カルロス・ゴーン被告への軽蔑心 | Go further
新型コロナウイルスに関する情報について

Go further

~Online Business Coaching Masterのブログ~ 日本NO1ビジネスコーチング企業Formula Inc.のCEOによる就活生、社会人の為の気付きの宝庫。

当社Formula Inc.の能力カウンセリング用スマホアプリ、仕事のすすめ(英語名 JOBISTが各方面で取り上げられています。チェックしたらダウンロードを!

 

<アプリレビューサイト>

 ・App Library   http://app-library.com/archives/17885 

 ・meeti(ミートアイ)http://i.meet-i.com/?p=68903 

 ・Applion        http://applion.jp/iphone/app/711358147/ 

 

iTunes URL>

https://itunes.apple.com/jp/app/shi-shinosusume-dongku-rennotamenokaunseringu/id711358147?mt=8&ign-mpt=uo%3D4 

 

Google play URL>

https://play.google.com/store/apps/details... 

 

 

今日の一言。

 

「法律の上に立つ人間は、世界中何処にも存在しない」

 

昨年末のゴーン被告の不法出国ですが、腹立たしくないでしょうか?私は、大変馬鹿にされた気がしています。

 

結局、彼は日本という国、司法制度、それをつくってきた日本人を信頼していないかった。

 

諸外国と比べた時、日本の司法制度は被告人に不平等を与えているのかもしれません。ただ、それは外国で生活していれば誰だって直面する潜在的リスクであって、日本に限っての事ではない。だからこそ、海外で働く人はインセンティブを加味した高額な給料を受け取る訳です。不平等だと主張するなら、手にした給料からインセンティブ分を返還すべきです。どうせ、そんな事しないのでしょうが。

 

欲しかったものは、名声と巨額の富。その両方を脅かされ、気に入らないから躍起になっている。自分の名誉を挽回する為なら、法を犯しても何でもする。こんな身勝手な人間は、誰からもリスペクトされない。事実、彼が逮捕された後、司法取引に応じた日産自動車の対応を非難する声は役員から上がらなかった。

つまり、彼は組織内で孤立無援だった。

 

幾度となく公言してきたフレーズ、「日産を愛している」。この展開になってしまうと、全てリップサービスだったと思えてきてしまいます。そんな人が、長年日産を経営してきた。業績の浮き沈みを共有し、彼を信じ連れ添った世界中の従業員が気の毒でなりません。

 

今となっては、引き際を完全に間違えた経営者であり、本性を現した悪党にしか見えません。

 

From Facebook

 

2020年1月7日(火)

転職・キャリア ブログランキングへ