作新学院の卒業生には、リオ五輪金メダリストの萩野公介選手を筆頭に、来年のオリンピック&パラリンピック出場候補選手が数多いますが、中でも俄然注目を集めているのが、東京五輪から正式種目となる「スポーツクライミング」の楢崎(とも)()明智(めいち)兄弟。

 

 

幼稚園から中等部までの12年間、作新で過ごしたお兄ちゃんの智亜選手は2016年、ボルダリングの世界選手権で日本人として初優勝。

 

 

同年に続き今年もワールドカップのボルダリング種目で年間総合優勝を果たし、複合のジャパンカップでは昨年に続き連覇を達成するなど、東京五輪で金メダルを期待されるトップアスリートの一人です。

 

一方、幼稚園・小学部の9年間を作新で過ごした弟の明智選手も、明日の日本クライミング界を担うホープの一人です。

 

JOCジュニアオリンピックカップや全日本クライミングユース選手権リード競技大会で優勝するなど、長身を活かしクライミング3種目をバランス良く勝ち切れる選手です。

 

東京オリンピックでのスポーツクライミングは、3つの種目(リード・ボルダリング・スピード)の複合種目として実施されます。

 

リードは、制限時間内で到達した高さを競う種目で、ボルダリングは複数のコースを制限時間内にいくつ登れたかを競う種目。

 

そしてスピードは、高さ15メートルの壁に設定されたルートを駆け登るタイムを競い合う種目です。

 

通常は単種目として行われるリード、ボルダリング、スピードをオリンピックではすべて行い、3種目の合計で順位がつけられます。

 

 

世界中を転戦しているため、なかなか実家にも帰れない多忙な二人が、先日揃って母校を訪ね、後輩の小学・中等部生たちにボルダリングの指導をしてくれました。

 

 

 

 

模範演技も少しだけ見せてくれたのですが、あまりにも“異次元”な身のこなしに、子どもたちからは何度も歓声とどよめきが上がっていました。

 

 

 

ボルダリング指導の後には、折角の機会なので学院誌『作新の風』掲載用に鼎談をさせてもらいました。

 

 

学院時代は、キラキラした瞳ではにかんだ笑顔を見せながらも、とにかく恥ずかしがり屋で人前で話すような生徒では絶対なかった智亜君が、今はスターアスリートとして立て板に水で堂々と挨拶する姿には本当に驚かされ、感動しました!

 

ただしばらく話していると、天才肌と言うのか(と言うよりむしろ天然?)、かつての智亜少年を彷彿とさせる場面も数々あり、懐かしく感じました。

 

幼い頃から身長も大きく、大人びた優等生だった明智君は、当時の面影そのままに、尊敬するお兄ちゃんを常に立てながらも、実際には誰よりも強い愛を持って智亜選手を冷静に観察・分析し、的確なアドバイスを送り続ける保護者のような存在なのだなと、初めて気付かされました。

 

二人のお父様は医師で、老健施設を併設する病院を経営されているそうですが、明智君によるととにかく「患者さんファースト」を徹底している方なのだそうで、久々に家族が実家で顔を合わせるこの日も医院からは戻らず、夕食はお母様と三兄弟だけでとる予定と言っていました。

 

やっぱり世界レベルのアスリート兄弟を生むご家庭は“異次元”であることを実感した、文字通りスペシャル・インタビューとなりました。

 

詳しくは、134回目の創立記念日を迎える9月28日発行の『作新の風』を、是非お楽しみに!

 

8月に行われる世界選手権で7位までに入賞すれば、東京五輪への出場が決定します。

 

オリンピックでのワンツーフィニッシュ目指し、頑張れ、楢崎兄弟 ‼︎