柴犬 時晴(ときはる)が行く! 〜初めての大晦日の巻 | 畑恵オフィシャルブログ

畑恵オフィシャルブログ

畑恵のオフィシャルブログです。すべては子どもたちの未来のために。


テーマ:


 

こんにちは、(とき)(はる)です!

 

今年1月生まれのボクにとって、今日は初めての大晦日。

 

それにしても大晦日って、やたら忙しいんだね。

 

パパもママも家中バタバタ、年越しの買い物だの新年の飾り付けだのって、ちっともボクをかまってくれやしない。
 

 

そうそう、最初のボクの写真、おじいちゃんが今ハマっているiPhone10で撮ってくれたんだ。

 

すっごくキレイで、ボクの毛の一本一本までクッキリ写ってるでしょ!

 

ポートレートモードっていうのにして撮ると、“ヒシャカイシンド”とかいうのが浅くなって、背景がいい感じでボケるんだって。

 

おじいちゃんも夏の始めには、ごく初期の前立腺がんであることがわかって家族みんなものすご〜く心配したけど、今はホルモン療法のお蔭ですっごく元気で、今は寝ても覚めてもiPhone10に夢中なんだとか。

 

もともとエンジニアだったおじいちゃん、83歳になった今だって百科事典みたいに分厚い説明書や解説書も、寝る時間を惜しんで読破しちゃうんだ。

 

ただ、iPhoneに夢中になるあまり、おじいちゃんが全然歩かなくなったっていうのが、目下おばあちゃんの一番の心配事。

 

せっかく買ったランニングマシンも、このままでは無用の長物になっちゃうって溜息ついてたよ。

 

ヨシッ、それじゃボクが代わりに使ってあげるね!


 

 

病気って言えば、実はボクも秋頃に目を怪我しちゃったんだ。

 

生まれて初めてエリザベスカラーというのを、

 


寝る時も、
 


 

散歩する時も 

 

 

とにかく付けたまま、さらに眼薬を一日多い時は8回も点眼し続けて3週間。

 

お蔭様で後遺症もなく、全快しました!

 

でも、この格好で青山界隈を散歩してると、外国人の観光客の人たちが喜んで寄って来て、すぐパシャパシャと撮影会になっちゃうんだ。

 

行き交う人たちがみんな笑顔になってボクを見てくれるので、うっとうしいはずのカラーも結構お気に入りだったかも。

 


 

病気になると、なった本人(犬)も支える家族もみんな大変だけど、でもその大変な分だけキズナが深まるって言うか、家族ってイイな、何より大切だなってしみじみ思うよね。

 

一緒にいてくれて、いつも誰より大切に思ってくれて“ありがとう”って、素直に言える気がする…

 

って、実はこれママがこの間、心の中でおじいちゃんとおばあちゃん、そしてパパにつぶやいてた言葉。

 

あっ、ボクには人間の心の声が聴こえちゃうからね。  

 

 

ボクもこの一年、沢山の人たちにお世話になりました。

 

本当にありがとうございました!

 

来年のイヌ(戌)年も、どうぞ宜しくお願いします!

 

さて、締めの写真も、おじいちゃんがiPhone10で撮った一枚で。

 

どうぞ皆さん、ワンダフルな新年をお迎えください 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

畑恵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス