管理職の心得に悩んでいるのなら | Go further

Go further

~Online Business Coaching Masterのブログ~ 日本NO1ビジネスコーチング企業Formula Inc.のCEOによる就活生、社会人の為の気付きの宝庫。


テーマ:

当社Formula Inc.の能力カウンセリング用スマホアプリ、“仕事のすすめ(英語名 JOBIST)”が各方面で取り上げられています。チェックしたらダウンロードを!

 

<アプリレビューサイト>

 ・App Library    http://app-library.com/archives/17885 

 ・meeti(ミートアイ) http://i.meet-i.com/?p=68903 

 ・App Walker    http://app-walker.jp/iphone-2/59324.html 

 

iTunes URL>

https://itunes.apple.com/jp/app/shi-shinosusume-dongku-rennotamenokaunseringu/id711358147?mt=8&ign-mpt=uo%3D4 

 

Google play URL>

https://play.google.com/store/apps/details...

 

 

今日の一言。

 

 「エゴに染まる前に、プロである事に満足せよ」

 

会社が幾つもの組織の上に成り立っている以上、その数の分だけミッションが存在します。更にそのミッションは、部や課の数に細分化されていきます。各自が、そこで与えられるミッションを達成する為一斉に動いている訳です。その統制や遂行の為に、大小問わず組織の長には責任や権限が与えられています。クドクド書くまでもなく、社会人の皆さんはご存知の事。

 

そんな中、誰かが組織よりも自己顕示欲に拘ったとしましょう。気に入らない指示に距離を置いたり、勝手に判断したり、指揮を放棄したり、報告を怠ったり。つまりは、責任や権限を放棄するという事。こうなると、その組織は上手く機能しなくなります。もはや無法地帯で、成果を挙げる事など論外になるでしょう。

 

何故この様な事が起こるのか?それは、その責任や権限に対する理解が正しくないから

起こるのです。責任や権限は、役職に付帯したものではない。成果を挙げる為に組織を運営してよい、という執行権の委任に対して備わっていると考えるべきものである。

 

上述した不具合事例に一つでも該当すれば、貴方は組織の長から清く身を退くべきだ。未熟過ぎる。

 

組織の進展に拘ってこそのプロフェッショナル。

自分自身への固執は、幼稚で醜いエゴにすぎない。

 

from Facebook

 

2018年3月31日(土)

 
転職・キャリア ブログランキングへ

Neil YJさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス