オーストラリア現地日本人調教師の海外競馬&乗馬ブログ

オーストラリア現地日本人調教師の海外競馬&乗馬ブログ

海外で馬術競技会出場、競走馬調教などを行っている日本人ホースマンのブログです。競馬の盛んな国オーストラリアで共有馬主の募集も行っております。ツイッターでも情報更新中!アカウント@DChujo

お久しぶりです。長い事おろそかにしていたブログを再開(?)しました。

 

 

今日は日々の出来事ではなく、現在共有馬主を募集している馬がいまして、その件について色々質問を頂きました。特に共有馬主になった場合の費用は?賞金の配当法は?などの質問が多かったので、下記に資料請求を頂いた方へ送らせているものを公開したいと思います。

 

こちらです↓

 

共有馬主

 

一口5%の所有権で、一頭に対して合計20口で募集(一人で最大1頭20口まで所有可能)

 

一頭の馬を、1人(20口100%保有)から、最大20人で所有し、馬にかかる費用を各馬主の所有率で負担

 

レースでの獲得賞金は、各馬主の所有率により分割し、授与

 

共有馬主様へは調教内容やレースのレポートをEメールにて送付

 

登録料

 

馬主登録料はシェア所有のパーセンテージに関係無く一律で現在$110

(2020年1月現在)

 

馬のシェアを購入毎にかかる費用ですが、更新料などは無くその馬の競走馬現役中一度だけの支払いとなります。

 

馬主になるためには、オーストラリア競馬会が発行する書類(Horse Registration用紙)への英語での記入と、当厩舎の書類への英語又は日本語での記入が必要になります。(こちらから書類をメール等に添付するので、記入後に持参、郵送して頂くか、メールで返信して頂きます。)

 

※入会金・月額費等はありません。

維持費

 

10%の購入の場合、調教中の預託費、その他諸費用を含めると1ドル80円のレートで月約2万9000円前後となります。休養中は月1万7000円前後となります。5%の購入の場合はこれらの金額の半額となります。

 

※所有馬が獣医の治療が必要であったり、シドニー、メルボルン地区などへの遠征競馬があった場合は平均額を超える場合もあります。

 

※請求は基本毎月末締、翌月請求となります。国際送金、クレジットカード、ペイパル、Apple pay などのお支払い方法があります。日本からの国際送金の場合、入金ごとに手数料がかかりますので、数ヶ月まとめての請求にも対応を考えております。ご相談ください。

 

 

賞金

 

賞金授与は競馬開催団体からの各馬主の口座への直接振り込み、又は当厩舎でプールさせて頂いて維持費に充填。維持費以上の賞金が溜まった場合に当厩舎から国際送金。

 

※日本にお住まいで日本の銀行口座しかお持ちでなくてもオーストラリアで馬主になる事は問題ありません。

但し賞金の振り込みの際に国際送金に一回$15の手数料が引かれます。(2020年1月現在)

 

※賞金の振り込み先の口座が日本の口座の場合、国際送金用のコードが必要です。ご利用の銀行窓口で確認して頂くか、銀行のホームページ等で載っている場合もあるのでご確認ください。

 

出資馬が獲得した賞金の約80%が馬主に分与されます。その中から所有%にもとづいて各馬主へ分与されます。

 

 

獲得賞品

 

トロフィーは重賞又はリステッドレースと呼ばれる準重賞レースから授与されます。また各カントリー競馬場で毎年一回カップレースというものが行われ、それらのレースの勝者にもトロフィーが授与されます。

 

トロフィーは、くじ引きでどの馬主にお受け取り頂くかを決定します。

 

 

 

 

 

売却益の分配

 

引退後に繁殖や乗用馬として売却、又は現役中に妥当な金額で買取りの誘いがあり売却された際は、売却にかかる費用と売却額の1 0%のコミッション費を差引いた金額を各馬主様への所有%に基づいて分配させて頂きます。

 

 

 

 

ご解約について

 

当該する馬の馬主登録完了日から6ヶ月後から毎3ヶ月ごとの期間で、シェアの解約が可能です。解約をご希望の場合は弊社に直接Eメールにてご連絡を頂きます。馬主解約費としてオーストラリア競馬協会へ$110の支払いがあります。

尚、馬主を解約申請をした時点でその後当該する馬が売却された場合に発生した売却益は、受理を放棄するものといたします。

 

 

 

賞金の概要

 

当厩舎はNSW州ノーザンリバーズというカントリー競馬地域に属していて、近くではムイルンバー、バラナ、リズモア、グラフトン、カシーノ、コフスハーバー競馬場があります。これらの競馬場では3種類の競馬開催が行われます。

 

1.TAB ミーティングと呼ばれる、場外馬券場を統括する組織(TAB)が主催する競馬で、1レースの総賞金は$22000、1着賞金は$11200、以下2着$3900、3着$2100、4着$1100、5着$720、6着 $540、7ー10着$500となります。

 

2.ハーフTAB ミーティングと呼ばれる、同じ組織が主催しているのですが賞金が本TABミーティングよりも安いレースです。1着賞金は$5850、以下2着$2020、3着$1010、4着$580、5着$425、6ー10着$375となります。

 

3.非TAB ミーティングと呼ばれる、競馬場団体が主催するレースで、賞金は一番小さいレース開催です。1着$4025、2着$1300、3着$665、4着 $450、5ー8着$350となります。

 

賞金額は2019年1月1日現在のものです。

 

賞金の約80%が馬主へ授与され、その金額の中からシェアの所有パーセンテージに基づいて各オーナーへ授与されます。

 

当厩舎はQLD州にも近いので、遠征へ行く事もしばしばあります。QLD州のレースの種類は大きく分けてメトロポリタン、プロビンシャル、カントリーと分かれております。

 

メトロポリタンとはブリスベン開催の事で、水曜日の開催では総賞金$30000(1着賞金$16800 2着 $5300、3着$2625、4着 $1600、5着 $1000、6ー10着 $500)、土曜日開催(主に有力馬の出走レースが組まれます)は総賞金$75000(1着賞金$42700、2着 $14350、3着 $7350、4着 $3500、5着 $2100、6ー10着 $1000) となります。

プロビンシャル開催は総賞金$21000(1着賞金$11650、2着 $3800、3着 $1900、4着 $1000、5着 $650、6ー10着 $400)、カントリー開催は総賞金$16500(1着賞金$9200、2着 $3000、3着 $1600、4着 $750、5着 $450、6ー10着 $300)です。

 

その他にシドニーで行われるNSW州のカントリー地域に属する馬だけが出走出来るレース(総賞金$60000)や、メトロポリタン開催で勝ったことのない馬が出走出来るレースなど、様々な形のレース体系となっております。

 

出走手当はNSW州のレースへ出走し、10着以内に入れずに賞金が獲得出来ない場合は$200から$300まで支給されます。レースによって支給金額が変わります。今のところQLD州のレースでは出走手当はありませんが、最近QLD州の賞金が増加されましたので、近々出走手当も発生する可能性もあります。

 

 

募集馬の名前

 

レース名が決まっていない馬の場合、一口馬主出資者から募集

 

単語と単語の間のスペースも1文字と数えて最大18字までが登録が可能

 

※現在又は過去10年以内、有名馬と同じ名前は使用出来ません。http://www.racingaustralia.horse/ にて現在名前が使用されているか確認をする事が出来ます。

 

共有募集馬

随時ツイッター(アカウント@DChujo)又は当厩舎ホームページ(www.japanoz.com.au/jp )にて募集馬の紹介をさせて頂いております。

 

 

もしご興味やご質問などがございましたらjapanoz@hotmail.com までご連絡下さい。

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

ジャパノズ厩舎代表・調教師

 

中條 大輝

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

日本のクラブ一口馬主との大きな違いは、出資馬の正式馬主として競馬会に登録され、レーシングプログラムや競馬会のホームページでの馬のプロフィール欄に自分の名前が掲載されます。

 

 

出資馬の筆頭馬主となった場合、自分のオリジナル勝負服をデザインして愛馬をレースへ出走させる事も出来ます。

 

 

もちろん現地に訪問された際は厩舎で愛馬とのご対面、そして立て髪をお土産として持ち帰る事もできます。タイミングよくレースへ出走した際の訪問の場合、馬主特有席への入場、パドックへの入場、ジョッキーとの対面もできます。そして愛馬が勝利した際は口取り撮影への参加が出来ます。

 

愛馬の情報提供はメールにて写真や動画付きで頻繁に送らせて頂きます。写真や動画は基本的にご自身のSNSでの公開がOKです。レース後はジョッキーとの談話も含めて報告。こちらがサンプル動画です。

https://youtu.be/quGNY7to-o8

 

 

現在の共有募集馬です。

 

父リダウツチョイス 母ビシュネバ(シーザリオの半妹) 3歳未出走馬

近親にサートゥルナーリア、エピファネイア、リオンディーズなどがいます。

 

 

前調教師の元で、ある程度乗り込まれていましたので、来月からコース走行を開始して、早ければ3月下旬頃にトライアル(模擬)レースへ使いたいと思っています。

 

現在の馬体重は470kgです。現時点で少し小柄に見えますが、筋力がしっかりとついてくれば馬体にボリュームが出て良いサイズになると思います。動きはさすが良血馬という抜群の動きをします。晩成型の様ですが、成長が完了したら立派な馬になると思っています。

 

募集価格は2月末までの維持費と2020年12月末までの保険費(死亡保険)、馬主登録費を含めて5%の場合$495(税込)、1 0%の場合$990(税込)で募集をさせて頂きます。現在のところ40%までご共有ができます。(現在1豪ドル約75円)

 

 

ツイッター上でこの馬の近況をアップデートしていきますので、よろしければフォローお願いします!

 

 

そして今年はツイッターで書けなかった事などを中心にブログをアップして行きたいと思いますので、よろしくお願いします!