相手無く吠える闘犬の虚しさ | Go further
新型コロナウイルスに関する情報について

Go further

~Online Business Coaching Masterのブログ~ 日本NO1ビジネスコーチング企業Formula Inc.のCEOによる就活生、社会人の為の気付きの宝庫。

当社Formula Inc.の能力カウンセリング用スマホアプリ、仕事のすすめ(英語名 JOBISTが各方面で取り上げられています。チェックしたらダウンロードを!

 

<アプリレビューサイト>

 ・App Library   http://app-library.com/archives/17885 

 ・meeti(ミートアイ)http://i.meet-i.com/?p=68903 

 ・Applion        http://applion.jp/iphone/app/711358147/ 

 

iTunes URL>

https://itunes.apple.com/jp/app/shi-shinosusume-dongku-rennotamenokaunseringu/id711358147?mt=8&ign-mpt=uo%3D4 

 

Google play URL>

https://play.google.com/store/apps/details... 

 

 

今日の一言。

 

 「欲も度が過ぎると単なる恥さらしになる」

 

結局何がしたかったのか?意図が分からなかった。多くの日本人が、ゴーン被告の記者会見に拍子抜けしたと思います。

 

事実かゴシップかは別にして、殆ど彼の逮捕後に巷で語られていた事でした。真珠湾攻撃の話を持ち出したのも、全くもって感心しませんでした。それを、多くの彼に都合の良いメディアの前で雄弁に語る様子は、本当に滑稽に見えました。哀れでした。私の受け止めは、言われたままになるのが嫌だから、反論した事を世界中に知らしめておきたかっただけ。

 

もはや子供の喧嘩。しかし、喧嘩の相手は誰なのでしょう?クーデターという表現が使われていましたので、日産自動車と考えるべきかもしれません。でも、日本政府の関与も仄めかしていました。はたまた司法制度だったのか?彼は、誰と何を争うつもりで口火をきったのでしょう?全く意味が分かりません。情けない・・・

 

それでも彼はルノー、日産、三菱で会長を務めた人間。何が凄かったのか?どんな業績を残したのか?そこに彼の強みはどう活かされていたのか?彼で無ければ成し得なかった事なのか、或いは日産の筆頭株主のルノーから送られてきた経営者なら誰でも同じ事が出来たのか。今なら後者に思えてきてしまいます。権力があれば、誰でも同じ事が出来ていたのではないか。

 

彼は、闘う相手を特定せず不満に対して吠えている闘犬。馬鹿らしいので、もうメディアは取り上げるのを止めた方が良いです。そうしたら闘犬は大人しくなるから。

 

From Facebook

 

2020年1月9日(木)

転職・キャリア ブログランキングへ