシーンは圧巻で、甲子園のアルプススタンドの感動と熱気が本学体育館に蘇りました❗️

 

 

サプライズで登場したV6を目前に、飛び上がり、叫び、泣き出す子までいた生徒たちでしたが、毎年、県大会&甲子園で灼けつくような炎天下にカラダを張って選手を応援している、その努力と汗への天からのご褒美という感じがして、胸が熱くなりました。

 

V6の皆さんもノリノリで甲子園応援を楽しんで下さり、さくしろうシールを貼ったオレンジの作新メガホンを片手に同じチームとして「一校一家」を共有してもらえ、とっても嬉しかったです(˃̵˂̵)

 

 

今夏の甲子園で演奏したV6さんの「愛なんだ」に加え、作新の得点時に必ず演奏される「パラダイス銀河」もジャニーズさんの曲で、あらためて御縁を実感しました。

 

 

いつもはアルプススタンドという屋外でしか見聞することがない応援を、体育館という室内で体感するとその迫力や感動もひとしおですので、放送を見逃した方は是非YouTubeでご覧いただけたら幸いです。

 

https://youtu.be/feVvbZc69iw

 

出演した生徒はもちろんのこと、そうでない園児・児童・生徒、教職員、そしてすべての作新関係者にとって、今回の収録・放送は忘れがたい思い出となりました。

 

オンエアにこぎ着けるまで、番組スタッフの皆さん方には、幾度となく宇都宮まで足を運んでいただき、数え切れないほどの打ち合わせや連絡を重ねて下さって、言葉では言い尽くせないほどお世話になりました。

 

本当にありがとうございました🙏

 

『愛なんだ 2019』では、岡田准一さんの熱血指導による「アトラクション部」、尾瀬高校で自然環境問題に取り組む「尾瀬アベンジャーズ」、「未成年の主張」での戦争体験世代からのメッセージなどなど、『学校へ行こう!』から引き継がれている強く明確なメッセージや、それを基に良い世の中を作って行こう!という高い(こころざし)がヒシヒシと伝わってきました。

 

ネット全盛の時代になっても、テレビは人々の魂を世代を超えこんなにも揺さぶり、未来をつくる大きな力を持っていることを教えられ、混迷する未来にも希望を抱かせていただきました。

 

『V6の愛なんだ』を雛形として、学校や教育、子どもたちの“等身大の今”を楽しく前向きに伝えてくれるメディアが、一つでも多く継続され、増えていってくれることを心から願ってやみません。